Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 坂木司 > ひきこもり探偵 > 【青空の卵】 坂木司

【青空の卵】 坂木司

 14, 2011

◆◇◆比翼連理の鳥◆◇◆

ひきこもり探偵シリーズ1
短編集
東京創元社 2002.5
  創元推理文庫 2006.2

4488457010青空の卵 (創元推理文庫)
坂木 司
東京創元社 2006-02-23

by G-Tools

■あらすじ

僕、坂木司には一風変わった友人がいる。自称ひきこもりの鳥井真一だ。複雑な生い立ちから心を閉ざしがちな彼を外の世界に連れ出そうと、僕は日夜頑張っている。料理が趣味の鳥井の食卓で、僕は身近に起こった様々な謎を問いかける。鋭い観察眼を持つ鳥井は、どんな真実を描き出すのか。謎を解き、人と出会うことによってもたらされる二人の成長を描いた感動の著者デビュー作。

(創元推理文庫より)

■感想
 初めましての作家さん。
 本作は、坂木司氏のデビュー作で、コンピュータプログラマの鳥井真一と外資系保険会社に勤める坂木司が日常の謎を解き明かしていく連作短編集です。
 2人の役割はホームズとワトソンのそれなのですが、この作品が他とちょっと変わっているのは、鳥井真一がひきこもりだということです。
 一口にひきこもりと言っても、在宅で仕事をしているので、いわゆるニートではないし、
 坂木がなんとか外に連れ出そうとしているため、全く外出しないわけでもない。
 ただ2人の距離が非常に近いのですよね。
 坂木は14歳の時に、群れない獣のような印象を持つ鳥井に憧れ、友達になってほしいと申し出た。
 そして、現在の仕事も鳥井と過ごす時間を作るために、休みが多くて自由がきくという理由で選んでいます。
 坂木から鳥井へのベクトルはまるで恋人に対するものに近い。かといってBLのような怪しい雰囲気でもないのですが(^^;)
 鳥井のほうも坂木を世界でたった一人大切にすべき存在だと思っている。この共依存な関係がちょっと痛い。
 坂木自身も涙もろくて、困っている人を放っておけない優しい性格の持ち主なのに、
 自分は凡人だ、中身のない人間だと必要以上に卑下しているのも気にかかる。

 このシリーズは短編ごとに登場した人物が後の物語で何度も登場するようです。
 鳥井の世界が少しずつ広がっていくにつれ、坂木が「子離れ」出来るといいのですが。


【夏の終わりの三重奏】
坂木と鳥井は近所のスーパーで若い女性と出会う。初対面は最悪だったが、次に会った時は彼女は態度を軟化させていた。
その頃、一人暮らしの男性ばかりを狙ったストーカー事件が起きていた・・・。

これはまあ犯人はすぐ分かりますよね。ただひきこもりの鳥井が近所のスーパーのシフトを熟知していることが疑問(^^;)

【秋の足音】
坂木は駅で盲人の青年に手を貸す。ある日、青年から双子に後をつけられているといわれ、鳥井とともに調査をすることに。

ここに出てくる二人の青年の関係もまた微妙な感じで・・・。
このときはカレー料理に懲りまくっていた鳥井。でも、いくらカレーが好きでもこう毎食出てくるのは勘弁して欲しいな(^^;)

【冬の贈りもの】
歌舞伎役者・石川助六の元へ奇妙な贈りものが相次いで届いた。贈り主からの手紙の内容には悪意はないようなのだが・・・。

ここに出てくるご夫婦が素敵です。でも相手を思いやるばかりにすれ違ってしまうこともあるのですね。
それにしても鳥井の目上の人に対する言葉遣いがどうにも気になる。

【春の子供】
坂木は駅前に佇んでいた子供に声をかける。しかしその子は、自分の名前以外はまともに話すことができない。
子供が持っていたメモを頼りに保護者の元へ行ってみたが、あいにく留守にしていた。

ここでは鳥井と父親との間に劇的な変化が起こります。
普段はシニカルで理知的な鳥井が突然情緒不安定になるので、まだまだ坂木の庇護が必要なのかな
オチは割りと分かりやすかったですね。だってあのゲームを思い出したし・・・。

【初夏のひよこ】
このお話だけは他と比べて短め。【冬の贈りもの】の後日談になっています。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • 優しい気持ちになりたい方
  • 歌舞伎が好きな方
  • 格闘技が好きな方
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:坂木司 引きこもり探偵

COMMENT 2

Wed
2014.07.16
08:20

結衣

URL

優しい気持ちに……

『踊るジョーカー』の書評で、「坂木司のひきこもり探偵」の記述があり、
こちらの方が気になったので、読んじゃいました(*_*;
なるほど、共依存が痛い……ですね。
けれど読むと、確かに優しい気持ちになれる……。

江戸っ子の木村さんや、警官のデコボココンビや、
脇役たちがみな、いい味出してますね!(^^)!

Edit | Reply | 
Sat
2014.07.19
00:18

翠香

URL

結衣さんへ

あー・・・こっちに行っちゃいましたか~(^^;)
確かに『踊るジョーカー』よりはこちらの方が結衣さんの好みに合っているみたいですね。
私は共依存の関係がどうにも受け入れがたくて・・・。
とかいいつつ、読んだのが3年も前なので、内容をほとんど忘れてしまった(+_+)
脇役にどんなキャラがいたのか、う~ん思い出せない・・・。
坂木作品は『和菓子のアン』がお気に入りです(^^)

(体調を崩してしまい、お返事が遅れました。ごめんなさい)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?