Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 【トリック2超完全版】エピソード1「六つ墓村」

【トリック2超完全版】エピソード1「六つ墓村」

 17, 2011

自称天才奇術師・山田奈緒子と自称天才物理学者・上田次郎が、
さまざまな超常現象を解明していく様を描いたミステリー・ホラー「トリック」のシリーズ第2弾。
超完全版DVDを観てみましたので、ご紹介します。

B0000677O9トリック2/超完全版1 [DVD]
パイオニアLDC 2002-06-21

by G-Tools

 

■CAST
 <レギュラー>
  山田奈緒子        ・・・仲間由紀恵
  上田次郎         ・・・阿部寛
  矢部謙三         ・・・生瀬勝久
  山田里見         ・・・野際陽子

 <六つ墓村ゲスト>
  平山平蔵(番頭)     ・・・渡辺いっけい
  亀山善三(県会議員)  ・・・徳井優
  栗栖禎子(推理作家)  ・・・犬山犬子
  藤野景子(栗栖の助手)・・・堀つかさ
ほか

■あらすじ

毎年1月11日に人が死ぬという、六つ墓村という人里離れた村にある旅館の経営者が、超常現象の権威・上田を訪ねて来た。上田は奈緒子とともにその旅館に泊まりこむが、同宿していた女流推理作家が密室状態で死亡する。

■感想
 実は私、「トリック」はほとんど観たことがなかったのです。
 といいますか、一度スペシャルドラマを観て、駄洒落とギャグのオンパレードに
 「何じゃこりゃ!」と呆れ、二度と観るまいと思った訳で・・・(^^;)
 でも、ドラマもシリーズ化されているし、映画にもなっている。
 何か人気の秘密があるのでは?と、今回「トリック2」の超完全版DVDをレンタルで見つけたので、
 観てみたのですが──。

 駄洒落・ギャグ・駄洒落・駄洒落・ギャグ・駄洒落・・・。

 あ~やっぱりそうなのね(^^;)

 超完全版DVDは、テレビ放送ではやむを得ずカットした部分も加え、完全収録したものだそうです。
 DVDには「やむ落ちチェック」という機能(?)がありまして、
 このチェックをONにすると、カットされた部分に「やむ落」マークが付きます。
 一つのシーンでも、細かくカットされていることが分かりますね。
 映像編集の道を志したい方には参考になるかもしれませんね。
 まるまるカットされたギャグには悲哀を感じます(笑)

 このエピソード1で特に面白かったのは、言葉遣いが丁寧過ぎて、何にでも『御』を付けて話す番頭さん。
 県会議員に「美しい」と言われ、いい気になっていた奈緒子に、
 「あの方は、おせいじがお上手で・・・」なんて言ったりする。
 番頭さんは『御政治』と言っているつもりなのですが、『お世辞』と聞こえるのがなんとも笑える(^▽^)
 また、食事のメニューにまで『御』を付ける。

  御御御御付

 これ、何だか分かります?

 答えは おん・おみおつけ です(笑)
 おみおつけだけでも充分丁寧な言葉なのに、『御』多過ぎだろう!!w
 この番頭さんの言葉遣いが様々な誤解を招いていくのですよね。
 駄洒落やギャグをいたずらに撒き散らすだけでなく、上手くストーリーに組み込んでいるなと思いました。
 ただ、二つの言葉の取り違えには、早い段階で気付いてしまった(^^;)
 これって変換ミスでよくあるパターンですよね。

 超常現象のトリックはなかなか面白かったです。
 掛け軸の落ち武者の目に血の涙のトリック、なるほどね~と思いました。
 でも、今まで誰も掛け軸を裏返してみなかったのだろうか?(^^;)
 落ち武者の数が減るトリックは分かりました(^^)v
 しかし、上田が嬉々として「トリ~ック」とやっているのが何とも(^^;) そんなに面白いか?上田?

 そもそもシリーズ1を観ていなかったので、上田がどす来いの意味が分からなかった。
 どなたか教えて下さいな。

 これ、テレビ放送は2002年なのですよね。なんと9年前!
 携帯電話の液晶画面が小さくて時代を感じましたね。まだ写メールもはしりの時代でしたものね。
 現在やっているドラマでは、出演者はスマホ持っています。技術の進歩は凄まじいと妙なところで感心(笑)

 なお、DVDのスペシャルコンテンツには、奈緒子の部屋、上田の研究室の図解や、
 2人のファッションチェックなどもあります。
 これはテレビ放送では観られないので、お得感がありますね(^^)

 さて、今回このDVD、2枚セットでレンタルしたのです。つまりもう1枚ある・・・。
 また突っ込みを入れつつ、観るとしますか(笑)
 続編をここでまた紹介するかは、未定です。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:トリック2 仲間由紀恵 阿部寛

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?