毛髪再生

映画【ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ】

Category映画
 0  0

◆◇◆信じあう心◆◇◆

制作年 2009年
公開日 2010.3.6
時間 133 分

B003TZMV82ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ プレミアム・エディション(本編DVD付) [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2010-09-15

by G-Tools

■CAST
  神崎直      ・・・戸田恵梨香
  秋山深一     ・・・松田翔太
  谷村光男     ・・・渡辺いっけい
  エリー       ・・・吉瀬美智子
  福永ユウジ    ・・・鈴木浩介
  センドウ アラタ ・・・田辺誠一
  西田ジロウ    ・・・荒川良々
  サカマキ マイ  ・・・濱田マリ
  タケダ ユキナ  ・・・関めぐみ
  モモセ ノリカ  ・・・秋本祐希
  イガラシ マモル・・・松村雄基
  横谷ノリヒコ   ・・・鈴木一真
               ほか
■STAFF
 監督:松山博昭
 原作:甲斐谷忍「LIAR GAME」(集英社ヤングジャンプコミックス)

■STORY

巨額のマネーを賭けて騙し合う謎のゲーム“ライアーゲーム”に巻き込まれてしまった女子大生・神崎直は、天才詐欺師・秋山深一の力を借りて次々と難題をクリア、なんとか決勝戦までたどり着く。ふたりが挑むファイナルステージは、失われた楽園の名を冠する禁断のゲーム「エデンの園ゲーム」。優勝賞金は50億。プレイヤー全員が互いに信頼し合い、協力すれば、参加者11名全員がゲームに勝つことができるという。だが、決勝進出者の中には最強の刺客“プレイヤーX”が姿を潜めていた……。運命に選ばれし者だけが生き残る究極の頭脳戦が幕を開ける。果たして最後に勝利する者は誰か。そして、谷村光男やエリーが所属するLGT(ライアーゲーム・トーナメント)事務局の真の目的とは……?

■感想
 ドラマ『ライアーゲームseason2』では、セミファイナルまでの模様が描かれ、
 いよいよ映画でファイナルを迎え、完結という流れになっています。
 ドラマはずっと観ていたので、続きは気になっていたのですが、
 結局、映画館で観ることはなく、1年以上が経過してしまいました
 そして今回テレビ放映されましたので、ようやく観ることができました。
 (録画して2ヶ月近く放置していましたが
 さすがに1年以上経っていると、話をすっかり忘れていたのですが、
 自分のドラマレビューが役に立ちました(笑)

 セミファイナルの勝利チームには、ファイナルの出場枠が3枠あったのですが、
 天使天使のナオちゃんが葛城のために1枠をフイにしてしまい、秋山と福永に託したのでした。
 (ここまでがドラマ編)
 しかし、別会場で戦っていた横谷が辞退したので、ナオちゃんにファイナル出場権が廻ってきた。
 始めナオちゃんは断ったのですが、金歯の谷村に「このままでは秋山が負けてしまう」とかなんとか
 言いくるめられて、ファイナルへ乗り込んできたわけです。

 この映画は先に述べたように、ドラマの完結編になっています。
 なので、ドラマを観ていなくて、いきなり映画を観ても人物関係とか分からずついていけないかも。
 (原作マンガを読んでいれば話は別ですが)
 少なくともドラマのseason1は観ておいた方がいいです
 season2は余力があればで大丈夫でしょう。
 というのは、season2は主に秋山と葛城の確執が描かれていて、
 それはドラマの最終回で決着がついています。
 葛城は映画には出てこないので、season2を観ていなければすっ飛ばしてしまっても特に問題ないでしょう。

 さて、ファイナルステージのゲームは『エデンの園ゲーム』。
 プレイヤーは赤、シルバー、ゴールドのリンゴいずれかに投票し、
 もし全員が赤を選べば全員にプラス1億円が入ります。
 しかし、一人でも違う色を選べば、赤に投票した者はマイナス1億円、
 赤以外に投票した者はプラス1億円となります。
 もし赤に投票した者が一人もいない場合は、投票数が多い方がプラス1億円、
 少ない方がマイナス1億円となります。
 そして、赤に投票した者がたった一人だった場合は、ペナルティとしてマイナス10億円となり、
 プレイヤーの名前が公表されます。
 なお、同じプレイヤーが2回以上投票を行った場合、有効になるのは1回目の投票になります。
 それを13回繰り返し、最終的な獲得賞金が多かったプレイヤーが優勝、賞金は50億円となります。

 今までのゲームの中では割と分かりやすいルールですね。
 でも、改めてこれは映画向きじゃないなと思いました。
 映画館でルールが分からなくても、どんどん進んでしまいますから。巻き戻し出来ないと苦しい(^^;)

 ゲームのテーマは『信じあう心』だそうです。いかにもナオちゃんにぴったりのテーマですね(笑)
 もともとナオちゃんはプレイヤー同士で戦う意志はなく、敵はあくまでも事務局と考えているので、
 ここは当然みんなで協力して赤リンゴを揃えましょうと訴えます。
 でも、赤リンゴを投票して勝てるのは全員が赤に投票した場合のみ。きわめて勝率が低い。
 しかも赤に投票したのが一人だったらマイナス10億円のペナルティになる。
 私だったらこんなリスクを犯してまで赤リンゴを投票しないなぁ(^^;)
 それにたとえ全員が協力して一人13億円を獲得したとしても、これまでに獲得した賞金に差があります。
 一人だけ大富豪がいたのです。このプレイヤーの一人勝ちになることは目に見えている。
 ファイナルまで勝ち上がってきた百戦錬磨のプレイヤーたちがみすみす負ける勝負をするとは思えない。

 それにしてもナオちゃん、福永に何度騙されれば気が済むのでしょうね(^^;)
 コイツの裏切りは専売特許のようなものなのに・・・

  ナオちゃんって、本当、バカだよねーー!!

 ああ、このセリフいったい何回聞いたことか・・・もはやお約束?

 このままでは全員赤を揃えるどころか、失格になってしまう。
 困ったナオちゃんは、秋山に相談にいく。
 すると秋山はナオちゃんに顔を近づけ、唇に指で触れ──。
 ええっ!こんなところでラブシーンですかあ?
 秋山ファンにはドキドキしてしまうシーンですよね
 思えばこの二人はseason1からずっと一緒に戦ってきたのに、全く恋愛関係に発展しないですねぇ。

 さて、ファイナリストの中には、最強の刺客“プレイヤーX”が潜んでいるというのですが、
 これ、キャストを見ただけで誰がXか分かっちゃいました(^^;)
 大体他のプレイヤーの個性が強すぎるのですよね。
 まあXが分かってもゲーム自体は楽しめましたが。

 不満だったのは、横谷が全くゲームに絡んでこなかったこと。
 折角ファイナルまで勝ち上がってきたのに、何で辞退しちゃうんだよー!
 ナオちゃん、秋山と横谷の対決を楽しみにしていたのに・・・。
 しかも何だかいい人になっているじゃないですか~つまらん(笑)

 ラストも何だか拍子抜け。随分酔狂な人もいるもんだで終わってしまう。
 ストーリーはカイジの方がしっかりしているかな。
 ライアーゲームはゲームの進行・プレイヤー同士の駆け引きが面白いのでちょっと勿体ないですね。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • ドラマ編を観た方
  • 頭脳ゲームが好きな方

■参考

 ◆◇◆season2ドラマレビューはこちら◆◇◆

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

ライアーゲーム戸田恵梨香松田翔太

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment