Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 東野圭吾 > 【ブルータスの心臓】 東野圭吾

【ブルータスの心臓】 東野圭吾

 15, 2011

◆◇◆第四の男◆◇◆

東野圭吾(シリーズ外)
長編
カッパ・ノベルス 1989.10
  光文社文庫 1993.8
55TVドラマ化作品(フジテレビ系列 主演:藤原竜也)

433471739Xブルータスの心臓―完全犯罪殺人リレー (光文社文庫)
東野 圭吾
光文社 1993-08

by G-Tools

■あらすじ

産業機器メーカーで人工知能ロボットの開発を手がける末永拓也。将来を嘱望される彼は、オーナーの末娘・星子の婿養子候補になるが、恋人・康子の妊娠を知り、困惑する。そんな矢先、星子の腹違いの兄・直樹から、同僚の橋本とともに、共同で康子を殺害する計画を打ち明けられ・・・・・・。大阪→名古屋→東京を結ぶ完全犯罪殺人リレーがスタートした! 傑作長編推理!
(光文社文庫より)

■感想
 再びテーマ読み特集は、小休止。金曜日のドラマの予習として、読んでみました~。

 主人公の末永拓也は、恵まれない生い立ちだったため、人一倍上昇志向が強い人物。
 中堅のMM重工に就職し、人工知能ロボットの開発に携わり、数多くの成果を収めてきた。
 しかし彼は現状には満足していなかった。自分は支配者側の人間になる──これが拓也の野望だった。
 拓也は役員室の事務職をしている雨宮康子に目を付け、専務に関する情報を流してくれるように頼む。
 そして専務の次女・星子の婿候補に名乗りをあげる。
 しかし、康子から突然、妊娠の告白が。
 康子と関係を持つ男は複数いるらしく、誰が父親かは分からないが、
 もし拓也が父親だったら養育費を払えと言われ、困惑する。
 そんな矢先、星子の兄・直樹から同僚の橋本とともに康子殺害計画を持ちかけられる。
 その方法とは、3人で死体をリレーして、他の者はその間のアリバイを作っておくというものだった。

 康子を殺害する者をA、運搬する者をB、死体を処分する者をCとし、
 役割はトランプを1枚引き、出た数で決まることになります。
 もうすでに拓也=藤原竜也くんのイメージが出来上がっていたので、
 このシーンは同じく藤原くん主演の「カイジ」を彷彿とさせました(ザワザワザワザワ^^;)。
 しかし、そうそう計画通りにはいかないもの。
 この計画の破綻は予想出来たのですが、やっぱりかなり焦るだろうなぁ(^^;)
 計画が破綻したことにより、第四の人物が存在することが分かってきます。
 この第四の人物がいったい何者なのかが最後まで分からず、ハラハラドキドキでした。

 もうとにかく登場人物はほとんど悪い奴ばかりです(^^;)
 拓也は出世のためには手段を選ばないという人物ですし。
 康子のことを利用するだけ利用しておいて、いざ邪魔になったら殺してしまおうなんて、身勝手ですよね。
 一方、康子も子供を盾にとっているので、まあお互い様とは言えるけど(苦笑)。
 また星子はいかにもお金持ちのお嬢様で、わがままで高慢でめちゃくちゃ性格が悪い。
 いくら出世のためとはいえ、星子に家来のように扱われても、文句も言わない拓也にはちょっと同情しました(^^;)

 殺害方法も実に巧妙でしたね。青酸カリを用いた殺害が二つありましたが、
 こんな方法もあるのかと妙なところで感心してしまいました。

 拓也も直樹も康子も、不幸な生い立ちだったという点で共通しています。
 それゆえにのし上がろう、見返してやろうという気持ちは人一倍強い。
 確かに大きな原動力にはなると思いますが、それを他人を貶めてやろうという、負の感情を抱いてしまったが為に
 不幸な結果を招いてしまいました。ラストシーンはなんとも皮肉でしたね。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267
◆冷や汗度404404404404
◆満足度★★★★

■特におすすめ!

  • ハラハラドキドキのサスペンスが好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:東野圭吾

COMMENT 2

Sat
2011.06.18
08:57

mokko

URL

見ましたぁ~

楽しみたかったのでレビューは読まないでおきました(^◇^;)
話の筋は、原作通りといったところでしょうか
ドキドキしましたぁ~
青酸カリの使い方。
mokkoも感心しましたよぉ~
そして最後の皮肉なシーン
なんとも言えないですねぇ~
来週も楽しみです(*^▽^*)

Edit | Reply | 
Sat
2011.06.18
23:12

翠香

URL

mokkoさんへ

ほぼ原作通りでしたね。細かい部分でちょこちょこ違っていましたけど。
ドラマのレビューもアップしたので、詳しくはそちらを見てくださいな。
結構ドキドキだったでしょ?
青酸カリの使い方、凄いでしょ?絶対気付かないですよね(^^;)
でも万年筆の方はあの犯人の仕業には思えないですねぇ(芸が細か過ぎるw)

「回廊亭殺人事件」も原作→ドラマでいこうと思っています。
あ、テーマ読みもしてますよ。もうすぐ読み終わります(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?