Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > ドラマ【東野圭吾3週連続スペシャル「ブルータスの心臓」】

ドラマ【東野圭吾3週連続スペシャル「ブルータスの心臓」】

 18, 2011

東野圭吾3週連続スペシャル
第2週目は『ブルータスの心臓』です。

■放送日時
2011年6月17日(金) フジテレビ 21時~

■番組名
  東野圭吾3週連続スペシャル「ブルータスの心臓」

■原作
  東野圭吾「ブルータスの心臓」(光文社刊)

■CAST
  末永拓也    ・・・藤原竜也
  雨宮康子    ・・・内山理名
  中森弓絵    ・・・加藤あい
  橋本敦司    ・・・大倉孝二
  仁科星子    ・・・芦名星
  佐山総一    ・・・近藤芳正
  酒井悟郎    ・・・高橋努
  新堂刑事    ・・・音尾琢真
  高島勇二    ・・・忍成修吾
  仁科直樹    ・・・袴田吉彦
  宗方伸一    ・・・鶴見辰吾
  仁科敏樹    ・・・風間杜夫 

■あらすじ

産業機器メーカー「MM重工」のロボット開発を手がける末永拓也。「MM重工」には、社長である仁科敏樹の、長女の夫である宗方伸一や、敏樹の息子である直樹がいたが、野心家の拓也は社長の敏樹の娘、星子の婿候補に取り入り、次期社長候補の座を狙っていた。
MM重工の社長賞と発明考案奨励賞の祝賀パーティが開かれた。社長賞を受賞したのは拓也だ。ロボット業界に革命をもたらす画期的な発明が認められたのだ。拓也が開発したのは「BRUTUS(ブルータス)」というロボットのオペレーションシステムだ。祝賀パーティの帰り道、拓也は、敏樹から「星子に付き合ってやってくれ」と頼まれる。拓也は婿候補として認められたようだ。拓也は、ブルータスにつぶやく。「近い将来必ず支配者側に回ってやる。足りないのは権力だけ・・・。それももうすぐ手に入れる・・・」
そんなとき、敏樹の秘書で、拓也の元恋人である雨宮康子から妊娠を告げられ、養育費を払ってほしいと強請(ゆす)られた。康子が相手をしている男は拓也だけでなく、誰の子供かはわからない。しかし、この事実が発覚すれば、野望は頓挫すると拓也は困惑する。
ある日、拓也は、星子の兄であり上司でもある直樹から、話があると呼び出された。
直樹が呼び出したのは、拓也と同僚の橋本敦史だ。3人は、康子と関係を持ち、同じように強請られていた。そこで直樹は、共同で康子を殺害する計画を2人に打ち明けた。その計画とは、三人が大阪、名古屋、東京を死体をリレーさせてアリバイを作るというものだ。康子を殺害する者をA、運搬する者をB、康子の死体を処分する者をCとし、3人の役割は、直樹の提案でトランプで決めることになった。Aが殺害した後、残りの二人が裏切らないようにと、3人は「我々は雨宮康子を殺すために共謀した」という連判状を作り、Aがそれを保管することで合意、3人はトランプをひく。そして、直樹が康子を大阪で殺害して、死体を名古屋へ運搬、拓也は名古屋から厚木までをリレーし、橋本が厚木から東京まで運んだ後、死体を処分するという役割が決まった。
かくして、大阪→名古屋→東京を結ぶ完全犯罪殺人リレーがスタートした。
すべては順調に進むはずだった。しかし、予想外の事件でその計画は破綻をきたす・・・。
(番組HPあらすじより)

■感想
今回は原作で予習をしてからドラマに臨みました。
原作とドラマの違いを比較しながら、ドラマの感想を・・・。

内容は大筋では原作通りでしたね。細かい差異はちょこちょこありましたが。
仁科敏樹が専務から社長に変わっていたり(これはあらすじで既に気付いていました)
橋本は原作では拓也の後輩だったのだけど、先輩に変わってましたね(^^;)
しかも妻子持ちだし。
原作では橋本も星子の婿候補の一人だったのだけど。
しかし、橋本役の大倉さん、どうしても小松原さん(ドラマ「幸せになろうよ」の役名です)に見えてしまう(笑)
小松原さんは、女性と話すのが苦手な人だけど、妻子持ちで愛人まで・・・大したもんだ(笑)
でも気の弱そうなキャラは共通してましたね(^▽^)

袴田さんの直樹はイメージと合っているな~と思いました。
でも出番が少なくてちょっと残念。
忍成修吾さんもあの役ではちょっともったいない。
一番合わないと思ったのは、風間杜夫さんですね。
TBSでは浅見陽一郎役が定着してきたので、浅見ファンとしてはやはり違和感ありますねぇ。
人をゲームの駒のように扱う酷薄なタイプには見えないのですよね。
一方、鶴見辰吾さんの宗方は適役でした。

ドラマを観て、犯人が誰かを推理した方も多いと思いますが、
けっこう難しかったのではないでしょうか。
但し、原作では後半になって明らかになることが、ドラマでは最初からオープンになっていたので、
難易度は原作よりは低めです。

気になったのが、刑事たちが早々と拓也を容疑者としてマークしていたこと。
しかし、直樹と橋本を殺したとする動機付けが弱いです。
直樹は拓也と星子の交際に反対していたと言っていましたが、
そのセリフだけの話で、それらしい描写は一つもない。
橋本については、現状では強力なライバルだけど、
星子の婿候補は拓也の一人勝ちの状態で、社長の娘婿になれば、拓也の地位は安泰です。
わざわざ危ない橋を渡って橋本を殺す理由はないでしょう。
橋本を妻子持ちの設定に変えてしまって失敗しましたね(^^;)

それから、拓也が直樹の本棚からトランプマジックの本を見つけ、
トランプのくじ引きを不審に思うシーンがありましたが、
本が一冊出てきたぐらいで、トランプマジックが得意と考えるのは短絡過ぎる。
原作では、何冊も出てくるのですよ。

拓也があわや屋上から転落のシーンは驚きましたね。
原作にはないシーンだったので。
ドラマなので、サスペンス要素を増やしたのでしょう。
主役がここで死ぬわけはないと分かっていてもドキドキしてしまいました

あと、刑事がいきなり豊橋のタクシー会社に聞き込みに行ったのは、かなり飛躍していますね。
豊橋に乗り捨てたバンを発見せずに何故豊橋へ?
このバンが重要アイテムなのに~。
ここは警察が真相に肉薄する場面なので、省略しないで欲しかったなぁ。
折角原作通りに青い毛布だったのに

余談ですが、あのロボット「ブルータス」は、このドラマの為に発注した本物のロボットらしいです。
ン百万とかするらしい(^^;)
そういえば、前作の「11文字の殺人」でも高性能なカメラを使って撮影したとか。
このスペシャルドラマ、お金掛かってますね~。

さて、来週はいよいよ最終話。「回廊亭殺人事件」です。
常盤貴子さんが久々に主演を務めるとあって楽しみですね(^^)

■参考

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:東野圭吾 藤原竜也 ミステリー

COMMENT 4

Sun
2011.06.19
11:07

mokko

URL

No title

オオーw(*゚o゚*)w
配役の違いもあったんですねぇ~
TBSの浅見シリーズを見てないので(別の局の方を見てます)
風間杜夫さんの社長のイメージとしては悪くないと思ってました。
そっかぁ~浅見シリーズではお兄さん役なんですねぇ

それからドラマだけ見ていてもやはり違和感がありました。
直樹は拓也と星子の交際に反対していたと言われて
そんなに反対してたか?と思ったし
やはりトランプマジックの本を1冊見ただけで
不信に思うか?ってのも同じでした。

でもドラマの展開としてはスリリングで面白かったです。

あのロボットは本物だったのねぇ~(゚O゚;
お金掛かってますねぇ~(^◇^;)

Edit | Reply | 
Sun
2011.06.19
11:35

じゅりまの

URL

No title

私も東野圭吾さんの作品が好きで結構読んでいるつもりだったけれど
以外と初期の方の作品は手を付けてなくて

今回のこの3週連続のはどれも未読
とりあえず先にテレビでみて(いつもはそうしないんだけど
翌日のドラマも未読だったから)読もうと思いました

私も色々??なところもありましたよ

刑事が早く拓也を容疑者視していたところや
タクシーまでつきとめたのにその後行動しない点。

トランプの本など

でも原作ではもっと深いのですね是非読んでみたいです

Edit | Reply | 
Sun
2011.06.19
23:48

翠香

URL

mokkoさんへ

風間杜夫さん、社長役としては悪くなかったですよ。
でも仁科敏樹って、一番悪い奴だったでしょ?そんな悪人面ではないな~と。

ドラマの浅見シリーズは確かにフジの方が上かなという気がしますが、
沢村一樹さんの光彦が好きなのですよ。
母親役は断然野際さんなんだけど。
おっと、この話をすると止まらなくなりそうなので、この辺にしておこう(笑)

原作では直樹が拓也を呼びつけて、皆の前で星子との交際を苦言するシーンがあります。
康子殺害を疑われないためのパフォーマンスなんですけど。
しかし直樹が殺されたことで、拓也が疑われるのですよね。

トランプマジックの本も一冊ぐらいなら普通の人でも持っていても不思議じゃないですよね。
何冊も出てくるから、ひょっとしてあれもマジックだった?となるわけで(^^;)

でもドラマの出来としては、前作よりは良かったですよね。
原作読んでいてもハラハラドキドキと楽しめました(^^)

Edit | Reply | 
Mon
2011.06.20
00:02

翠香

URL

じゅりまのさんへ

じゅりまのさん、はじめまして。コメントありがとうございます(^^)

私も東野作品は、加賀恭一郎やガリレオなどシリーズ物を中心に読んできたので、
ノンシリーズはあまり読んでないのですよね。
東野作品は映像化の勢いがもの凄いので、いつも原作とドラマとどちらを先にするか迷います(^^;)

2時間ドラマだと時間的に制約があるので、どうしても省略されてしまう部分があって、
唐突な印象を受けることが多いのですよね。
(分かっているくせに文句をいう私^^;)

原作を読むとかなり疑問点も解消されると思いますよ。
警察も結構頑張ってました(笑)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?