Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 東野圭吾 > 【回廊亭殺人事件】 東野圭吾

【回廊亭殺人事件】 東野圭吾

 23, 2011

◆◇◆愛のために◆◇◆

東野圭吾(シリーズ外)
長編
カッパ・ノベルス 1991.7
  光文社文庫 1994.11
55TVドラマ化作品(フジテレビ系列 主演:常盤貴子)

4334719686回廊亭殺人事件 (光文社文庫)
東野 圭吾
光文社 1994-11

by G-Tools

■あらすじ

一代で財を成した一ヶ原高顕が死んだ。妻子を持たない高顕の莫大な財産の相続にあたり、彼の遺言状が一族の前で公開されることになった。公開場所は旅館“回廊亭”。一族の他には、菊代という老婆が招待されていた。だが、菊代の真の目的は、半年前に回廊亭で起きた心中事件の真相を探ることだった・・・・・・。その夜、第一の殺人が!? 斬新な趣向を凝らした傑作長編推理。

(光文社文庫より)

■感想
 再びテーマ読み特集は、小休止。またまた金曜日のドラマの予習です。

 本作は、光文社文庫から出ているのですが、このレーベル、2年前にカバーをリニューアルしたのです。
 現在のカバーは上の写真の通りですが、私の持っている本は古本で、リニューアル前のデザインでした。
 この作品に関しては古いデザインの方がいいですね。何しろダイイング・メッセージがデザインされていますから。
 読む前からこれは何だろう?と気になっていました。

 桐生枝梨子は半年前、回廊亭で起きた火事に巻き込まれたが、奇跡的に一命を取り留めた。
 彼女の首には絞められた痕があり、発見時、彼女の傍らには恋人・里中二郎が毒を飲んで死亡していたことから、
 無理心中による放火と見られていた。しかし、枝梨子はこれが無理心中を装った殺人事件であることを知っていた。
 里中二郎は殺されたのだ。枝梨子は70歳の老婆・本間菊代に変装して再び回廊亭にやって来た。
 回廊亭には、一ヶ原高顕の遺言状公開のため、一族が集まることになっていた。
 関係者の中に犯人がいる──枝梨子は復讐を心に誓っていた。

 枝梨子は何とも壮絶な人生を歩んできていますね。
 殺された恋人のため、老婆に変装してまで復讐を遂げようとする。このエネルギーが凄まじい
 老婆になりきるのにも涙ぐましい努力をしているのですよね。何もここまで・・・と思ってしまいます。
 しかし、長時間多くの人を欺き続けるには限界があります。
 枝梨子は正体がバレる前に復讐を遂げることが出来るのか、ハラハラドキドキの連続でした

 また、途中に予期せぬ殺人事件が起き、被害者がダイイング・メッセージを遺しています。
 枝梨子はこの殺人事件の犯人が、心中偽装事件の犯人と同一人物であると確信し、
 ダイイング・メッセージの解読に挑みます。これは読者も一緒に挑戦できますね(^^)

 しかし、この作品の肝は実は別のところにあるのです。最後にあっと驚く真実が待っています!
 いや~参りました。そういうことだったのね。要するに始めから言葉巧みに東野圭吾に騙されていたって訳です。
 確かに途中、ちょっと引っ掛かる記述はあったのですよね。伏線がさりげなさ過ぎて気付かなかった(^^;)
 ドラマではトリックの一部が使えない(なんて言ったらヒントになっちゃうかな)ので、
 驚き度は少し下がるかもしれないですが、きっと衝撃を受けると思います。
 でも真相が分かってみて、改めて枝梨子の人生は悲し過ぎると思いました

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267267
◆冷や汗度404404404404
◆満足度★★★★

■特におすすめ!

  • 館ものが好きな方
  • ダイイング・メッセージものが好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:東野圭吾

COMMENT 2

Fri
2011.06.24
13:19

あかね

URL

わ~☆

ドラマ、いよいよですねi-189
私は録画して、まだ「11文字の殺人」しか観てないのですが~・・・
「ブルータス」も「回廊邸」も、昔読んだことがあるのに、ほぼ内容を忘れていたからi-240
翠香さんのレビューを読んで概要を思い出しておりましたi-1

って・・・そ、言えばおばあさんに変装して・・・っていう物語でしたもんねi-184
でもドラマでは・・・普通に常盤さんが???っていう予告しか見て無いけどi-237
どんな演出かなi-198と気になってきました。

やっぱり「ブルータス」も「回廊邸」も、再読したくなるなあ~i-101

Edit | Reply | 
Sun
2011.06.26
23:13

翠香

URL

あかねさんへ

ドラマでは菊代の娘の顔に整形という設定に変わっていましたね。
常盤さんは、久々のドラマ出演でしたが、ミステリも結構似合いますね。
これからも色々な作品に出演して欲しいです(^^)

私は今回のドラマの原作は3作とも未読だったのです。
「11文字の殺人」だけは手元になくて、買って読もうにも1作目だったので、
間に合わなくて、これだけはドラマを先に観てしまいました。
「ブルータス」と「回廊亭」はわりと原作に沿っていて良かったと思います。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?