Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 森博嗣 > 瀬在丸紅子(Vシリーズ) > 【朽ちる散る落ちる-Rot off and Drop away】 森博嗣

【朽ちる散る落ちる-Rot off and Drop away】 森博嗣

 28, 2011

◆◇◆密室マトリョーシカ◆◇◆

瀬在丸紅子Vシリーズ)9
長編
講談社ノベルス 2002.5
  講談社文庫 2005.7


■あらすじ

井超音波研究所の地下に隠された謎の施設。絶対に出入り不可能な地下密室で奇妙な状態の死体が発見された。一方、数学者・小田原の示唆により紅子は周防教授に会う。彼は、地球に帰還した有人衛星の乗組員全員が殺されていたと語った。空前の地下密室と前代未聞の宇宙密室の秘密を暴くVシリーズ第9作。
(講談社文庫より)

■ヒロイン
 瀬在丸紅子(29歳・自称科学者)

■感想
 Vシリーズ第9弾。
 7作目で舞台となった土井超音波研究所が再び舞台となります。

 土井超音波研究所の事件から1週間。
 警察が地下の部屋のドアをこじ開け、捜査することになり、紅子と阿漕荘の3人が立ち会うことに。
 ドアを開けると、通路があり、その先にまた部屋があった。ここのドアも内側から施錠されていたという。
 この部屋の中央にはハッチがあり、さらに地下に部屋が。
 そこには瓦礫の上に全身骨折した死体が投げ出されるように置かれていた。
 一方、紅子は小田原博士の紹介で周防教授に会い、人工衛星の乗組員が全員殺害された事件を聞かされる。
 その後、周防教授の部屋に賊が入り、教授が襲われてしまう。

 ここでは大きく分けて地下密室宇宙密室という二つの密室の謎があります。
 地下密室の方は密室の中に密室、その中にまた密室というようにまさに密室マトリョーシカ状態(笑)
 その何重もの密室の中に謎の死体。ここまで来ると遠隔操作で外側から鍵を掛けた等の小細工は通用しません。
 被害者が自ら鍵を掛けて自殺した─というのが密室ものとして一番納得のいく結論なのですが、
 自殺したにしては死体の状況が不自然過ぎる。殺人なら犯人はどうやって脱出したのか?
 この矛盾をどう解くかがポイントですね。しかしまあなんとも大掛かりな方法を使ったものです(^^;)

 宇宙密室の方は、以前【魔剣天翔】で空中に密室を作ってしまった森氏、
 今度はついに宇宙空間に密室を作ってしまいました。
 スケールの大きさに度肝を抜かれましたが、真相はなんだか肩透かしを喰らってしまった(^^;)

 相変わらずれんちゃん、しこちゃんのやりとりは軽妙で楽しい(^^)
 でも今回、練無の悲しい思い出が語られることになります。
 詳しい内容は【地球儀のスライス】の中の短編【気さくなお人形、19歳】に書かれていますので、
 本作を読む前に一読しておくとより理解が深まると思います。
 また、れんちゃんにとって警察の駐車場にも悲しい思い出があったのですよね。
 普段元気で明るいイメージだけど、意外と辛い経験しているのですよね、れんちゃんって。

 紅子の息子・へっ君の名前は未だに明かされないのですが、イニシャルがS.S.だということが分かりました。
 情報を小出しにして焦らしますね(^^;) 
 紅子は放任主義でいまひとつ息子に対しての愛情が感じられなかったのですが、
 今回は母親らしい一面を見せています。
 でも林に会えるとなるとそわそわしてめかし込んだりする心理が分からないなぁ。
 『ミスター・ハードボイルド』保呂草はご難続きで今回は比較的おとなしめです(笑)
 それにしてもしこちゃん、ピッチャーで4番とはすごいですね~。
 ストレートしか投げられないというのは、いかにも一途なしこちゃんらしい(笑)
 紅子さんの野球オンチも相当ひどかったですね(^^;)

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:森博嗣 Vシリーズ 瀬在丸紅子

COMMENT 2

Sun
2011.07.31
20:53

mokko

URL

Vシリーズ

1作目を読んだ時点で止まってました( ̄▽ ̄;)ゞ
2作目は持ってるんですけどね(^◇^;)

瀬在丸紅子がお気に入りだということは覚えてるんですが
2作目を読んだ時に、1作目を覚えているかが疑問です(^◇^;)
早く読まないと、積んだままで終わりそうです
困ったわぁ~(;^_^A

Edit | Reply | 
Sun
2011.07.31
22:34

翠香

URL

mokkoさんへ

Vシリーズの1作目はある意味ちょっと特殊なので、覚えていなくても大丈夫かも。
私は紅子さんはどうも好きになれないのですよね(^^;)
自分から別れを切り出したのに、林に会えるときの少女のような反応は何なの?って感じで(苦笑)
まあ一番悪いのはどっちつかずの林なんだけど。
れんちゃん、しこちゃんのやりとりが掛け合い漫才みたいで毎回楽しめますよ♪
【どきどきフェノメノン】が楽しめたのなら、多分大丈夫(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?