Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ミステリー副読本 > 【鏡の国のアリス】 ルイス・キャロル

【鏡の国のアリス】 ルイス・キャロル

 18, 2011

◆◇◆アリス、女王になる◆◇◆

童話
新潮文庫 1994.10


■あらすじ

煖炉の上の鏡をくぐりぬけ、アリスはまた奇妙な冒険に飛びこんだ。おしゃべりをする花たち、編物をするヒツジ、ハンプティ・ダンプティ、ユニコーン、赤の女王etc.鏡の国をさまよっていると、つぎつぎに不思議な住人たちがあらわれて、気がつくとアリス自身も女王さまに──。チェスのゲームを物語に織りこんだ夢とユーモアあふれるファンタジーを金子国義のオリジナル挿画で贈る。
(新潮文庫より)

■感想

 『不思議の国のアリス』第2弾。
 アリスのお話は、ミステリーのモチーフとなることも多く、
 昨年は映画化もされ、多くの人に親しまれている物語ですよね。
 私も昨年、映画化を機に【不思議の国のアリス】を読んでみたのですが、
 どうやら『不思議の国』と『鏡の国』をひっくるめて『不思議の国のアリス』と呼ぶ場合が多いようです。
 映画でも鏡の国の住人が多数登場しているらしいと分かり、
 これは『鏡の国』も読まねば!と思いつつ、なかなか読む機会がありませんでした。
 映画【アリス・イン・ワンダーランド】もようやくDVDを借りられたので、近々レビューしたいと思います(^^)
 
 『不思議の国』では、白ウサギを追いかけて兎穴に落ちてしまったアリスですが、
 今度は、鏡の中の世界へ入ってしまいます。
 鏡の中の世界では、本の文字が裏返しになっていたり、
 丘をめざして歩いていたはずが、いつのまにか元に戻ってしまったりします。
 なるほど鏡の世界ですよね。
 鏡を見ながら手を動かした時、反対に動かしてしまったという経験は誰しもありますよね。

 またこの物語全体がチェスがモチーフになっています。
 地面を小川で真四角に区切ったチェス盤の上をアリス自身が駒となって進んでいきます。
 行く先々で出会う鏡の国の住人も実はチェスの駒なのです。
 アリスや鏡の国の住人の動きはチェスのルールに則っているそうで、
 この本にもチェス盤の配置図と対局の様子が説明されています。
 実際にチェス盤を使って駒を動かしてみるのも楽しいかも。
 私はチェスは全く分からないので、残念ながら試してみることが出来ませんでしたorz
 もちろん物語自体はチェスが分からなくても充分楽しめます。

 鏡の国の住人でインパクト大なのは、なんといっても
 双子のトウィードルダムとトウィードルディー、そしてハンプティ・ダンプティでしょう。
 私が読んだ新潮文庫では、双子はソックリダムとソックリディーとなってました(笑)
 そりゃあ双子だからソックリなんだろうけど、名前にソックリが入っているってどうよ?(^^;)
 一方、ハンプティ・ダンプティはもうすっかりおなじみですね。
 彼は英語の辞書にも載っている(しかも絵入りで!)ほどの有名人(?)なのですが、
 ハンプティ・ダンプティってずんぐりむっくりの人って意味らしいです(笑)
 しかし、この本の挿絵のハンプティは頭は卵型なのだけど、
 手足は妙に細長いのでかえって不気味です(^^;)
 マザー・グースの歌の通りにちゃんと塀の上に乗ってましたよ!

 このお話は誰かの夢の世界なので、花がしゃべったり、白の女王が突然羊になったりと
 荒唐無稽なお話の連続です。
 相変わらず教訓があるわけでも、感動があるわけでもなく、
 最後にアリスが目覚めてもとの世界に帰ってきておしまい。
 言葉遊びの要素も多いので、あまり小さな子には理解できないかもしれませんね。
 小学校高学年以上の方、いつまでも子供心を忘れずにいたい大人の方におススメ。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:ルイス・キャロル アリス

COMMENT 2

Sun
2011.08.21
08:09

mokko

URL

アリス♪

考えてみたら、活字でアリスを読んだことがないかも?
内容は漠然と知ってはいるんだけど、情報のほとんどが
映画だったりします。
アリスって結構映画化されてますよね?
モノクロ映画のアリスもテレビでだけど見たことがあります。

一番印象に残ってるのって、やはりマッドハッターと
ハンプティダンプティでした(^◇^;)
ちなみに、ポアロを初めてドラマで見たとき
ハンプティダンプティみたいだなぁ~と思ってました(;^_^A

Edit | Reply | 
Mon
2011.08.22
00:16

翠香

URL

mokkoさんへ

私も内容は漠然と知っているものの、作品を読むのは初めてでした。
でもこの『鏡の国のアリス』はほとんど内容を知らなかったけど。
映像化は過去に30本以上あるそうですよ。

マッド・ハッターは『鏡の国』には直接出てこないのですよ。
ハンプティ・ダンプティはインパクトありますよね~。
中1の英語の教科書にアリスが題材になった章があったのですが、
アリスはハンプティに「Are you an Egg?」なんて聞いている(^^;)
当時は「あなたは卵なの?」なんて聞くか!と思ったけど、
このヘンテコな世界ならありえなくもない(笑)
ポアロ!確かに!!(^▽^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?