Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 東野圭吾 > 【夜明けの街で】 東野圭吾

【夜明けの街で】 東野圭吾

 04, 2011

◆◇◆赤い糸?そんなものはない◆◇◆

東野圭吾(シリーズ外)
長編
角川書店 2007.6
  角川文庫 2010.7


■あらすじ

不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。ところが僕はその台詞を自分に対して発しなければならなくなる──。建設会社に勤める渡部は、派遣社員の仲西秋葉と不倫の恋に墜ちた。2人の仲は急速に深まり、渡部は彼女が抱える複雑な事情を知ることになる。15年前、父親の愛人が殺される事件が起こり、秋葉はその容疑者とされているのだ。彼女は真犯人なのか? 渡部の心は揺れ動く。まもなく事件は時効を迎えようとしていた・・・・・・。

(角川文庫より)

■感想
 今週末の映画公開に合わせて読んでみました。東野作品、またもや映像化ですよ。勢いは止まりませんね。
 この作品、昨年文庫化されたとき、書店に大量に平積みされていたので、手にとってあらすじを見たのですが、
 何だ不倫の話かと、あまり興味を引かなかったのですよね(^^;)

 で、読んでみるとやっぱり不倫の話。
 妻子持ちで、一部上場の建設会社の主任を務める渡部は、
 派遣で同じ部署にやってきた秋葉と恋に落ち、次第にのめり込んでいきます。
 渡部は今までは「不倫する奴なんて馬鹿だ」と思っていたぐらい真面目な男だったわけなんですが、
 まあえてしてこういう真面目な男ほど、のめり込むと歯止めが利かなくなるのですよね(^^;)
 適当に遊びを知っていれば、上手く立ち回れるのかもしれないけれど、
 ついには奥さんと別れようと思いつめてしまう。
 実に男の心の葛藤が赤裸々に描かれています。男性諸氏には共感する部分が多々あるでしょうね。
 女としては色々参考になります(笑)でも現在ラブラブ中の方は読まないほうがいいかもしれませんね。

 さて、本作は単なる不倫話ではありません。
 実は15年前、秋葉の家で父親の愛人が殺されるという事件が起きていて、
 刑事と被害者遺族は秋葉が犯人であると疑っていることが分かります。
 状況的には秋葉しか犯人がいないように思え、渡部は悩みます。
 しかも秋葉からは、時効を迎えたら全て話すという意味深な言葉も・・・。
 時効を迎えて罪に問われることがなくなっても、その罪自体が消えるわけではない。
 今ある生活を捨て、殺人を犯したかもしれない女性と一緒になることができるのか?
 実は結構重いテーマでなかなか考えさせられましたが、ミステリとしては不作でしたね。
 トリックが予想できてしまったのですよ。やはり意外な真相とか驚きを期待してしまう分、物足りなさがありました。
 初期の東野作品はトリックが凝っていてミステリとしては面白かったのだけどなぁ。
 徐々に作風が変わって人間ドラマを重視する傾向になっていますね。
 人間の内面のドロドロ感の表現は相変わらずなんですけど(^^;)
 ラストに女は怖いという感想を持たれた方も多いでしょうね。
 まあ確かに女の私から見てもあれはちょっと怖い。でも納得できる結末でした。

 ちなみに表紙の写真は横浜の夜景ですね。
 ライトアップした氷川丸に青白く光る山下公園の街灯が幻想的な雰囲気です。
 このアングルだとホテルニューグランドから撮ったのかもしれないですね。
 渡部と秋葉が横浜のクラシックホテルに泊まるシーンがありますが、おそらくホテルニューグランドのことでしょう。
 2人もこの景色を見て、うたかたの夢に浸ったのでしょうか。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404
◆満足度★★

■特におすすめ!

  • サスペンスが好きな方
  • 横浜が好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:東野圭吾

COMMENT 2

Wed
2011.10.05
22:14

mokko

URL

さすが!

映画公開される前に読んじゃったのですねぇ
東野作品は、まだ未読(^◇^;)
手元に1冊あるんだけど、積んだままです(;^_^A

映画予告観て、不倫の話かぁ~とmokkoも思ったんですが
結構重い話になってるんですね・・・
しかし!カバー絵の解説までしてもらえるとわぁ~
そうかぁ~
横浜の夜景だったのかぁ~
得した気分ですо(ж>▽<)y ☆

Edit | Reply | 
Wed
2011.10.05
23:31

翠香

URL

mokkoさんへ

東野作品の映像化の勢いは凄いので、先に映像の方を観てしまう場合もあるのですが、
これはなんとか先に原作を読みました。
でも映画を観るかはかなり微妙(^^;)
もう結末知ってしまったからいいか。って感じです(笑)

mokkoさんの積読している東野作品って何だろう?
私はたくさん積んでますよ(^^;)
『流星の絆』を読みたいのだけど、結構分厚い本なのよね。
ガリレオシリーズの続編、早く文庫化されないかなぁ。
もちろん湯川は福山氏をイメージして読みますv-344

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?