Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 神永学 > 【コンダクター】 神永学

【コンダクター】 神永学

 25, 2011

◆◇◆恐怖の舞台劇、操るのは誰?◆◇◆

神永学(シリーズ外)
長編
角川書店 2008.9
  角川文庫 2010.6


■あらすじ

フルート奏者の朽木奈緒美は、これから始まる音大時代の仲間との新しい仕事に心を躍らせていた。そんな中、とある場所で謎の変死体が発見されてから、彼女の周辺で奇妙なことが起こり始める。毎夜の悪夢、首なしの白骨、壊れ始める友情、そして怪事件を狂信的に追う刑事・・・・・・音楽を奏でる若者たちの日常が、一見つながりのない出来事により崩壊の道へ。これは、単なる偶然か!? 今、陰謀に操られる、恐怖の舞台劇が幕を開ける!
(角川文庫より)

■感想
 テーマ読み特集【音楽とミステリ】第1弾は、コンダクターです。
 これからこのテーマ読みで様々な音楽が奏でられることになりますが、
 まずは指揮者が登場して、タクトを振るうところから始めたかったので、第1弾はこの作品に決めていました。
 内容もミュージカルのオーケストラが舞台になっていて、このテーマにピッタリでした(^^)

 この物語は登場人物の視点が順々に入れ替わりながら進んでいきます。
 フルート奏者の奈緒美は、毎夜同じ悪夢にうなされていて、カウンセリングを受けていた。
 ドイツに留学していた結城は、ある事情で日本に帰国した。
 そこへミュージカルのオーケストラの指揮の依頼が舞い込み、引き受けることに。
 ピアノ奏者の玉木は、結城のかつての恋人・秋穂と婚約した。
 しかし、結城との間に秋穂をめぐる密約が交わされていたらしい。
 奈緒美・結城・玉木・秋穂は同じ音大の同期なのですが、
 今度のミュージカルのオーケストラのメンバーに選ばれ、顔を合わせることとなります。

 とにかく視点がコロコロ変わるので、誰が主人公か分からず、始めのうちは戸惑いました。
 何となく奈緒美のように思えるのですが、タイトルからすると結城のような気もするし・・・。
 実はこのタイトルもクセモノなんですよね
 そして、奈緒美のマンションの向かいにあるアパートで首なし白骨死体が発見され、4人の間に不協和音が・・・。
 この死体はいったい誰なのかという謎に加えて、この事件を担当する中年刑事の石倉、ミュージカルの演出を担当する柏井、結城に指揮の依頼をした相葉、玉木に結城に関するネタを提供する雑誌記者の野島など、結城たちの周りに怪しげな人々が現れるようになります。
 また、奈緒美には記憶の奥底に封じ込めた過去があり、その封印を解くことによって、
 5年前、彼らの間に何が起こったのかが分かってきます。

 クライマックスはまさに怒涛の展開でした!
 絶対何かあるなという人物は予想通りだったのですが、意外な人物もいて驚きました
 まさに現代の○○○○○ですね~
 (○○○○○が何を示すのかは興が削がれるのでナイショ。読んでみればあれか!と分かるはず)
 後味はあまり良くありませんが、私は結構好きな作品ですね。

 もちろん本作はフィクションですが(実話だったら恐ろしい!)、
 神永さんはある楽団員の方の体験談を元にして本作を書かれたそうです。
 この物語には始まりと続きがあるようで、そのうちエピソード0がお目見えするかもしれませんね

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404404404
◆満足度

■特におすすめ!

  • ダークな作品が好きな方
  • 管弦楽に興味がある方
  • どっぷりはまる読書がしたい方

◆テーマ読み特集◆
音楽とミステリバナー

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:神永学 コンダクター

COMMENT 2

Thu
2011.10.27
23:05

mokko

URL

さすが!

ちゃんと考えて読む順番決めてるなんてすごいわぁ~
mokkoなんてメッチャクチャ
なんせ最初から修復ですから( ̄▽ ̄;)ゞ

神永作品は心霊探偵八雲しか読んでないんですよぉ~
あれは軽い作品だったのでサクっと読めたけど
1冊だけ読んで続きはアニメで済ませちゃいました(^◇^;)
この人はダークな作品書く人なんですかね?
面白そうです(o^o^o)

Edit | Reply | 
Fri
2011.10.28
23:24

翠香

URL

mokkoさんへ

いや~なんか変なところでこだわっちゃうんですよね~(^^;)
実は、いきものがたりでも始めは身近な動物で、後にいくほど特定の場所でないと見られないいきもの
という順になってました(笑)

しかし、今回のテーマ読みは、当初の予定の半分ぐらい選定本が入れ替わってるのですよ(汗)

私も神永作品は八雲の1作目しか読んでいませんでした(^^;)
でも八雲はあんまり好みじゃなくて・・・。
本作もあまり期待していなかったのだけど、意外に面白かったです。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?