Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > あ行の作家 > 【真夜中のマーチ】 奥田英朗

【真夜中のマーチ】 奥田英朗

 06, 2011

◆◇◆10億円強奪大作戦!!◆◇◆

奥田英朗(シリーズ外)
長編
集英社 2003.10
  集英社文庫 2006.11


■あらすじ

自称青年実業家のヨコケンこと横山健司は、仕込んだパーティーで三田総一郎と出会う。財閥の御曹司かと思いきや、単なる商社のダメ社員だったミタゾウとヨコケンは、わけありの現金強奪をもくろむが、謎の美女クロチェに邪魔されてしまう。それぞれの思惑を抱えて手を組んだ3人は、美術詐欺のアガリ、10億円をターゲットに完全犯罪を目指す!が・・・・・・!? 直木賞作家が放つ、痛快クライム・ノベルの傑作。
(集英社文庫より)

■感想
 テーマ読み特集【音楽とミステリ】第3弾は、【真夜中のマーチ】です。

 奥田英朗作品は、本作が初めてです。映画等では何作か観ているのですけどね。
 実は本作も映画(DVD)を先に観てしまった。だから内容が音楽とは全く関係ないことを知っていました(^^;)
 ミステリというより、ハードボイルド?というかスラップスティック(ドタバタ劇)かな?

 大学生の時にプロデュース会社を立ち上げたヨコケンこと横山健司は、
 企画したパーティに三田物産の三田総一郎が参加していることを知る。
 すっかり財閥の御曹司と思い込み、美人局を仕込むも、ただのダメ社員だったことが判明する。
 脅し役をヤクザのフルテツに頼んでしまったため、オトシマエのカタに愛車のポルシェを取られてしまう。
 フルテツに青山のマンションの一室を借りるよう命令されたヨコケンは、三田ことミタゾウに契約させる。
 その部屋で賭場が開かれていることを知り、ヨコケンとミタゾウはこっそり売上金を頂こうとするが、
 謎の美女が現れ、横取りされてしまう。
 のちに彼女(クロチェ)の真の目的を知り、ヨコケン、ミタゾウ、クロチェの3人が手を組み、
 10億円を奪い取る作戦を開始するが──。

 先に映画を観たため、ミタゾウ、クロチェは窪塚俊介さん、香椎由宇さんでイメージが固まっていました。
 でもヨコケンは玉山鉄二さんとはイメージ違いましたね。もっとチャラいのですよ。ヨコケン。
 あと、クロチェには弟がいるのですが、映画では妹に変わっていました。
 何故弟を妹に変えたのかよく分かりませんが・・・。
 原作はおバカで甘ちゃんの弟なので、こっちの方が話としては面白かったけど(^^;)

 会社ではダメ社員のレッテルを貼られているミタゾウが意外な特技を発揮して貢献しています。
 計画を立てるのも主にミタゾウ。
 人間誰しも何某かの特技は持っているものですね。ちょっと勇気が湧いてきた(笑)
 ミタゾウの能力を生かせない会社がダメなんですよ。きっと。

 また、クロチェの飼い犬でドーベルマンのストロベリー(犬種と名前にギャップがありますね^^;)も
 いい働きをしています。
 敵になったら怖いけど、味方だったらこれほど頼もしい仲間はいないですね~。

 なお、原作と映画ではラストがちょっとだけ違っています。
 映画ではこいつら懲りない奴らだな~と思ったけど、原作の方がおしゃれな感じで好きかな。
 また3人がタッグを組むことを期待させる終わり方なのもいいですね

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度

■特におすすめ!

  • ドタバタ喜劇が好きな方
  • コン・ゲームが好きな方

◆テーマ読み特集◆
音楽とミステリバナー

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:奥田英朗

COMMENT 4

Tue
2011.11.08
20:52

mokko

URL

やば!

初めてダブリました!
これから読む候補として購入してますぅ~( ̄▽ ̄;)ゞ
ってことで、引きずられると困るので
読んでから、改めてレビューを読ませていただきますぅ~

ちなみにテーマ読みの説明のところで翠香さんが
紹介していた本の中から1冊購入しました(^◇^;)
では、また後で・・・<(_ _)>

Edit | Reply | 
Tue
2011.11.08
23:58

翠香

URL

mokkoさんへ

あら~被っちゃいましたか~。
私は最初の予定では、本作は入ってなかったのですよ(^^;)
たまたま夏のフェア本で『わくらば日記』と一緒に購入していたのです。
今回、選定本をかなり入れ替えましたからねぇ。
ではmokkoさんのレビュー、楽しみにしていますね(^^)

Edit | Reply | 
Wed
2011.12.28
23:13

mokko

URL

面白かったぁ~

ようやく読みました(^◇^;)
ゲームのイベントに夢中になっていて
読書が止まってましたけど、これは読み始めたら
あっという間に読んじゃいましたぁ
これってミステリじゃないですよね(○ ̄m ̄)
しかしなんとスピード感のある作品なんでしょ
すごく読みやすい上にキャラも立ってましたよねぇ~

ドーベルマンにストロベリーという名前を付けるってのが
すでにおかしい(○ ̄m ̄)
大活躍だったけど♪
そして、あんな腑抜けでバカな弟は持ちたくないですよぉ~
使える弟でよかったです(^◇^;)
読後感が爽やかなのがまたよかったです♪

Edit | Reply | 
Thu
2011.12.29
18:00

翠香

URL

mokkoさんへ

これは楽しい作品ですよね(^^)
スピード感もあってスラスラ読めました~。
映画だと展開早すぎて途中ついていけなくなったのですけど(苦笑)
ジュラルミンケースの交換とかがややこしくて。
結局一番頼りになるのはストロベリーでしたねぇ。
フルテツのオロナインの件には笑った(^▽^)哀れフルテツ・・・!

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?