Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > さ行の作家 > 【リオの蝶殺人事件】 瀬川久志

【リオの蝶殺人事件】 瀬川久志

 04, 2011

◆◇◆大学狂騒曲◆◇◆

夏光一郎警部シリーズ2
長編
文芸社 2011.5


■あらすじ

超人的な主役をおかず、警察・大学院生・興信所・学者・占い師などさまざまな職種のキャラクターたちのそれぞれが主役級の活躍をして事件を推理・捜査していく知的ミステリー。
(文芸社より)

■感想
 テーマ読み割り込み本はこれで最後です。
 これは、「本が好き!」様からの献本です。ありがとうございます。

 引き続き瀬川久志氏の「夏光一郎警部シリーズ」を読みました。
 私ごときが僭越なのですが、前作と比べて上手くなっていると感じました。
 前作は色々な要素を盛り込み過ぎて散漫な印象だったのですが、
 本作ではテーマが絞り込まれ、派手さはないものの、纏まっているという印象です。

 本作では木暮秋野という女性探偵が登場します。
 仕事のできるアラフォー女性で、魅力的なキャラクターですね。
 彼女の登場により、蜜柑たちが捜査に介入するのも、前作ほどの違和感はなくなっています。
 ただ今回は「サカエナイツ」というビアレストランが私設捜査本部になっています。
 刑事や大学の先生、学生、占い師などがそれぞれ捜査情報を持ち寄って推理合戦をしているのは
 前作と変わらず腑に落ちない部分です。
 刑事が捜査情報をオープンにしてしまうのは論外ですし、
 皆があれこれ推理していても決定打を出すのは一人に絞ったほうがいいです。
 夏警部は主役(?)の割にはあまり推理しないのですよね。犯人を罠にかける作戦は練るのだけど・・・。

 また、蜜柑の大学の先輩・花里が新たに登場します。
 でも蜜柑と恋人関係にあるのかは判然としませんでしたねぇ(^^;)
 前作では、青山刑事と蜜柑が恋人関係に発展するのかが気になっていたところなのですが、
 花里の登場によって、青山刑事の心境の変化は特に見られませんでした。
 折角ライバルキャラを登場させたのですから、恋の鞘当てがあったほうが面白いのに。

 それから、前作では名探偵級の推理をしていた留美の登場はありませんでした。
 「元気でいるらしい」の一言ではちょっと寂しいですね。
 「笹ゆり」の従業員はちょこっと登場するのに。
 そうそう、留美といえば、秋野に調査依頼をしてきた女性が留美という名でした。
 始め、あの留美が大学の准教授夫人に収まったのかとびっくりしたのですが、全くの別人だったようで(^^;)
 名前はトリックで使うのでない限り、同じものを使わない方がいいですね。

 今回、最初の事件がシンガポールで起きるので、地元警察のジュロン刑事とその妹・ケイも登場します。
 どうもケイのキャラが蜜柑と被るんですよね(^^;)
 ジュロンとケイは日本にやってきて、夏警部や蜜柑たちとも交流するのですが、その後の登場はなし。
 最後に事件が解決した旨、ジュロン刑事に伝えるシーンがあればよかったですね。

 あと、占い師のエミリーと夏警部が過去になんらかの繋がりがあるようにほのめかされていて、
 気になっていたのですが、結局何だったのか分からず仕舞い。
 ちょっと消化不良気味です(^^;)

■評価(5個が最高)

  ◆トリック度 267267
◆冷や汗度 404404
◆満足度 ★★★

■特におすすめ!

  • 大学生の方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:瀬川久志 夏光一郎

COMMENT 2

Sun
2011.12.04
19:12

mokko

URL

あ・・・

2冊続けてってことだったのですね(^◇^;)
しかも2冊目なのに物足りなかったと・・・
あぁ~残念でした。
突っ込みどころ満載でも面白ければ許せるんですけどね
お疲れ様でした

Edit | Reply | 
Sun
2011.12.04
22:43

翠香

URL

mokkoさんへ

これは1作目に比べればまあまあかな。
突っ込みどころはレビューに書いた以外にもたくさんありますけど(^^;)

すっかりテーマ読みも止まっちゃいましたねぇ。
11月はテンプレのカスタマイズに明け暮れていてあまり読書が進まなかった・・・(反省!)
これからちょっとネジを巻いて、テーマ読み頑張ります!

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?