【菊池伝説殺人事件】 内田康夫

◆◇◆浅見、ストーカーに間違われる!?◆◇◆

浅見光彦シリーズ34
長編
カドカワノベルズ1989.11
角川文庫1991.2
 角川春樹事務所1997.10
 中公文庫1999.6
 徳間文庫2009.9
55TVドラマ化作品!(2005.4.1放送 主演:中村俊介)
 55TVドラマ化作品!(2011.2.7放送 主演:沢村一樹)2011.2.8追加

菊池伝説殺人事件
菊池伝説殺人事件内田 康夫

おすすめ平均
stars微妙な嘘が味を出している

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆新品でGETする→ 楽天ブックス  bk1  boople j book
◆中古でGETする→ ebookoff  古本市場 (トップページ)

■あらすじ

フリーライター浅見光彦は雑誌の取材で名門「菊池一族」発祥の地、熊本県菊池市に向かう。新幹線車中で知りあった美女、菊池由紀は泣いたかと思えば笑いだす情緒不安定。彼女も菊池市に向かうという。
  ところが、熊本駅で彼女を尾行してきた長野県警の丸山刑事に彼女の父親が長野県“親王塚”で殺されたことを知らされる。容疑は由紀の恋人辻綾一にかかっており、彼女がその逃亡を助けた疑いがあるという。何故由紀の父親は殺されたのか? 菊池一族にまつわる因縁とは何なのか?謎は深まり、名探偵浅見の推理が始まる。
(角川文庫より)

■テーマ
  菊池一族

■舞台
 熊本県菊池市
      熊本市
 群馬県多野郡上野村
 長野県南佐久郡北相木村

■ヒロイン
 菊池由紀(23,4歳・OL?)

■感想
 清少納言と西郷隆盛と菊池寛が親戚?

 おなじみ『旅と歴史』の藤田編集長が浅見に取材を依頼したテーマがこれ。なんか眉唾物だなぁ。清少納言 の時代までさかのぼってしまうと、かなりの人が親戚になりそうな気がしますが・・・。
 それはさておき、本作は『菊池一族』がテーマになっています。歴史の教科書には菊池氏の活躍について語られることがなかった(多分・・・)ので、知らなかったのですが、天皇に忠義を尽くした武士の家系で、今でも全国の菊池さんが集まる『菊池会』なるものが開かれているようです。

 浅見はそんな菊池氏のルーツを探るべく、熊本県菊池市に向かうのですが、道中、菊池一族の一人、菊池由紀と席がとなりになるという幸運に恵まれます。しかし、行く先々で顔をあわせ、ホテルの部屋まで隣同士だった為、後をつけ回している、いわゆるストーカーだと誤解されてしまいます。
  このパターン、【平家伝説殺人事件】の時と似ていますね。【平家伝説殺人事件】ではヒロインの稲田佐和と相思相愛の間柄になったので、今回ももしや?と期待が持たれたのですが、なんと菊池由紀には恋人がいたのでした~浅見チャン、残念・・・!(笑)431

 本作は派手なトリックなどは使われていませんが、どんでん返しに次ぐどんでん返しでミステリーとしては最後まで楽しめました。でも物語は悲しい結末になってしまいましたね。409

■評価(5個が最高)

  ◆トリック度 267267267267
◆冷や汗度 404404
◆満足度 ★★★★

■特におすすめ!

  • 全国の菊池さん(笑)
  • 歴史が好きな方

■追記

沢村一樹さん主演で再び本作がドラマ化されました!
はりきってドラマのレビューをしようと思ったら、TBSのHPが文字化けしている・・・。
別のところからデータを得ることは出来るけれど、面倒くさいのですよね(^^;)
2,3日中に文字化けが直っていたら、レビューを入れますが、
それ以降は情報が古くなるので、止めにします(悲しい~)
ドラマの感想でも良いので、ぜひコメントをお寄せくださいませ。(2011.2.8)

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Category: 浅見光彦
Published on: Thu,  08 2007 22:01
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

浅見光彦 内田康夫

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment