Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 内田康夫 > 【死線上のアリア】 内田康夫

【死線上のアリア】 内田康夫

 19, 2011

◆◇◆異色探偵詰め合わせ!◆◇◆

フグハラ警部シリーズ1、パソコン探偵ゼニガタシリーズ2、他
短編集
飛天出版1992.12
カッパ・ノベルス1995.4
徳間文庫1997.6
 角川文庫2000.3
55TVドラマ化作品!(2009.6.6放送「優しい殺人者」 2010.6.5「死あわせなカップル」
 主演:石塚英彦)他

■あらすじ

私立探偵・鴨田英作のもとに、名器ストラディバリを護衛して欲しいという依頼が舞い込んだ。所有者は世界的に有名なヴァイオリニスト、辻真理。ところが、彼女の凱旋祝賀パーティ当日に事件が発生した。辻真理が演奏を開始した途端、“ダーン”という大音響が響き、最上席の中央の紳士が夥しい血を流して倒れたのだ。凶器は被害者の胸ポケットにあった小型ピストル。果たして自殺か、それとも・・・。 鴨田英作と犯罪捜査用スーパーパソコン『ゼニガタ』が活躍する表題作他、警視庁のキレ者・フグハラ警部の名推理を描いた作品を収録した傑作短編。
(角川文庫より)

■感想
 【音楽とミステリ】第8弾は、【死線上のアリア】です。
 ご推察の通り、バッハの『G線上のアリア』をもじったものですね。
 ちなみに、『G線上のアリア』はこんな曲です↓
 

 美しい曲ですね~。演奏にも高度な技術を要する曲だそうです。

 本作は7編からなる短編集です。
 内訳はフグハラ警部シリーズ3編、パソコン探偵ゼニガタシリーズ1編、ノンシリーズ3編です。
 フグハラ警部シリーズはホンジャマカの石塚さん主演でドラマ化されているので、
 なじみがある方も多いのではないでしょうか。
 パソコン探偵ゼニガタは、本作より前に【パソコン探偵の名推理】という著作が刊行されています。
 私はまだ未読なのですが(^^;)
 内田先生は短編が苦手だそうで、あまりお書きにならないので、
 浅見シリーズ以外でしかも短編集というのは希少価値かもしれません(^^)

 以下、シリーズもの4編についてご紹介。ノンシリーズはR18指定(嘘です)なので割愛します(^^;)

 【優しい殺人者】
 3か所でスナックを経営する傍ら、もぐりの金融業を営んでいた女性が殺された。
 遺体の状況は着衣の乱れもなく、まるでうたた寝でもしているかのようだった。
 ママに借金をしていた常連客の中に犯人がいるのか?

 フグハラ警部シリーズです。ドラマ化もされましたね。
 フグハラは、捜査会議でもほとんど眠っているかのような怠惰ぶり。
 太り過ぎなので、身体を動かすのも大儀なだけなんだけど(^^;)
 でも頭脳はフル回転。行動範囲が極めて狭いので、ほぼ安楽椅子探偵かな?

 【死あわせなカップル】
 車の中で男女が死んでいるのが発見された。
 二人は共に毒物を飲んでいたので、心中事件だと思われた。
 しかし福原(フグハラ)は殺人事件だと睨んでいた。

 これもドラマ化されました。
 しかし随分と用意周到な犯人でしたねぇ。ここまでやるか!と思ってしまう(^^;)
 利用された二人が憐れでした。顔の美醜で人間の価値が決まるわけではないのに・・・。

 【死線上のアリア】
 私立探偵・鴨田の元に、名器ストラディバリの警護依頼が舞い込んだ。
 鴨田の初仕事は、世界的に有名なヴァイオリニスト・辻真理の凱旋祝賀パーティ。
 しかし、真理が「G線上のアリア」を演奏しているさ中に銃声が響き、最上席の紳士が倒れた・・・。

 パソコン探偵ゼニガタシリーズです。鴨田とゼニガタのやりとりが面白い。
 これは科学的知識と音楽的知識の両方を必要としますね。
 真相は切なかったですね。でもパソコンも泣くの??

 【碓氷峠殺人事件】
 軽井沢にある政治家の別荘で名画が盗まれた。蕎麦に釣られて出張してきたフグハラだが、
 車中で体が座席の間に嵌って身動きが取れなくなり、峠の釜めしを食べ損なう。
 そして翌日、女性ピアニストが殺害されたという知らせを受ける。

 食いしん坊でそそっかしいフグハラ警部、お茶目な一面が見えましたね(笑)
 これはトラベルミステリーです。犯行はかなり綱渡り的なのですが、どうなのだろう。
 ところで名画盗難の件はどうなったの??やはりキャッツ・アイの仕業かしらん?

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度

■特におすすめ!

  • クラシック音楽が好きな方
  • 理系の方

◆テーマ読み特集◆
音楽とミステリバナー

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:内田康夫 フグハラ警部 パソコン探偵ゼニガタ

COMMENT 2

Tue
2011.12.20
22:22

mokko

URL

ドラマで

見ましたぁ~
フグハラ警部・・・2作見てますよぉ~
そうだったのかぁ~
この作品は短編集だったのですね
気になってたんだけど、在庫がなくて買えなかったんです。
被らなくてよかった(^◇^;)

Edit | Reply | 
Tue
2011.12.20
23:32

翠香

URL

mokkoさんへ

もう石ちゃんがフグハラのイメージにぴったりなんですよ!
石ちゃんのために作ったキャラじゃないかと思えるぐらい(笑)
あと、女性刑事の椿さんは原作には出てきません。
ドラマ編の創作みたいですね。

そういえばこれ、楽天でも在庫切れになってましたね。
私は前々から積読していたのですが(^^;)
本当は浅見シリーズの『イタリア幻想曲』を入れたかったのだけど、
順番に読んでいるので、断念しました。
でも本作の方が、タイトルも内容的にもテーマに合っていたかな。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?