Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 折原一 > 【倒錯のロンド】 折原一

【倒錯のロンド】 折原一

 24, 2011

◆◇◆リフレインが叫んでる◆◇◆

折原一シリーズ外
長編
講談社 1989.7
講談社文庫 1992.8

■あらすじ

魂こめて執筆し、受賞まちがいなしと自負した推理小説新人賞応募作が盗まれた!?──その“原作者”と“盗作者”の、緊迫の駆け引き。巧妙極まりない仕掛けとリフレインする謎が解き明かされたときの衝撃の真相。鬼才島田荘司氏が「驚嘆すべき傑作」と賞賛した、本格推理の俊鋭による渾身の長編推理小説。
(講談社文庫より)

■感想
【音楽とミステリ】第9弾は、【倒錯のロンド】です。
ロンドというのは、マイムマイムのように輪になって踊る『輪舞曲』と、ある同じ旋律が、異なる旋律を挟みながら何度も繰り返される楽曲の形式である『回旋曲』の二つの意味があります。
本作は、輪になって踊ろう~♪という感じではないので、後者の意味で用いられているようですね。

折原作品は、小説として読むのは本作が初めてです。
以前、推理クイズ番組で一度、書き下ろしの作品には接しています。

山本安雄は、アルバイトをしながら推理小説作家を志していた。
月刊推理新人賞に応募するため構想を練るが、なかなかいいアイディアが浮かばない。
しかし、締め切りまで残り一か月半となったある日、突然アイディアが閃き、一気に書き上げる。
書きあがった作品を友人の城戸に見せたところ、ワープロで清書してくれるという。
ところが城戸は、山本の書いた原稿と清書原稿もろとも電車の中に置き忘れてしまう。
それを永島一郎が拾う。永島は作品の出来が素晴らしいのと、賞金と印税に目がくらみ、我が物にしようと企む・・・。

始めのうちは、折角書いた力作を友人が紛失してしまい、新たに書き直すも、またもや永島に奪われた上に大怪我を負い、
編集部に盗作の件を掛け合うも相手にされないという、踏んだり蹴ったりの山本に同情的だったのですが、
完全に作者の術中にハマっていたのですね(^^;)
確かに思い込みの激しいところはあるなとは思ったのですが、そういうことだったのか~。やられた~。
この作品、折原氏自身が江戸川乱歩賞に応募して、最終候補に残った作品なのだとか。
あとがきに乱歩賞に応募してから結果発表までの様子が手記形式で書かれているのですが、
本文の山本安雄の手記とそっくりで、どこまでが真実でどこからが虚構なのか訳が分からなくなってきます(笑)
だってペンネームも始めは「山本安雄」にしていたっていうのですから・・・。
(最終候補に残った時点で「折原一」に変更したそうです)
作品を盗作しようと倒錯──これがまるでロンドのように繰り返される。上手いタイトルをつけたものですね。

なお、あとがきのオチが効いているので、本文を読んでからあとがきを読まれることをおススメします(^^)

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267267
◆冷や汗度404404
◆満足度

■特におすすめ!

  • トリッキーな作品が好きな方
  • 思いっきり騙されてみたい方(笑)
  • 推理作家を志している方

◆テーマ読み特集◆
音楽とミステリバナー

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:折原一

COMMENT 2

Tue
2011.12.27
17:59

mokko

URL

オオーw(*゚o゚*)w

これは面白そうですぅ~
江戸川乱歩章って、ちょっと興味あるんですよね♪
盗作しようと倒錯する・・・
それが繰り返されるってことは、mokkoはきっと
読んでいるうちに訳わからなくなるなぁ~
でも騙されたいです!
翠香さんが引っかかったってことは、mokkoは
間違いなく気持ちよく騙されます
これはチェックしますо(ж>▽<)y ☆

Edit | Reply | 
Wed
2011.12.28
00:15

翠香

URL

mokkoさんへ

いや~これは見事に引っ掛かりましたねぇ。
所々、あれ?と思うところはあったのですよ。
でもわざとそういう書き方をしているのかと思ってしまった(^^;)
さすがに乱歩賞最終候補だけのことはあります。
ぜひ騙されてください(笑)

本作の姉妹編に『螺旋館の殺人』という作品があるのですが、
偶然にもブックオフで見つけてゲットしていたのです。
年明けには読みたいなと思ってます(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?