Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 2012冬ドラマはミステリ花盛り

2012冬ドラマはミステリ花盛り

 24, 2012
さてさて、2012年冬(1月~3月)の連続ドラマが軒並み出揃ってまいりました。
ざっと眺めてみると、今回はミステリ原作をドラマ化した作品が多いですね。
オリジナル脚本のものも含めると、ほぼ毎日、ミステリドラマ(刑事もの、探偵ものも含みます)が
放映されているという、まさにミステリ花盛り。
以下にずいっとご紹介しましょう。
原作本がある場合は一緒にご紹介しますので、これを機に原作にあたってみるのもいいかも♪


月曜日

★ステップファーザー・ステップ

TBS系 20:00-20:54(54分)
出演:上川隆也、小西真奈美、平山あや、渋谷龍生、渋谷樹生、須藤理彩、渡辺いっけい、伊東四朗ほか

■あらすじ

宮部みゆきの同名小説をドラマ化。孤高の怪盗と小学生の双子が織り成すホームコメディー。ある一軒家に盗みに入った怪盗“俺”(上川)は、部屋の中から差す強い光に目がくらみ気を失ってしまう。そこへやって来たのは両親に捨てられ子供だけで暮らしていた隣家の双子・直(渋谷龍生)と哲(渋谷樹生)。俺を介抱した双子は、正体を黙っている代わりに、父親代わりになることを要求。渋々引き受けた俺は、当初の予定通り隣家に盗みに入るため下調べを。しかし、情報屋・柳瀬(伊東)の話にあった住人の情報と違っていることが分かる(第1話)。

宮部みゆきさんの小説が原作ということで、気になってはいたのですが、すみません、観てません(^^;)
月曜8時は「Qさま!」を観ているのですよね・・・。クイズマニアなんです。私。
上川隆也さんが泥棒役というのは、ちょっと珍しいですね。
時間帯を考えると、ミステリというよりホームドラマの要素が強そうですね。
しかし、水戸黄門が終わってしまって、おじいちゃん達の楽しみが減ってしまったような・・・。

★ラッキーセブン

フジテレビ系 21:00-21:54(54分)
出演:松本潤、瑛太、仲里依紗、大泉洋、松嶋菜々子ほか

■あらすじ

町外れの小さな探偵社を舞台に、松本潤演じる探偵たち7人がチームワークで事件を解決していく姿を描く。実家暮らしのフリーター・駿太郎(松本)は、就職活動もそこそこに、人妻の彼女と交際し、気ままな日々を送っていた。そんなある日、不倫現場を「北品川ラッキー探偵社」の探偵・新田(瑛太)に押さえられ彼女にフラれてしまう。怒った駿太郎が探偵社に乗り込むと、女ボスの瞳子(松嶋)に見初められ、一緒に働くことに。新田が敵視する中、駿太郎は教育係の淳平(大泉)の指導の下、早速、失踪した元消防士の行方を捜し始める(第1話)。

月9にしては珍しくお仕事ものですね。
実はこれ、それほど期待していなくて、とりあえずお試しで観てみたのですが、意外に面白かった!
いや~瑛太さんの腹筋が割れているのには驚きました。役作りしたのかな?
マツジュンとのファイトシーンは、ロバート・ダウニー・Jrの映画『シャーロック・ホームズ」を思い出しましたね~。
これは続けて観ようっと(^^)

火曜日

★ストロベリーナイト

フジテレビ系 21:00-21:54(54分)
出演:竹内結子、西島秀俊、小出恵介、宇梶剛士、丸山隆平、津川雅彦、渡辺いっけい、遠藤憲一、高嶋政宏、生瀬勝久、武田鉄矢ほか

■あらすじ

シリーズ累計150万部を超える誉田哲也のミステリー小説をドラマ化。竹内結子演じる刑事・姫川玲子の活躍を描く、2010年に放送の単発ドラマの続編。10年前、飲酒運転で大量の死傷者を出す列車転覆事故を引き起こした米田(北上史欧)が現場でれき死する。死体は左右対称に真っ二つになっており、刑事の玲子(竹内)は殺人事件とにらみ、姫川班に新しく入った葉山(小出)らと捜査を開始する。すると、米田が殺害前に、何者かと巨額の賠償金について電話で話していたことが発覚。さらに、列車事故で死亡した少女を必死で助けようとした元駅員に行き当たる(第1話)。

これは先にスペシャルドラマが放送され、連ドラ化した作品。
一度観ているという安心感もあって、期待通りの好発進という感じです。
竹内結子さん演じる姫川玲子がかっこいいのですよね~(*^^*)かっこいい女性が活躍するお話って好き。
しかし、竹内さん以外は男臭~い現場ですねぇ(^^;)
原作はグロさもあるようなので、読むのは・・・やめとこうかな。

★本日は大安なり

NHK総合 22:55-23:25(30分)
出演:優香、浅野ゆう子、石黒賢、鈴木亮平、黒川智花、谷村美月、福士誠治、星野真里、田中直樹、加藤清史郎ほか

■あらすじ

結婚式場に集まった人々のさまざまな事情と思惑が交錯する、愛と涙と笑いと疑惑が詰まったコメディー。ホテル・アールマティの従業員・多香子(優香)は大安吉日のある日、5組の結婚式を控え緊張していた。そこへ、結婚式の中止を要求する脅迫状が届く。支配人・山本(石黒)から命じられ、多香子は結婚式の出席者の中から、怪しい人物を探すことに。そんな中、挙式予定の妃美佳(谷村)は、双子の姉・鞠香(谷村・2役)と式の最中に入れ替わる計画を実行。入れ替わりに気付くかどうかで、新郎・純一(田中)の愛を確かめようとする(第1話)。

原作が発行されてからわずか1年足らずでドラマ化。早いですね。
これも気になってはいたのですが、火曜日は向井理さん主演の『ハングリー!』も観ているので、
さすがに一日にドラマ3本ハシゴはキツい・・・。
再放送があればそのとき観てみよう。

水曜日

★相棒ten

テレビ朝日系 21:00 ~ 21:54 (54分)
出演:水谷豊、及川光博、川原和久、大谷亮介、山中崇史、山西惇、六角精児、小野了、片桐竜次ほか

■あらすじ

第13話「藍よりも青し」

 鑑識に残された些細なことから"事件"を見つけ出してしまった右京(水谷豊)。さすがにむっとする米沢(六角精児)。
見つけ出した"事件"とは、産廃工場の社長・真壁(原田文明)の自殺に関してだ。尊(及川光博)とともに捜査を開始すると、真壁の部屋から産廃工場に反対していた彩乃(梶芽衣子)が染めたものと思われる風呂敷を発見する。彩乃は風呂敷を自らが染めたものと認めるが、なぜか真壁は生前彩乃の工房にある物置小屋の写真を撮影していた。なぜ物置小屋の写真なんかを撮る必要があるのか?
右京らが、あの物置小屋の中になにがあるか問いただすが彩乃は「企業秘密」と口を閉ざす。
二転三転する捜査の中から浮かび上がった真犯人は? そして彩乃の真実とは?


もうすっかりおなじみですね~(^^)
神戸くんが参入してもう3シーズン目になるのですね。右京さんとの息も合ってきたかな?(笑)
たまきさんが花の里を閉めてしまい、右京さんとの「別れても好きな人~♪」的な
微妙な距離感が見られないのは残念に思っていたのですが、
当の右京さんはスランプに陥るほど応えていたのですね~(第12話「つきすぎている女」より)
花の里が復活して良かったけど、おっちょこちょいの幸子さんがママで大丈夫かな?(^^;)

★ダーティ・ママ!

日本テレビ系 22:00-22:54(54分)
出演:永作博美、香里奈、上地雄輔、安田顕、八嶋智人ほか

■あらすじ

シングルマザーの破天荒刑事・丸岡高子(永作)と、見習い刑事・葵(香里奈)が暴走しながらも事件を解決していく2話完結の刑事ドラマ。刑事課に配属された葵は、初日から先輩刑事たちとコンビニ強盗犯を追うことに。やっとの思いで犯人を追い詰めるが、そこへベビーカーを押しながらやって来る母親の姿が。何とか守ろうとする葵だが、母親は突然、犯人に腐った卵を投げ付け、犯人は即逮捕に。実は、その母親が刑事の高子だったと知り、行動に驚く葵だったが、息つく暇もなく、次の凶悪引ったくり事件の捜査に駆り出される(第1話)。

原作が『アンフェア』の原作者・秦建日子さんで、女性刑事が活躍するという点も共通していたのですが、
これは最初から観る気がしなかった。
永作博美さんは好きなんだけど、検挙率NO.1の破天荒刑事というキャラは合っていない気がするし、
事件現場にベビーカーを押しながら登場というのは無理がありますよね(^^;)
観た方の評価も分かれているようですね。

木曜日

★科捜研の女

テレビ朝日系 20:00 ~ 20:54 (54分)
出演:沢口靖子、内藤剛志、風間トオル、斉藤暁、奥田恵梨華、高橋光臣、長田成哉、若村麻由美ほか

■あらすじ

沢口靖子演じる京都府警科学捜査研究所研究員の榊マリコが“科学"を武器に事件の真相を究明する科学捜査ミステリ

これもおなじみ・・・なのですが、残念ながら観てないのですよ。
放送時間が夜8時というのがネックですね。
ドラマは夜9時以降でないと、落ち着いて観られない。
内容的には興味あるのですけど。

★最高の人生の終り方~エンディングプランナー~

TBS系 21:00-21:54(54分)
出演:山下智久、榮倉奈々、前田敦子、知念侑李、大野いと、大友康平、反町隆史、山崎努ほか

■あらすじ

葬儀屋を営む青年が、訳あり遺体とともに運び込まれる世間のシビアな現実に立ち向かっていく。葬儀屋の次男・真人(山下)は、家業を嫌い居酒屋チェーンのエリアマネジャーとして店長たちを叱咤(しった)する日々を送っていた。ある日、かつて指導した店長・長田(設楽統)がビルから飛び降り意識不明になってしまう。しかも、真人の父が急逝し、家業を継いだ兄・健人(反町)が2カ月前から失踪していた事実が発覚する。父の遺言通り店を畳むが、時を同じく意識不明だった店長が帰らぬ人に。遺族の悲しみに触れ、真人は家業を継ぐ決意を固めていく(第1話)。

これは一見ミステリとは関係なさそうですが、警察官御用達の葬儀屋が舞台で、
訳あり遺体の謎を解明するところがミステリテイストになっています。
葬儀屋がそこまでするかは疑問の残るところですが、山Pと榮倉奈々ちゃんのコンビは息があってますね(^^)
そういえば、山Pと山崎努さんは『クロサギ』でも共演されていましたね。
山崎さん、相変わらず得体の知れないオッサンです(^^;) 山崎さんの存在が一番の謎だったりして(笑)

★聖なる怪物たち

テレビ朝日系 21:00 ~ 21:54 (54分)
出演:岡田将生、中谷美紀、加藤あい、長谷川博己、大政絢、鈴木杏、渡辺いっけい、山本陽子、勝村政信、平田満、小日向文世ほか

■あらすじ

嵐の夜、飛び込み出産があった。男の子が生まれ、母親は命を落とした。偶然の事故か?仕組まれた事件か?皮肉な偶然と思われた出来事が、徐々に恐ろしい実態を現わす…

いや~山Pのドラマと時間帯被っちゃいましたねぇ。
原作は、たまたま新刊で読む機会があったのですが、まさか連ドラ化されるとは思わなかったですね。
人物設定は全体的に原作よりも若く設定されているようです。
当ブログの原作レビューの閲覧数がものすごいことになっていて、この1週間で1200アクセスを超えています。
でも読み逃げ率100%なんだよなぁ。せめて拍手クリックぐらいしてほしいです。

【聖なる怪物たち】 河原れん ←原作レビューはこちら

★デカ 黒川鈴木

日本テレビ系 23:58-24:38(40分)
出演:板尾創路、田中圭、鶴田真由、田辺誠一ほか

■あらすじ

田舎町の警察署に勤務するデキる刑事・黒川(板尾)が、無能な部下2人と共に難事件を解決していく。高級ワサビを栽培する農園主が殺され、黒川らが捜査を開始。部下の白石(田辺)が農園主の娘で、第一発見者の園子(釈)に一目ぼれしてしまうが、黒川は事件の真相に気付く(第1話)。

刑事ものみたいだけど、板尾創路さん主演で深夜枠ということなので、
きっと脱力系でミステリとはほど遠いのだろうな~と思っていたら、
原作があることにびっくり。しかも創元推理から出ている!
でもどうやら原作自体が脱力系警察ミステリだそうで(^^;)
しかし、田辺誠一さんが無能な部下役とは・・・イメージ崩れるなぁ

金曜日

★フライデードラマNEO「白戸修の事件簿」

TBSほか 24:20-24:50(30分) 【放送スタート日】2012年1月27日(金)
出演:千葉雄大、本郷奏多ほか

■あらすじ

物心ついたときから不況のため、夢も見られず過程より結果しか求めない若者たち“さとり世代”の日常を描く青春ミステリーコメディー。気弱でお人よしな性格の青年・白戸(千葉)は、大学卒業後アルバイトをしながら就職活動を続ける。しばらくして、出版社への就職が決まるが、その後行く先々で、白戸は殺人や銀行強盗、ストーカーや集団万引きなどの事件に巻き込まれてしまう。

この作品だけちょっと開始が遅れていて、今週の金曜日スタートです。
これもたまたま原作を読んでいたのですが、まさか連ドラ化されるとは(笑)
主人公はお人よし故にトラブルに巻き込まれてしまい、そのトホホぶりが可笑しさを誘います。
軽犯罪のテクも満載なので、防犯対策に役立つかも?
しかし、出演者の男の子二人、知らないのですよね~

【白戸修の事件簿】 大倉崇裕 ←原作レビューはこちら

日曜日

★妄想捜査~桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活

テレビ朝日系 23:15 ~ 0:10 (55分)
出演:佐藤隆太、桜庭ななみ、倉科カナ、竹富聖花、河北麻友子、藤村聖子、渡部秀、升毅、倍賞美津子ほか

■あらすじ

桑潟幸一、人間爆弾になる!?何も書くことがない真っ白な手帳を“スタイリッシュな予定や思い出で埋めたい”と願う名探偵クワコーの前に、美女を狙う謎の凶悪犯が現れた!!

原作は前から気になっていたので、どんなものだろうと第1回を観たのですが・・・なんか微妙(^^;)
スタイリッシュな生活を妄想しつつも、現実はトホホなクワコーには笑えたのですが、
これってミステリなのか??ミステリー研究会の女の子たちが怪しすぎです(^^;)
原作の評価は高いのですけどね。
深夜枠だし、『謎解きはディナーのあとで』のようなヒット作にはならないだろうなぁ。


まだドラマも始まったばかりなので、今から原作本を読んでドラマの予習に備えるのもよし、
後でじっくり原作本を読んでみるのもよし(^^)
しかし、オリジナル脚本が少ないのには驚きましたね。ミステリを書ける脚本家がいないのかな?
今後、『相棒』のような良質なミステリが生まれることを期待したいです。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:ドラマ ミステリ

COMMENT 2

Thu
2012.01.26
22:05

mokko

URL

なんと(゚O゚;

ほとんどが小説のドラマ化じゃないですかぁ~
脚本書ける人がいなくなったのかなぁ~
ストロベリーナイトとダーティーママは見てます
ステップファーザー・ステップは、初回を見て面白いと思ったんだけど
宮部ミユキ原作だと聞いて、見るのやめようと思ったけど
面白くてつい見てます。
どうも宮部さんがmokkoの大好きなアン・ライスの
ヴァンパイアクロニクルズをポーの一族のパクりじゃないか?
と活字にしたのを知ってから嫌いになりました(^◇^;)
だから未だに読んでないんです
変なところで頑固だったり・・・
でもドラマ見ちゃってるしなぁ~(-。-;)

最高の人生の終り方も山Pが好きだから初回だけ見てます
今後はどうなるか・・・

Edit | Reply | 
Fri
2012.01.27
23:57

翠香

URL

mokkoさんへ

私も今回調べてみて原作本の多さにびっくりしました。
脚本書ける人がいなくなったのでしょうかねぇv-390

出演している俳優さんで選ぶこともありますよね。
私も山Pは好きなので、主演ドラマはほとんど観ているかも。
『最高の人生の終り方』は、山P主演+ミステリ要素ありということで、
かなり期待していましたが、当たりでした(^^)
数少ないオリジナル脚本(商品画像はシナリオ本です)という点も評価できますね。
それにしても、妹二人のバトルが毎回壮絶ですよ(^^;)
昨日の放送では、マエアツ、ラーメンv-373ぶちまけてました!

『ストロベリーナイト』と夏頃やっていたドラマ『ジウ』は原作者が同じなのですよね。
いずれもカッコいい女性刑事が活躍するお話ですね。
原作はかなりエグそうなので、読むのはちょっと躊躇してしまうなぁ(^^;)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?