Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 浅見光彦(ドラマ) > ドラマ【浅見光彦シリーズ第43弾 還らざる道】

ドラマ【浅見光彦シリーズ第43弾 還らざる道】

 28, 2012

今年の2時間ドラマレビュー初めは、やっぱり浅見光彦シリーズから!

■放送日時
  2012年1月27日 フジテレビ 金曜プレステージ 21時00分~22時52分

■番組名
  浅見光彦シリーズ第43弾『還らざる道』

■原作
  内田康夫『還らざる道』

■CAST
 浅見光彦    ・・・中村俊介
 浅見陽一郎  ・・・榎木孝明
 浅見雪江    ・・・野際陽子
 雨宮正恵    ・・・浅見れいな
 瀬戸一弘    ・・・宝田明
 狩野刑事    ・・・赤塚真人
 中山義雄    ・・・堀内正美
 馬越       ・・・早川純一
                      ほか

■あらすじ

浅見光彦は「旅と歴史」の取材で愛知県豊田市足助町を訪れた時に、茶屋で老人と出会い、雑談をする。翌日、浅見はテレビのニュースで、昨日会った老人が岐阜県恵那市串原の奥矢作湖で絞殺死体で発見されたことを知る。総合インテリアメーカー「白陽インテリア」の代表取締役会長の瀬戸一弘だった。浅見は孫娘の雨宮正恵と共に瀬戸会長の死の真相を探る。正恵の愛する祖父の死には、50年前のある出来事が関わっていた…。
(とれたてフジテレビHPより)

■感想
本作の原作は、つい先日、ドラマ化されるとは知らずに偶然購入していました。
なのでまだ読んでいないのですけど・・・。
割と新しい作品なので、なかなか読書のほうは追いついていかないですね。

今回、ゲストとして宝田明さんが出演していました。
大物俳優をゲストに迎え、作品の意気込みが感じられたのですが、
あっさり殺されちゃいましたねぇ(^^;)
まあ回想シーンも多かったので、出番が少なかったわけではないですが。
お歳は召していますが、ダンディでしたね~。ハンチング帽が決まってました(^^)
そうそう、36歳で独身の中村俊介さんに、「そろそろ結婚した方がいいぞ」と諭したのだとか。
俊介さん、リアルに光彦状態になってますね(笑)

今回のヒロイン・雨宮正恵役は浅見れいなさん。
れいなさんは、TBS系の浅見光彦シリーズ『姫島殺人事件』にもヒロインとして出演しています。
同じ浅見姓だけに、浅見光彦シリーズに縁があるのかな?
しかし姫島の時もそうだったのですが、彼女が「浅見さん」と言うたびに
浅見さんはあなたでしょ!とついつっこみを入れたくなってしまう(笑)
演じていてやり辛くはなかったのかな??

それから沢田亜矢子さんが出演していたのには驚きました。
随分久々にお顔を拝見した気がします。

さて、内容に入りますが、
今回の事件の背景にはヒノキ材の盗伐が絡んでいました。
私は盗伐なんて行為があるのを初めて知りました。
確かに木を勝手に伐ってそれを持ち逃げしたら犯罪でしょうけど、
あんなに大きなものを簡単には運べませんからねぇ(^^;)
ヒノキは高級木材だからそういう犯罪行為も生まれるのでしょう。

一弘の父は、ヒノキ盗伐の際、倒れてきた樹の下敷きになって死亡した。
折しもその翌日は天皇陛下もご参加になる全国植樹祭が執り行われる。
晴れがましい席に忌むべき事件は封印せよとばかりに、
一弘は大学進学の支度金と就職口を約束することを条件に事件を不問にせよと言われた。
自分の父を金で売ってしまった原罪を背負いつつ50年が経った。
しかし、父は盗伐側の人間ではなく、告発者だったことが分かる。
盗伐側の人間に罪を着せられ、殺されたのだ。
そして、一弘がまた告発者となったとき、悲劇の歴史が繰り返される──。

なんだかやりきれない気持ちになりました
一弘は原罪を背負いながら50年間を過ごしてきた・・・半世紀、長いですね。
それだけに盗伐側の卑劣な行為には腹が立ちました

今回、ヒロインが単独で調べてまわっていたので、ハラハラしましたね~
案の定、身柄を拘束されてしまいましたが、その後がなんともお粗末。
拘束されていた場所は簡単に分かってしまうし、
浅見に全てを知られてしまったからといって、犯人たち、あきらめが良すぎやしませんか?
挙句、結末がアレですからねぇ(^^;)
あの結末は浅見シリーズにはよくあるパターンなのですが、
ドラマなんだし、犯人逮捕の方がすっきりするのではないでしょうか?
途中まではいい作品だったのに、尻つぼみな感があり、残念ですね
次回作に期待しましょう。

 ■参考

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:浅見光彦 内田康夫 ドラマ

COMMENT 2

Sun
2012.01.29
09:47

mokko

URL

見ましたぁ~

mokkoは中村俊介の光彦がお気に入りなので
毎回楽しみにしてるんですよぉ~
ヒロインが一人で調べまわってるところは
本当にハラハラしましたねぇ~
ラストが急ぎすぎた感じがあるのはちょっと残念だったけど(^◇^;)

昨日、土曜ワイド劇場で、中村俊介が出ていたんだけど
十津川警部のシリーズなのに、一瞬、あれ?浅見光彦だった?と
頭が混乱してしまいました( ̄▽ ̄;)ゞ

Edit | Reply | 
Sun
2012.01.29
23:26

翠香

URL

mokkoさんへ

今回はヒロインが暴走気味だったので、ハラハラしましたよね。
案の定、犯人グループに捕まったけど、
その後の盛り上がりがイマイチでしたv-390

そうそう、土曜ワイドにも中村俊介さん出ていましたよね。
観ていなかったけど。
私はトラベルミステリーが苦手なんですよね~あの時刻表トリックが~v-356
私の中ではすでに中村俊介=浅見光彦という図式が出来上がっていて、
俊介さんを見るとつい、「あ、浅見ちゃん」と思ってしまいます(笑)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?