Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 映画 > 映画【ダイヤルM】

映画【ダイヤルM】

 06, 2012

◆◇◆完全犯罪は難しい◆◇◆

製作年 1998年
製作国 アメリカ
時間 113 分

B00005HKXSダイヤルM [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2000-08-25

by G-Tools

■CAST
  スティーヴン・タイラー   ・・・マイケル・ダグラス
  エミリー・ブラッドフォード ・・・グウィネス・パルトロウ
  デイヴィッド          ・・・ヴィゴ・モーテンセン

■STAFF
  監督:アンドリュー・デイヴィス
  脚本:パトリック・スミス・ケリー 

■STORY

ブルックリンの古いロフトで愛し合うエミリーと若き画家デイヴィッド。だが彼女は実業家の夫スティーヴンとともにニューヨークに住み、その知性を活かして米国大使館の側近として働いている人妻。この不倫関係が夫にバレるのは時間の問題だった…。しかしスティーヴンはこの事実をある計画のために利用しようとする。

■感想

本作はヒッチコックの『ダイヤルMを廻せ!』をリメイクした作品。
舞台をロンドンからニューヨークに移し、ストーリー、人物設定とも現代風にアレンジされているのだとか。
私は本家のヒッチコック版は観ていないのですが、
夫の職業が、元ウィンブルドンのテニスチャンピオンから実業家へ、
不倫相手の職業がテレビ作家から無名の画家に変えられています。
ヒッチコック版の方が意外にも華やかな職業なんですねぇ。
リメイク版の方がより現実的な職業なのは、ストーリーの変更が影響しているのでしょうね。

裕福で仲睦まじく見えたスティーヴンとエミリー夫妻だが、
エミリーは、自分を高価なアクセサリーのように取り扱い、自分を全く見てくれない夫に愛情が持てなくなり、
才能はあるが無名の画家であるデイヴィッドと人目を忍んで逢引を重ねるようになる。
しかし、スティーヴンはすでにふたりの仲を知っており、
デイヴィッドが前科者で、まだ露見していない犯罪があることも調べ尽くしていた。
そしてスティーヴンは、デイヴィッドに50万ドルの報酬で妻殺しを依頼する。
デイヴィッドは犯罪の露見を恐れてエミリー殺しを承知してしまう。
スティーヴンがアリバイを作るためカードクラブに出かけ、
夜10時にエミリーを電話口に呼び出し、デイヴィッドに強盗を装って殺害させようという計画だった。
果たしてスティーヴンが自宅に電話を入れると、エミリーが何者かと争う声が聞こえてきた。
計画は成功したとほくそ笑むスティーヴン。
しかし、自宅へ戻ってみると死んだはずのエミリーの泣き声が聞こえてくるではないか!
なんと死んでいるのはエミリーではなく、会ったこともない見知らぬの男だった──。

ヒッチコック版とリメイク版では、妻殺しの動機が違います。
ヒッチコック版では、妻の裏切り行為が殺意に変わったのだろうと思いますが、
リメイク版では、もっと生臭い理由なんです。エミリーは夫に愛されていなかったのですね。
だからこそ、不倫に走ったともいえるわけで・・・。
また、妻殺しが失敗し、死んでいたのは第三者という展開は両者とも同じなのですが、
ヒッチコック版では、不倫相手は夫のアリバイ作りに利用されているようです。
不倫相手の立ち位置はヒッチコック版では、それほど重要ではなかったようですね。

一方リメイク版では、この後、デイヴィッドが大活躍(笑)
なにせ自分の手を汚すのが嫌で、服役中に知り合った仲間にエミリー殺しを依頼しているのですから。
デイヴィッドは、過去に女性相手に詐欺を働いていたことがあり、
エミリーも利用されていただけだったのね・・・と思ったら、
エミリーの自宅前で、遺体が搬送されるのを悲観にくれながらひっそりと見送っていました。
ああ、エミリーのことは愛していたのですね・・・。これでちょっとはエミリーも救われたかな。

この事件の捜査を担当した刑事役がデイヴィッド・スーシェだったのには驚きました。
なんとポアロが出動してきたじゃないですか~!
これはきっとスティーヴンの偽装工作を見破って、事件を解決してくれるに違いないと思ったのですが、
大した働きもしなかったので、がっかり
ヒッチコック版では、刑事が最後に罪を暴くようなので、その名残かなぁ。

ラストもちょっとあっけなかったですね。
これだけ展開が二転三転したのですから、ラストも大どんでん返しを期待していたのですけどね~。
今度、ヒッチコック版も観てみようと思います。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度★★★★

■特におすすめ!

  • サスペンスが好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:映画 マイケル・ダグラス

COMMENT 2

Tue
2012.02.07
22:41

mokko

URL

(  ° ▽ ° ;) エッ?

これ、ビデオで見たんだけど、先にダイヤルMを廻せをみてから
ダイヤルMを見たんですよぉ~
昔の作品ながら面白かったぁ~と思っていたんだけど
刑事がポアロだったとわぁ~
ビデオを見た頃は、まだポアロを知らなかったんですよぉ~
なんか悔しいですぅ~(━┳━ _ ━┳━)

Edit | Reply | 
Thu
2012.02.09
21:42

翠香

URL

mokkoさんへ

お返事遅くなってごめんなさい。
ちょっと体調を崩してしまって・・・。
毎日更新なんて慣れないことするもんだから(^^;)
お蔭で(?)体重が1kg減った♪

mokkoさんは「ダイヤルMを廻せ!」も観たのですね~。
新旧比べてみてどうですか?
たしかに刑事はポアロだったのだけど、あまり活躍しなかったからねぇ。
もしまた観る機会があれば、チェックしてみてね♪

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?