Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 名探偵ポワロ > 名探偵ポワロ【オリエント急行の殺人】

名探偵ポワロ【オリエント急行の殺人】

 10, 2012

名探偵ポワロもいよいよ最終話、「オリエント急行の殺人」です。

■放送日時
2012年2月9日 BSプレミアム 22時00分~23時30分

■番組名
名探偵ポワロ「オリエント急行の殺人」

■原作
アガサ・クリスティー「オリエント急行の殺人」

■CAST
エルキュール・ポワロ     :デビッド・スーシェ David Suchet(声:熊倉一雄)
ドラゴミノフ公爵夫人     :アイリーン・アトキンス Eileen Atkins(声:勝倉けい子)
テディ・マスターマン     :ヒュー・ボネヴィル Hugh Bonneville(声:辻つとむ)
メアリー・デベナム      :ジェシカ・チャスティン Jessica Chastain(声:日野由利加)
グレタ・オルソン        :マリ・ジョゼ・クローズ Marie-Josée Croze(声:安藤みどり)
ザビエール・ブーク      :セルジュ・アザナヴィシウス Serge Hazanavicius(声:伊藤昌一)
サミュエル・ラチェット     :トビー・ジョーンズ Toby Jones(声:納谷六朗)
ヒルデガード・シュミット   :スザンネ・ローター Susanne Lothar(声:蓬莱照子)
アントニオ・フォスカレリ   :ジョセフ・モウル Joseph Mawle(声:吉野貴宏)
ピエール・ミッシェル     :デニス・メノーシェ Denis Menochet(声:高瀬右光)
ジョン・アーバスノット    :デビッド・モリッシー David Morissey(声:金尾哲夫)
アンドレニ伯爵        :スタンレー・ウエーバー Stanley Webber(声:渡辺聡)
アンドレニ伯爵夫人     :エレナ・サチン Elena Saine(声:生原麻友美)
ヘクター・マックイーン    :ブライアン・J・スミス Brian J Smith(声:美斉津恵友)
コンスタンチン医師      :サミュエル・ウェスト Samuel West(声:上杉陽一)
ハバード夫人         :バーバラ・ハーシー Barbara Hershey(声:大西多摩恵)

■STAFF
演出:フィリップ・マーティン Philip Martin
脚本:スチュワート・ハーコート Stewart Harcourt

■STORY

パレスチナで事件を解決したポワロはイギリスに戻るためオリエント急行に乗車。終点のカレーまで3日の長旅だ。列車には国籍も階級もさまざまな人々が乗っていた。アメリカの富豪ラチェットにその秘書と執事、ギリシャ人医師、ロシアの公爵夫人とメイド、ハンガリーの外交官夫妻、女性宣教師…。2日目の夕方、ポワロはラチェットから殺されるかもしれないと保護を頼まれるが断る。だが翌朝、そのラチェットが刺殺死体で見つかる。

■感想
この「オリエント急行の殺人」は、以前アルバート・フィニー版のものを観ていたので、
思い出しながら見比べてみました。

どちらかというと、フィニーの方が気難しいポワロでしたね。
食事がどれもこれも不味いとぼやいてましたから(笑)
でもラチェットに対する態度は同じようなものだったかな。
あの人、何だか気に食わないのです。には笑ってしまった。

内容的にはほぼ同じだったように思いますが、
ラチェットの殺され方が若干違いましたね。
ナイフでめった刺しされていた点は同じなのですが、
フィニー版の方は、毒殺された上に刺されていたのです。
だから不可解性がより深まったのですよね。
結果的に殺されたのだから同じようなものなのだけど、
今回のドラマは、身体の自由を奪った状態で生きたまま刺され続けたので、
急所を外れていれば、痛みに苦しむことになり、より残酷な殺し方だと思います。

今回のドラマは、解決までがやや急ぎ足だったかなという気がします。
1時間半のドラマなので、時間的に細かい描写が出来ないのは、やむを得ないですね。

そして意外な真実が判明します。
かなり有名な作品なので、ご存じの方も多いことと思います。衝撃的な真実ですよね。
フィニー版の方は、ラストは不思議と晴れ晴れとした雰囲気だったのですが、
スーシェのポワロは違いました。
罪を犯した者は何人も許さない。正義の人なんですね。
この正義感たるや「相棒」の右京さんと相通ずるところがありますね(^^)
でもそんなポワロも自分の正義を曲げて罪を許してしまいます。
まさに苦渋の選択でした。ポワロの悔しさと悲しさが入り混じった表情が印象的でした。
あらためて正義とはなんだろうと考えさせる作品でした。
原作は何度も挫折してしまったのですが、今度きちんと読んでみたいです。

今回で名探偵ポワロの放送は終わりです。
来月からはミス・マープルのシリーズが始まります。(ポワロとは時間帯が異なりますのでご注意!)
マープルファンの方はぜひチェックしてみてください。

■参考

名探偵ポワロ「オリエント急行の殺人」|NHK BSプレミアム 海外ドラマ
▲番組ホームページです。

▲原作本はこちら

映画【オリエント急行殺人事件】
▲アルバート・フィニー版ポアロのレビューはこちら

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:エルキュール・ポワロ デビッド・スーシェ

COMMENT 2

Sun
2012.02.19
21:45

mokko

URL

あぁ~

終わってしまったのですねぇ~
AXNとかでまた放送してくれないかしらぁ~
オリエント急行は見てないような気がします。
ミス・マープルも大好きです
時間が合わなくて見られないのが残念。
ケーブルテレビの録画方法を覚えなくては・・・
なんか面倒で取り説読むのが嫌なんだけど
設定しないと録画も出来ないですからねぇ~( ̄▽ ̄;)ゞ

Edit | Reply | 
Sun
2012.02.19
23:40

翠香

URL

mokkoさんへ

4夜連続放送だったので、結構忙しかったですね。
ポワロの吹き替えの「メルシー」の声が可愛くって(^^)
しばらく真似してました(笑)

あ~録画できないと辛いですよね。
ウチもスカパーが録画できないのです(涙)
BSは地デジ対応したので、
映画とか録画出来るようになったのは大きいかも。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?