Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 似鳥鶏 > 葉山くんシリーズ > 【理由(わけ)あって冬に出る】 似鳥鶏

【理由(わけ)あって冬に出る】 似鳥鶏

 16, 2012

◆◇◆青春ミステリときどきホラー◆◇◆

葉山君シリーズ1
長編
創元推理文庫 2007.10
20第16回鮎川哲也賞佳作


■あらすじ

芸術棟に、フルートを吹く幽霊が出るらしい──吹奏楽部は来る送別演奏会のため練習を行わなくてはならないのだが、幽霊の噂に怯えた部員が練習に来なくなってしまった。幽霊を否定する必要に迫られた部長に協力を求められ、葉山君は夜の芸術棟へと足を運ぶが、予想に反して幽霊は本当に現れた! にわか高校生探偵団が解明した幽霊騒ぎの真相とは? コミカル学園ミステリ。第16回鮎川哲也賞佳作入選、期待の新鋭のデビュー作。

(創元推理文庫より)

■感想
タイトルに「冬」が付くのでタイムリーだと思い、選んでみた一冊。はじめましての作家さんです。
それにしても変わったペンネームですね(^^;)(ま、有栖川有栖氏も相当変わっているけどw)
似た鳥の鶏・・・?ひょっとして酉年なのかなと思って計算してみると、
今年31歳だから5年後に年男の36歳。巳・午・未・申・酉・・・当たりでした(笑)

本作は、第16回鮎川哲也賞に佳作入選した作品です。
デビュー作とあってまだ文章に手馴れていないのか、説明が非常にまわりくどい(^^;)
正直、最初の20数ページまでは読むのが苦痛でした。
こんな調子でずっと続くのかと思っていたところへようやく会話文が出てきてホッとしました。
しかし、あとがきにはまたくどくどと・・・。どうやらこれがこの人の文体であるらしいです。
大体、作品については終わりの2ページ分しか書かれていない。
「買って損した」ものを書かないよう、精一杯頑張るそうなので、読者としてはぜひともお願いしたいところです。

さて、本作は葉山君という美術部1年生が主人公のシリーズの第1作です。

葉山君の元に吹奏楽部1年の秋野麻衣が頼み事にやってきた。
芸術棟に幽霊が出るという噂が広まり、部員たちが怖がって練習に来なくなってしまったという。
幽霊の存在を否定するため、部長の高島先輩と麻衣が学校に残ることになり、
葉山君にも立ち会ってほしいというのだ。

ここまで読んで、ははあ表紙のイラストは葉山君と麻衣ちゃんだなと思っていたら、
麻衣ちゃんはメインキャラじゃないのですよ。
後で出てくるのだけど、この女の子はどうやら演劇部2年の柳瀬さんらしい。
でも柳瀬さんがメガネっ娘キャラだという記述は全くないので、
この女の子は誰なんだ?と一部で物議を醸しているとか(^^;)
葉山君と柳瀬さんの恋の行方も気になるところです。

ところでこのシリーズの探偵役は葉山君・・・ではなくて、文芸部3年の伊神さんです。
葉山君はワトソン役というか、ほとんどパシリですね(^^;) いつも伊神さんに振り回されてばかり。
私は伊神さんのキャラがどうも好きになれなくて・・・。
夜の11時だろうが構わず人を呼びつけるし(それでも外出できる高校生ってどうよ?)、
一度思考に没頭すると彫像のように動かなくなる。
ファミレスで注文を取りに来たウェイトレスを「結構です」と追い返し、
皆がコーヒーを注文しても一人だけ水で粘り(しかも水のおかわりを要求した!)、
その後「コーヒーが要る様相になってきた」と葉山君のコーヒーを勝手に飲んだうえに、
砂糖も勝手に入れちゃうし。

でも葉山君は全然文句を言わない。まあ1年生だから3年生に盾つけないこともあるとは思うけど、
やさしくてお人よしなんですよ。だから伊神さんにいいように使われちゃうのですよね。

本作では都合2件の幽霊騒ぎがあるのですが、1件目は予測つきました。
2件目の方が難解ですね。こういう現象が可能だとは知らなかった。

全体としては幽霊騒ぎがあるものの、ほのぼのとした青春ミステリです。
でもプロローグと第3章の終わりに不穏な気配が。
これが高校生たちとは全く結びつかないまま話は進み、終盤になってようやく両者が繋がります。
そしてラストにホラーが待っています。
どうも散漫な印象を受けますね。最後のホラー話はない方が良かったのではないかなぁ。
舞台が学校なのだから、起きる事件も学校内部に限定したほうがすっきりすると思う。
続編がすでに手元にあるので、とりあえず続きを読んでみてこのシリーズを追いかけるかを決めたいと思います。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • 学生の方
  • 青春ミステリが好きな方

■参考
理由あって冬に出る - 似鳥鶏|東京創元社
 ▲東京創元社作品紹介ページ

無窓鶏舎
 
似鳥鶏さんのブログ

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:似鳥鶏 葉山君

COMMENT 2

Sun
2012.02.19
21:57

mokko

URL

(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…

学園ミステリにホラーテイスト・・・
ここだけならmokko好みなんだけど
最初が読みにくい?
( ̄へ ̄|||) ウーム
どんなもんだろう・・・
しかし現象が気になる
ミステリよりもホラーの方が気がかりです( ̄▽ ̄;)ゞ

Edit | Reply | 
Mon
2012.02.20
00:05

翠香

URL

mokkoさんへ

文章がね、まわりくどいのですよ(^^;)
応募作からかなり手直しはしたみたいなんですが・・・。
でも後に大きく化ける作家さんもいますから、長い目で見た方がいいのかな。
ミステリの方はあまり大したことはないです。
ホラーは本物だったけど(^^;)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?