Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 東川篤哉 > 謎解きはディナーのあとで > 【謎解きはディナーのあとで2】 東川篤哉

【謎解きはディナーのあとで2】 東川篤哉

 29, 2012

◆◇◆令嬢刑事X毒舌執事再び◆◇◆

謎解きはディナーのあとで
短編集
小学館 2011.11


■あらすじ

令嬢刑事麗子と風祭警部の前に立ちはだかる事件の数々。執事の影山は、どんな推理で真相に迫るのか。そして、「影山は麗子に毒舌をいつ吐くの?」「二人の仲は、ひょっとして進展するのでは?」「風祭警部は、活躍できるのか?」など、読みどころ満載な上に、ラストにはとんでもない展開が待っていた!?
(本の帯より)

■ヒロイン
  宝生麗子(「宝生グループ」総帥の娘。国立署捜査一課刑事)

■感想
謎解きはディナーのあとで第2弾。
とにかく売れに売れまくった前作。ついに連ドラ化もされました。
前作はドラマが始まる前に読んでいたのですが、ドラマでは本作の内容も含まれていることを知り、
内心しまったと思ってました。(原作を先に読む派なので)
で、いざ本作を読んでみると、あまり原作通りではなかったのですね。
ほぼ原作通りだったのは1編のみで、あとは原作のエッセンスを抽出(必ずしもトリックとは限りません)して
全く違うお話に作り替えてありました。
そうか、ベジとレベッカの話や帽子屋の娘の話はドラマの創作だったんだ。
ちょっと切ない話で印象に残っていたのだけど。

さて、前作ではお嬢様に対し、アホだの節穴だの暴言の数々を吐きまくった執事・影山、
さすがに第2弾となれば、自分の立場をわきまえたのか、

どうかご安心ください、お嬢様。この影山も宝生家に仕えて約半年。仕事にも慣れ、旦那様やお嬢様との信頼関係も深まり、執事として格段の成長を遂げたものと自負しております。もはや、お嬢様がお気を悪くするようなことは、いっさい申しません
とのたまいます。しかし、その舌の根も乾かぬうちに
失礼ながら、お嬢様は相変わらずアホでいらっしゃいますね。──いい意味で
また別の時は
大変失礼ながら、お嬢様の単純さは、まさに幼稚園児レベルかと思われます
さらに
これだけの情報を得ておきながら、まるで真相にたどり着けないとは、お嬢様は頭がお悪いのではございませんか?

・・・・・・。

・・・・・・。

どうやら全く改心していない模様(^^;) むしろ暴言に拍車が掛かっているかも?

前作と同様、本作も6編からなる短編集です。

 第一話 アリバイをご所望でございますか
 第二話 殺しの際は帽子をお忘れなく
 第三話 殺意のパーティにようこそ
 第四話 聖なる夜に密室はいかが
 第五話 髪は殺人犯の命でございます
 第六話 完全な密室などございません

トリックに関しては、前作の方が秀逸だったように思います。
本作ではちょっと無理があるかな?と思えるものもいくつかありました。

なお、本の装画は今回も中村佑介さんです。
今回は表紙カバーだけでなく、色々な場所にふんだんに使われています。(カバーもめくってみてね♪)
おそらく文庫になったらここまでのサービスはないと思うので、お得感ありますね。

それにしても謎が多いのが風祭警部。
何故白スーツにこだわっているのか?
風祭モータースの御曹司なのに、何故自社製品の車に乗らずにジャガーを乗り回しているのか?
(風祭モータースの車は故障しやすいことで有名らしいw)
そもそも何故警部になれたのかが最大の謎だけど(^^;)
最終編では風祭警部、活躍(?)してますよ~。

原作者の東川さんによると、シリーズは第3作で完結するそうです。
麗子と影山との関係、麗子と風祭警部との関係に進展はあるのか気になるところですね。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267
◆冷や汗度404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • コメディが好きな方
  • 気軽に読める本をお探しの方
  • 中村佑介さんのファンの方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:謎解きはディナーのあとで 東川篤哉 宝生麗子 執事

COMMENT 2

Thu
2012.03.01
12:12

mokko

URL

待ってましたぁ~

なんかスピードダウンしたような感じを受けていたんだけど
大丈夫そうですねぇ~
毒舌が減るなんてことになったら、やっぱり
楽しみが減りますからねぇ~
っていうか、これは単行本で買えを仰ってます?
仰ってますよね?
いやぁ~やっぱり買うしかないかぁ~
mokko的には、影山の過去のことなんかにも
触れて欲しかったりしてるんですよぉ~
存在自体が怪し過ぎますから(^◇^;)
運悪く(良く?)会社帰りの地下通路に書店があるぅ~
入ったことのない書店だから、探す事になるけど
やっぱり買いますぅ~
読むのは先になるだろうけど( ̄▽ ̄;)ゞ

Edit | Reply | 
Fri
2012.03.02
00:45

翠香

URL

mokkoさんへ

お待たせしました~♪
いや~影山の毒舌は健在ですよ。ご心配なく(笑)
今回はどちらかというと、風祭警部が活躍していますね。
活躍、といってもピントがかなりズレているんですけど(^^;)
ドラマの影響で、風祭警部はもう椎名桔平さんにしか見えない・・・。
それだけはまり役だったってことでしょうね。
影山メインの話はおそらく第3弾に書かれていると思いますよ。

え?買えだなんて、とんでもない。
でも中村佑介さんのイラストがここにも!あそこにも!って楽しめますよ~。
文庫になったら、別の人のイラストになっちゃうかもしれないし~。
そもそも文庫が出るのは3年後ぐらいだし(ニヤリ)
文庫派の私でさえ、単行本で買っちゃいましたからねぇ。
きっと第3弾も乗せられて買ってしまうのだろうなぁ(笑)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?