Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 高里椎奈 > 深山木秋(薬屋探偵妖綺談) > 【黄色い目をした猫の幸せ】 高里椎奈

【黄色い目をした猫の幸せ】 高里椎奈

 08, 2007

◆◇◆秋が殺人事件の容疑者に!◆◇◆

深山木秋(薬屋探偵妖綺談シリーズ)2
長編
講談社ノベルス 1999.7
講談社文庫 2005.12

黄色い目をした猫の幸せ
黄色い目をした猫の幸せ 高里 椎奈

おすすめ平均
stars凄惨だなぁ
stars☆相変わらず☆
starsリベザルがとにかく可愛い!!
stars文庫版、再び―。
stars待ってました!文庫化

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
◆新品でGETする→ 楽天ブックス  bk1  boople J book
◆中古でGETする→ ebookoff  古本市場 (トップページ)

■あらすじ

屋の看板を掲げながら、揉事(もめごと)相談所を裏稼業にしている深山木(ふかやまぎ)薬店に少年殺しの依頼があった。引き受けられるはずもないが、後にその少年がバラバラ死体で発見されたことから事態は緊迫!店主・秋に殺人の容疑が振りかかる。凄惨な事件の裏にあるあまりにも意外な真相とは!?好評薬屋探偵シリーズ第2弾。
(講談社文庫より)

■テーマ
  平将門
  土方歳三

■感想
 薬屋探偵妖綺談シリーズ第2作です。
 始めにお断りしておきます。
 前作【銀の檻を溶かして】の感想に「グロい描写はいっさいない」と書きましたが、今回は・・・ありますリベザルがショックで原形に戻ってしまうぐらいなのが・・・。 

〔このシリーズ未読の方のために注釈〕秋・座木(くらき)・リベザルの3人は、実は妖怪で普段は人型に化けて生活しています。しかし、リベザルの場合、人型に化けるようになってから日が浅く、また精神的に弱い部分があるので、極度の精神的ダメージを受けると元の姿に戻ってしまうのです。

なので、グロいのが苦手な人は(私もですが・・・356)想像力をたくましくしないよーに(笑)

 今回は、深山木薬店に殺人依頼されていた少年が殺され、しかもその死体の第一発見者であった為、秋に殺人容疑がかかってしまいます。もちろん秋は犯人ではないのですが、秋の巧みな話術に警察の方は翻弄されっぱなし(苦笑) 新米刑事の葉山はメロメロ10で、すっかり秋のファンになってしまいました。仮にも刑事なのに、こんな軽~いノリでいいんでしょうか??

 本作は高里椎奈氏の初投稿作だそうです。かなり以前に書かれたものだと思いますが、物語の中の事件は、昨今の事件を反映したようないたましいものでした。しかも、前作もそうだったのですが、今回も子供が犠牲者というのはつらいですね。薬屋トリオのほのぼのとしたやりとりや、軽~い葉山刑事などのキャラに救われている気がしますね。

 謎解きとしての面白さという点では、本格好みの方には物足りないかもしれません。

 ちなみに、テーマには歴史上の人物名を挙げましたが、歴史モノという訳ではありません。無関係ではないですが。あんまり言うとネタバレになってしまうので、これ位で・・・。

 それにしても、中学生にとって見た目28歳の座木って『おじさん』なんですかねぇ。ちょっとショックだなぁ(何気に座木ファンだったりします344)でも座木にあんな特技(?)があるとは・・・びっくりですね(笑)

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ! 

  • 若い女性
  • 推理小説初心者116の方
  • お子さんをお持ちの方
  • マンガ・アニメが好きな方
  • 萌えたい方(笑)10
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:リベザル 深山木秋 座木

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?