Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 海外ミステリ > 【火焰の鎖】 ジム・ケリー

【火焰の鎖】 ジム・ケリー

 10, 2012

◆◇◆我が子への愛が生んだ悲劇の連鎖◆◇◆

フィリップ・ドライデンシリーズ2
長編
創元推理文庫 2012.1


■あらすじ

27年前、米空軍の輸送機が農場に墜落した。この事故で九死に一生を得たマギーは、とっさに乗客の死んだ赤ん坊と自分の息子をすり替えていた。なぜ我が子を手放したのか? 少女の失踪や不法入国者を取材しながら真相を探るドライデンは、拷問された男の死体を見つけてしまい・・・・・・。大旱魃にあえぐ沼沢地を舞台に、敏腕記者が錯綜する謎を解き明かす。CWA賞受賞作家が贈る傑作。

(創元推理文庫より)

■感想
本作は、フィリップ・ドライデンシリーズの第2作です。
シリーズ前作『水時計』はジム・ケリーのデビュー作だそうです。
タイトルに示されているように、水が全面的にモチーフに使われているのだとか。
本作は打って変わって、火がモチーフの作品になっています。

物語は、アメリカ空軍の輸送機が農場に墜落するシーンで幕を開けます。
現場は火の海と化し、乗員乗客と農場経営者家族の合わせて12名が死亡するという大惨事に。
生存者はわずかに2名。16歳になる農場主の娘・マギーとアメリカ人の赤ん坊・リンドンだった。
そして27年後──。
癌に蝕まれたマギーは、いまわの際に、ある重大な事実を告白する。
あの事故で生き残った赤ん坊はリンドンではなく、マギーの息子・マシューだったのだ。
マギーは火災事故のさ中、自分の息子とアメリカ人の赤ん坊とすり替えていたのだった。

結構衝撃的な告白だと思うのですが、あらすじにも本の帯にもあっさり書いてあるのですよね(^^;)
余計な予備知識なしに読みたかったというのが正直なところ。
マギーの告白を聞く登場人物たちと一緒に驚きたかった。
本作では、赤ん坊のすり替えの事実よりも、何故すり替えたのかという謎に重きを置いています。
でも、真相が分かってみて、そんなことで?と思ってしまったのですよね。
マギーがショックを受け、傷ついたのは分かるのですが、
それが自分の子供を手放さなければならないほどの事なのかが疑問。

マギーの告白により、リンドンと事故の後に生まれたマギーの娘・エステルが兄妹だったことが判明します。
それまで仲の良かった2人がぎこちなくなってしまうのですが、
この2人の関係をオブラードに包んだ感じにしているのもちょっと気になりました。
始めからこの2人は恋人同士だと思ったのだけど・・・。
ああ、マギーは若気の至りとはいえ、随分罪作りなことをしてしまったものです。

帯には現代版「黄金期の探偵小説」と銘打ってあるのですが、
どちらかというとハードボイルド寄りな気がします。
といってもアメリカ映画のような派手さはなく、むしろ地味で陰鬱な印象です。
ドライデンは閉所恐怖症、犬恐怖症などかなりの臆病者なのですが、
それを周りに悟られないように強がっているところは可笑しさを誘います。
それ故か、生傷が絶えないのですよね(^^;)

そんなドライデンですが、妻のローラは前作で事故に遭い、昏睡状態。
病院のベッドで、ドライデンがローラに一方的に話しかけるシーンや、
ローラがドライデンの誕生日のサプライズとして持っていた鍵を
あちこちの鍵穴に差し込んでみるドライデンの姿には悲しくなってきます。

やはり数奇な運命に翻弄されてしまったリンドンが憐れでなりません。
マギーが我が子を手放したりしなければ、たくさんの悲劇が生まれることはなかったのに・・・。
それでも最後に希望が残ったのは救いでしょうか。

このシリーズは5作まで書かれているそうです。
ローラに奇跡が起こることを願ってやみません。

本作は「本が好き!」様から献本いただきました。ありがとうございます。

■評価(5個が最高)

  ◆トリック度 267267
◆冷や汗度 404404404404
◆満足度 ★★★

■特におすすめ!

  • 海外ミステリが好きな方
  • ハードボイルド系が好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:フィリップ・ドライデン ジム・ケリー

COMMENT 2

Sun
2012.03.11
22:22

mokko

URL

なんか・・・

すごく重そうな気配がしますねぇ・・・
何故そんなことを?っていう理由というか
動機が薄いのって、ちょっとガックリきたりしますよねぇ
しかも、そこから悲劇が生まれるとなると
やるせないですねぇ~
5作続くんですか・・・
最後は爽やかに終わって欲しいと願います(;^_^A

Edit | Reply | 
Tue
2012.03.13
23:58

翠香

URL

mokkoさんへ

ちょっと暗めの作品でしたねぇ(^^;)
ユーモアというか、皮肉っている部分もあるのですが、あんまり日本人受けしないかも。
動機が薄いという訳ではないのですが、
子供の為にしたことなら、秘密は墓場まで持って行って欲しかった・・・。
今更お前はリンドンではなくて、マシューだったなんて言われても、
なかなか受け入れられないと思うし。
次は気分を変えて楽しい作品をチョイスしました~
もう読み終わったので、明日ぐらいにはレビューアップする予定です(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?