Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 内田康夫 > 浅見光彦 > 【鯨の哭く海】 内田康夫

【鯨の哭く海】 内田康夫

 02, 2012

◆◇◆背美クジラの悲劇◆◇◆

浅見光彦シリーズ85
長編
祥伝社 2001.4
ノン・ノベル 2003.2
  祥伝社文庫 2005.8
55TVドラマ化作品!(2006.10.13放送 主演:中村俊介)



■あらすじ

捕鯨問題の取材で南紀・太地を訪れた浅見光彦は「くじらの博物館」で不気味な展示物を目にした。漁師人形に銛が突き刺されていたのだ。まさにそれは、以前太地で起こった殺人事件の被害者の姿そのものだった。誰がなぜ? 未解決事件へのメッセージ? 調査を開始した浅見は、小さな岬町を揺るがしたもうひとつの事件、旧家の娘の心中事件との関連に注目するが・・・・・・。
(祥伝社文庫より)

■テーマ
 捕鯨問題

■舞台
 埼玉県秩父市
 山梨県塩山市
 山梨県東八代郡石和町
 長野県上伊那郡箕輪町
 長野県諏訪市
 和歌山県新宮市
 和歌山県東牟婁郡太地町
 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町

■ヒロイン
 浅見順子(元銀行員)

■感想
引き続きタイトルに「海」が付く作品です。ここ3作ほど海に関連していますね。
実はこの『鯨の哭く海』、もともとは短編だったそうです。
しかも主人公は和泉夫妻というフルムーン探偵シリーズでした。
フルムーンという言葉ももはや死語ですかねぇ(^^;)
和泉夫妻シリーズはドラマ化もされているので、ご存知の方も多いと思います。
内田先生は短編が苦手だそうで、あまり書かれないのですが、
雑誌の依頼で「南紀ミステリー紀行」と銘打ち、
『還らざる柩』、『鯨の哭く海』、『龍神の女』の3作の短編を書かれました(いずれも和泉夫妻シリーズ)。
しかし内田先生は作品の出来に満足できなかったようで、この3作を1冊の短編集にするというお話を断り、
『還らざる柩』と『龍神の女』は合体して、【熊野古道殺人事件】として生まれ変わりました
浅見光彦シリーズです)。
1作だけとり残された『鯨の哭く海』は長い間陽の目を見ることもなかったのですが、
今回ようやく長編として生まれ変わったわけです。

さて、本作のテーマは捕鯨問題。商業捕鯨が禁止され、食卓に鯨肉が消えて久しいですが、
はるか遠い昔に竜田揚げやベーコンを食べた記憶があります(こんなことを言うと歳がバレそうですが^^;)。
正直、竜田揚げなどは固くてあまり美味しくなかったので、別に鯨肉が食べられなくても困らないし・・・
と思っていましたが、漁師たちにとってはまさに死活問題なんですよね。
それなのに、漁師たちの生活を守ることを考慮せず、ノルウェーから鯨肉を輸入するという構想には
全くあきれるばかりです。
生態系を守るだの、海洋資源の確保だのもっともらしいことを言っていても結局カネなのか・・・。

浅見は「旅と歴史」の依頼で捕鯨問題に関するルポを書くことになり、捕鯨発祥の地、和歌山県太地町を訪れる。
「くじらの博物館」で、青い鍔広の帽子に青いコートを着た女性を見かけた矢先、
展示物の勢子人形の背中に銛が突き刺さっているのを発見する。
逃げるように立ち去る女性を追っていったが、途中で忽然と消えてしまう。
この地では6年前に心中事件が起きていたのだが、どうやら先の女性の容姿が似ているらしい。
心中事件の女性の遺体はいまだに発見されていない。
青いコートの女は幽霊なのか?それとも心中の女性はまだ生きているのか?

青いコートの女が謎めいていますね。
まあ幽霊にしてはちゃんと足もあるし、目立つ服装をしているのも引っかかりますよね。
いつもはやたらと調子がいい藤田編集長ですが、今回はジャーナリストの片鱗を見ましたね。
そういえば、雪江さんもいつもは「陽一郎さんに迷惑がかからないように」と
光彦の探偵ごっこに釘を刺すのですが、
逆にけしかけるようなことを言っていたし・・・雪でも降るかしら?(笑)

今回のヒロインは浅見順子。同じ浅見姓だけど、親類縁者ではありません。
彼女の場合、「あざみ」と濁って読むそうです。
しかし、浅見って無意識に思わせぶりな態度を取るのですねぇ。
電話を切る間際に「メリークリスマス」(ちょうどクリスマス・イブの日だったので)なんて言われたら、
勘違いしますよねぇ。ホントに罪作りなんだから

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度★★★★

■特におすすめ!

  • 社会派志向の方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:浅見光彦 内田康夫

COMMENT 2

Tue
2012.04.03
21:56

mokko

URL

これは!

テーマ読み「いきものがたり」で読もうと思って購入したら
テレビで放送してくれちゃったもんで、ウッカリ見てしまった作品
よって本は読んでいないのですが(;^_^A
しかし元が短編だったとは驚きですねぇ~
長編に書き直すだなんて、すごい才能です
ドラマでも重い内容だなぁ~って思いました。
mokkoも昔、クジラのベーコン食べてましたよ(○ ̄m ̄)

Edit | Reply | 
Wed
2012.04.04
23:41

翠香

URL

mokkoさんへ

私はドラマの方は観ていないのですよ。
原作を先に読みたい派なので、未読本がドラマ化されると悩むのですよね~
ドラマを観た方のレビューによると、割と原作に沿っていたみたいですね。
原作ではヒロインは浅見と行動を共にしないのだけど・・・。

クジラのベーコン、昔ありましたよね!
でも調査目的の捕鯨は認められているようで、
鯨料理店もあるそうなので、(高級だけど)今でも食べられるみたいです。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?