毛髪再生

【琵琶湖周航殺人歌】 内田康夫

Category浅見光彦
 0  0

◆◇◆名探偵は『平成の色男』!?◆◇◆

浅見光彦シリーズ36
長編
講談社ノベルス 1990.1
講談社文庫 1992.7
  徳間文庫 1998.4
55TVドラマ化作品!(1990.7.3放送 主演:水谷豊)

琵琶湖周航殺人歌
琵琶湖周航殺人歌 内田 康夫

おすすめ平均
starsドンデンガエサナイ・・・ミステリー小説カナ・・・。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
◆新品でGETする→ 楽天ブックス  bk1  boople J book
◆中古でGETする→ ebookoff  古本市場 (トップページ)

■あらすじ

守山市は旧中山道沿いにある宿場町、古くから交通の要衝として栄えたが、いまの守山市は特徴のない田舎町といった風情である。ところが、その守山市出身の総理大臣がうまれたから、地元は大騒ぎだった。そんな中、歓迎されざる「変死事件」が起こった。「琵琶湖の水を守る会」のリーダー格のひとり広岡友雄が密室状態の部屋で服毒して死亡したのだ。疑惑の中の妻を救うべく立ち上がった浅見光彦の推理は?
(徳間文庫より)

■テーマ
  琵琶湖の水質汚濁問題
 ボート遭難事故

■舞台
 滋賀県彦根市
      大津市
      守山市
      米原市

■ヒロイン
 森史絵(新人OL)

■感想
 浅見の大学時代の友人・相川が浅見邸を訪れ、相川が恋慕する未亡人・順子にかけられている殺人容疑を晴らして欲しいと懇願します。相川は、内田康夫の小説を読んで、浅見の活躍を知り、名探偵ドノに依頼に来た訳です。
浅見光彦シリーズでは、浅見が解決した事件を、浅見の友人の「推理作家・内田康夫」が勝手に小説にしている(!)、ということになっています。
こういう書かれ方をされると、浅見は実在する人物なのではないかと思ってしまいますよね344。時々、浅見は軽井沢のセンセのことを(こっそり)悪態をついているのですが、ニヤニヤしながらワープロのキーをたたくセンセの姿が目に浮かぶなあ(笑)

 さて、未亡人にかけられた殺人容疑というのは、彼女の夫・広岡が自宅のダイニングキッチンで密室状態で服毒死した、というもの。警察の大勢は自殺という意見でしたが、一人横沢部長刑事だけは、殺人と主張。妻を犯人だとにらんで、ストーカーよろしく、しつこくつけまわしていたのです。
浅見はこの密室トリックをいとも鮮やかに解いて、皆の前で実演してみせます。このあたりは、さすがは名探偵という感じですね。

 そして、もうひとつのトリックがアリバイトリック。これがこの作品のキモとなります219
 明らかに怪しい人物がいるものの、その人物には完璧なアリバイがあり、しかも同じ場所に浅見も居合わせていたという「お墨付き」(笑)
 まさに人間の盲点を付く犯行。犯人はなかなかの知能犯のようです。

 ところで、浅見はどうやら石田純一似らしいです405 この作品が書かれたのは、トレンディドラマ全盛期の時代なので、モテ男のイメージだったのかなぁ。友人の相川が浅見に順子をとられるのではないかとヒヤヒヤしていたぐらいですから、浅見も『平成の色男』なんですね~(笑)

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • トリック物大好き!な方
  • 環境問題について考えたい方

◆◇◆関連本◆◇◆

琵琶湖周航殺人歌
内田 康夫 時友 美如
4253184952

←小説を読むのが苦手な人はコミックで読んでみましょう!
  浅見がなかなかイケメンに描かれています。
  小説とはまた違った楽しみがありますね。
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

浅見光彦内田康夫

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment