Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 似鳥鶏 > 葉山くんシリーズ > 【さよならの次にくる〈新学期編〉】 似鳥鶏

【さよならの次にくる〈新学期編〉】 似鳥鶏

 11, 2012

◆◇◆一目会ったその日から・・・◆◇◆

葉山君シリーズ2〈後編〉
短編集
創元推理文庫 2009.8


■あらすじ

名探偵の伊神さんは卒業、葉山君は進級、そして迎えた新学期。曲がり角で衝突したことがきっかけで、可愛い一年女子の佐藤さんと知り合った。入学以来、怪しい男に後をつけられているという佐藤さんのために、葉山君はストーカー撃退に奔走することになる。苦労性の高校生・葉山君の、山あり谷ありの学園探偵ライフ。爽快なフィナーレまで一気呵成に突き進む学園ミステリ、後編。

(創元推理文庫より)

■感想
葉山くんシリーズ第2弾後編です。2年生になった葉山くん、
『曲がり角でごつん』した縁で、ストーカー被害に遭っている希ちゃんのナイト役を務めることとなります。
柳瀬さんに強力なライバルが現れましたね。
「何故、葉山ばっかりモテるんだー!」という世の男性の嘆きも聞こえてきそうですが
(作中にもそういう後輩が現れます^^;)、今回は葉山くん、かなりほろ苦い経験をしますので・・・。
伊神さんが卒業して、探偵役は葉山くんになるのかと思いきや、やっぱり謎を解くのは伊神さん。
このお方は不思議なことがあれば、たとえ地の果てでもやってきますから(^^;)
今回は伊神さんの秘密も明らかになります。
それまで変人だと思っていたけれど、ちょっと株が上がりましたね(笑)
本作は5編の短編集ですが、〈卒業式編〉と合わせて物語の大きな流れがありますので、
ぜひ続けて読まれることをおススメします。


【第五話 ハムスターの騎士】
ストーカー被害に遭っている希ちゃんを助けるため、
葉山くんと柳瀬さんたち演劇部の有志でストーカー撃退作戦を決行する。
しかし、全ての校門を監視して不審人物がいなかったにも関わらず、
希ちゃんの携帯にストーカー男からメールが届き、指定の場所に首なし人形が置かれていた!
犯人はいったいどこから見て、どうやって先回り出来たのか?

初っ端からぞわっと怖くなる内容です。まあ種明かしをされればなんてことはないのだけど。
柳瀬さんは葉山くんに好意を持っていて、葉山くんもまんざらじゃなさそうなのに
(現に〈卒業式編〉ではデートもしている!)、
全然二人の仲が進展しないな~と思っていたら・・・ハムスターの騎士か、なるほど(^^;)
この著者、人物描写があまり上手くないので、今まで葉山くんの外見って
具体的にイメージ出来なかったのですよね。(よって表紙の男の子がそのままイメージに^^;)
でも、男としてはやはり女の子を護りたいよねぇ。

【第六話 ミッションS】
ミノからのミッションで、職員室からカードキーを盗み出し、偽物とすり替える羽目になった葉山くん。
ミッションは成功したが、依頼人の磯貝くんはトラブルでカードキーを元に戻せなかった。
ところが翌日、偽物とは知らず、カードキーを使った先生は難なく鍵を開けることができたのだ。
何故、そんなことが出来たのか?

葉山くんがカードキーを奪おうとするシーンはスパイ映画のようにドキドキしましたね~。
理由はともかく、トリックは良く出来ていました。伊神さんによって謎が明らかにされ、スッキリ~と思いきや、
実は真の動機が隠されていたという演出はなかなかですね。
いずれにしてもしょうもないことですが(^^;)全く授業中に何やってんだか・・・。

【第七話 春の日の不審な彼女】
演劇部の出張公演に泊りがけで同行することになった葉山くんと希ちゃん。
翌朝、葉山くんが目覚めると部屋の中にマネキンの惨殺死体(?)が。
葉山くんは鍵を肌身離さず持っており、スペアキーは使われていなかった。
犯人は鍵のかかった部屋にどうやって入ったのか?

またもや鍵の問題ですね。これが出来る犯人は一人しかいないし、伏線も割と分かり易いです。
ここでのお話は色んな意味でショッキングでした。葉山くんにとっては特に。
あまりのことに壊れかかっていたし・・・。
希ちゃんって、顔に似合わずしたたかな女の子なんですねぇ。
米沢穂信さんの小市民シリーズの小佐内さんを思い出しましたよ(^^;)
それはともかく、胸元から手が~!キャー!

【第八話 And I'd give the world】
葉山くんは希ちゃんを喫茶店に呼び出した。希ちゃんがまだ隠していることがあると思ったのだ。
彼女は真実を語り始める・・・。

もち上げられ、落とされ、また上げられと葉山くんは本当に忙しい(^^;)
ここでついに伊神さんの秘密が明らかにされます。
〈卒業式編〉で不思議に思っていたことが氷解しました。

【第九話 「よろしく」】
僕のしたことは本当に正しかったのか?──葉山くんは数日間悩み続けていた。
そんな葉山くんを伊神夫婦が訪ねてくる。

家族の問題に他人が(しかも高校生の分際で)口を差し挟むのは確かに出過ぎたことだと思う。
少年探偵が大人の事情に首を突っ込む作品には少なからず抵抗を覚えますが、
本作は分相応でよかったと思います。最後は爽やかな気分で読み終えることが出来ました。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267267
◆冷や汗度404404404404
◆満足度★★★★

■特におすすめ!

  • 前編〈卒業式編〉を読んだ方
  • 学生の方
  • 青春ミステリが好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:似鳥鶏

COMMENT 2

Fri
2012.04.13
22:09

mokko

URL

なんか・・・

前作よりすごく楽しんでいるのがわかります
っていうか面白そうだし(^◇^;)
さすがに評価が高いですねぇ~
やはりこれはシリーズを通して読んだ方が楽しめそうですね
小市民シリーズは積んでいるので、キャラがわからないのが
ちょっと悔しい!(^◇^;)

Edit | Reply | 
Sat
2012.04.14
18:10

翠香

URL

mokkoさんへ

そうなんです。回を追うごとに面白くなってきました~。
でもあとがきはまたくどくどと書いているのですよね(^^;)
せっかく本文が良かったのに、興ざめなんだよな~
どうもこの著者の性格みたい。

小市民シリーズの小佐内さんは、
他人に何かされたら必ず復讐するという、こわーい女の子なんです(^^;)
本作の「希ちゃん」はそこまで怖くはないけど。
小市民シリーズはたくさんのスイーツv-274が出てくるので、ヤバいです!(笑)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?