Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 土曜ワイド劇場 > 土曜ワイド劇場【ミステリー作家六波羅一輝の推理(2)京都・陰陽師の殺人】

土曜ワイド劇場【ミステリー作家六波羅一輝の推理(2)京都・陰陽師の殺人】

 23, 2012

◆◇◆旧家のしきたりが招いた悲劇◆◇◆

■放送日時
  2012年4月21日 テレビ朝日 土曜ワイド劇場 21時30分~23時21分

■番組名
  ミステリー作家六波羅一輝の推理(2)京都・陰陽師の殺人

■原作
  鯨統一郎「作家六波羅一輝の推理 京都・陰陽師の殺人」(中央公論新社刊)

■CAST
 六波羅一輝    上川隆也
 北村みなみ    横山めぐみ
 三方まゆみ    中山エミリ
 目 一        金子 昇
 真庭燿介      大浦龍宇一
 堂間凌子      木内晶子
 大槻 賢       山下徹大
 住職         竜 雷太
 三方成美      夏八木勲

             ほか

■あらすじ

京都へ取材旅行へやってきた崖っぷちミステリー作家・六波羅一輝とその担当者・北村みなみ。学芸員の堂間凌子の案内で、陰陽師の目一のいる護摩堂へ向かうが、目は、急病人の祈祷のために東京へ行くと言い残し、立ち去ってしまう。戸惑う一輝とみなみだったが、凌子の計らいで三方家の屋敷に泊めてもらうことになる。三方家は京都の名家で、当主、三方成美の一人娘、まゆみの婚礼が整い、許嫁で名門子息の大槻賢の姿もあった。
そんななか、まゆみの許嫁の大槻が殺害される。現場には、陰陽師が使う人形(ひとがた)が残されていた。これを見た一輝は、目の護摩堂で見た人形と同じだと気づき、再び、目を訪ねる。すると目は、式神を使って大槻賢を呪い殺したと刑事に告げていた。だが、殺害時刻に目は東京で祈祷していたはず。案の定、目のアリバイが成立する。完璧なアリバイと式神による殺人!これをそのまま小説にいただこうと喜ぶみなみだが、当の一輝は、式神に殺せるはずがないと、事件の推理にのめりこんでいく。

■感想
前作の【ミステリー作家 六波羅一輝の推理 白骨の語り部】が好評だったようで、
期待通りシリーズ化の運びとなりました\(^0^)/わーい
2作目とあって、上川隆也さんと横山めぐみさんの息もぴったりですね。
ぬぼーとしてあまりやる気の感じられない一輝と、
一輝の尻を叩いて、何とか小説を書かせようと躍起になる編集者、なかなかいいコンビです(笑)
小説が売れず、崖っぷちに追い込まれた一輝だが、このままではみなみの首も危ない。

傑作を書くか、辞表を書くか

それが問題だ。ハムレットですねぇ(^^;) 

ちなみに、ドラマでは今回が2作目ですけど、
原作の『作家六波羅一輝の推理 京都・陰陽師の殺人』は、シリーズ3作目になります。
内容もちょっと違うようで、一輝は、まゆみから手紙を貰って現場に赴くようです。
まゆみの名字も「三方」ではなく「四方」になってます。ドラマでマイナス1にしたのには何か意味があるのかな?
原作は未読なので(手元にはある^^;)、そのうち読んでみたいですね。 

さて、今回はタイトルからも分かるとおり、陰陽師がテーマとなっています。
最初からインチキ臭さムンムンでしたねぇ(^^;)
炎が、龍が踊るかのように舞い上がったトリック、知りたかったなぁ。
あれはCGです、なんて無粋なことは言わないように。
しかし、式神を使って呪い殺したというのは、安倍晴明の時代なら、皆信じたかもしれないけど、
現代ではかなり無理ありますよね~
成美に「私をここで呪い殺してみろ」と言われ、「このような場では無粋というもの」と言い逃れ。苦しいな(^^;)
そのくせ、犯行声明文をネットで公開。なぜか現代風な陰陽師(笑)
それでも赤い筆文字で手書きされているのは、陰陽師のこだわりか?

大槻が殺された時、第一発見者の舞妓が「大槻さんに外で会わないかと言われた」と供述していたので、
てっきり、まゆみと大槻の結婚は所詮は親たちが決めた政略結婚、
大槻は他に女を作って遊んでいたのね~と思ったのですが、逆でしたね。
いや、実際には大槻は遊んでいたのかもしれない。政略結婚も疑いようがないし。
だからこそ、まゆみに他に恋人が出来て破談になるのは困るわけか。

しかし、なんとも時代錯誤な慣習ですねぇ。
成美も大槻が死んでも、結婚の日取りは変えたくないからって別の男をあてがうなんて、むちゃくちゃな・・・。
道具のように扱われたまゆみがかわいそう。
だけど、隠された真相を考えると、成美の行動はどうも腑に落ちないのですよね。
まゆみと八木を引き離すように大槻に命じたが、大槻は八木を殺してしまう。
成美は「殺せとまでは言っていないのに、バカな男だ」と言っています。
この時点でどうして破談にしなかったのだろう。大槻の器の小ささは分かったはずなのに。
八木を殺してしまったという、共犯意識ですかねぇ。
ここで英断を下していれば、こんな悲劇は起こらなかったのに

あと、精神科医の真庭はいったい何だったのだろう?
顔の痣が気になっていたので、過去に何かあるのかと思っていたのですが、ただの演出?
まゆみに「私はこの家を離れるつもりはありません」ときっぱり断られ、嘆き悲しむ真庭。
何だか女々しくてキモかった(^^;)

また、舞台が京都だったので、景色も楽しむことが出来ました。
赤い鳥居のトンネルが続く参道でのシーンは幻想的でしたね。
さすが京都!という感じです。

原作でもシリーズが続いているようなので、いずれドラマも続編が作られるでしょうね。
一輝に傑作ミステリーが書けたのか!?
次回を楽しみに待ちましょう(^^)

■参考
 「ミステリー作家六波羅一輝の推理(2)京都・陰陽師の殺人」
 ~洋館に響く悲鳴!呪いで人は殺せるか!?推理オタクが挑む!華麗な一族 千年の秘密!!~

  ↑番組HPです。

  ↑原作本です。
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:土曜ワイド劇場 鯨統一郎 六波羅一輝

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?