Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 浅見光彦(ドラマ) > ドラマ【浅見光彦シリーズ第44弾 砂冥宮】

ドラマ【浅見光彦シリーズ第44弾 砂冥宮】

 28, 2012

今回の作品は、中村俊介さんにとっても、浅見光彦にとっても節目の作品になりました。

■放送日時
  2012年4月27日 フジテレビ 金曜プレステージ 21時00分~22時52分

■番組名
  浅見光彦シリーズ第44弾『砂冥宮』

■原作
  内田康夫『砂冥宮』

■CAST
 浅見光彦    ・・・中村俊介
 浅見陽一郎  ・・・榎木孝明
 浅見雪江    ・・・野際陽子
 須賀絢香    ・・・三倉茉奈
 轟栄       ・・・ダンカン
 藤田編集長  ・・・小倉久寛
 中島峰子    ・・・日色ともゑ
 中島由利子  ・・・姿晴香
 須賀智文    ・・・黒部進
 黄金井達夫  ・・・林与一
 大脇忠暉    ・・・寺田農
                      ほか

■あらすじ

浅見光彦が泉鏡花の「草迷宮」について取材した名門旧家の須賀家当主、智文が石川県の安宅の関跡で遺体で発見された。智文は泉鏡花記念館を訪れた後、北陸鉄道浅野川線に乗り、終点の内灘駅で降り、アメリカ軍の砲弾試射場跡を訪れたようだ。基地反対の内灘闘争があった場所だ。浅見は祖父の死の真相を知りたい絢香のために事件の解決に奮闘する。
(とれたてフジテレビHPより)

■感想
中村俊介さんは、今回の作品で出演30作目、また、今年は放送開始から10周年となるのに加え、
内田康夫先生の小説に浅見光彦が登場してから30周年と記念尽くしとなりました
中村俊介さんの出演第1作は、『金沢殺人事件』だそうです。
今回の作品も、舞台が金沢。やはり縁を感じますね。
撮影は冬の大寒波が来ているときだったそうで、かなり寒かったとか。
画面からも、雪が積もっている景色が映り、寒さが伝わってきました。

今回は、泉鏡花ゆかりの土地を取材するという設定になっていましたが、
泉鏡花といえば、ホラーテイストな話を想像しますよね(^^;)
あの手鞠歌もちょっと不気味な感じだったので、

これは、見立て殺人か!?

と思ったのですが、違いましたね(^^;)
泉鏡花は、残念ながらあまり関係なかったですねぇ。

今回の事件の背景にあったのは、内灘闘争。
内灘闘争については、今回初めて知りました。
戦後の混乱期には、各地で色々なことがあったのですね。勉強になります。

今回のヒロインは、三倉茉奈さん。
いつもマナカナ二人でワンセットで見ていたので、おひとりで出演というのは珍しいかも。
でも、どっちがどっちなのかはよく分からない(笑)

途中までずっと、大脇が怪しいと思っていたので、殺されてしまってびっくり。
だって寺田さん、物陰から様子を窺っていたり、浅見から逃げるように去って行ったりと、
いかにも怪しすぎですよね(^^;)

今回は刑事役のダンカンさんが良かったなぁ
武骨な田舎刑事の風貌がよく似合っていたし、
義父が殺され、家族からは早く犯人を捕まえてと言われていたのに、捜査からは外される。
そんな心の葛藤がよく表現されていたと思います。

だけど今回は、ラストが何だかもやもやした気分になってしまった。
私利私欲の為に、邪魔者になる旧友を殺すことも厭わない、
そんな男に悔恨を促すのはやはり無理でしょう
浅見が最後に念を押すように言った言葉がなんだかむなしく響きました。
かといって、あの場で峰子の手を取り、すみませんでしたと詫びるのも陳腐か・・・。
うーむ、何だかすっきりしない。

最後の子供歌舞伎の勧進帳、良かったですね。
弁慶役の女の子、かなり練習したのでしょうね。
こういう伝統芸能が観られるのは、ドラマの利点ですね。

■参考

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:浅見光彦 内田康夫 中村俊介

COMMENT 2

Sun
2012.04.29
23:51

nemurineko

URL

翠香さん今晩は

これ見るの忘れてたんですよ、仕事から帰って見なきゃと思ってたのに(^^;
TVの浅海光彦シリーズは久しぶりだったんですけど中村さんに変わってまだ見て
なかったのに・・・
榎木孝明さんの時はよく見てましたがお父さん役で出てるんですね
ところで今日本屋に行って内田康夫さんの本を5冊買いました。
本当に多いですね~とりあえず地元が舞台の湯布院殺人事件を買ってますが
浅海光彦シリーズは1冊しかかってないことに気が付きました
でも他の作品も魅力的だったのでいいですけど

Edit | Reply | 
Mon
2012.04.30
17:51

翠香

URL

nemurinekoさんへ

それは残念。
私は逆に榎木光彦はほとんど観てなかったのですよね。
辰巳光彦はよく観ていたのだけど。
榎木さんは、現在は兄・陽一郎役で出演しています。
エリートらしい雰囲気がよく似合ってますよ(^^)

「湯布院」はフルムーン探偵シリーズですね。
私はまだ読んでいないのですよね。本は持っているのだけど(^^;)
他4冊は何を買ったのでしょう?
レビュー、楽しみにしていますね。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?