Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 内田康夫 > 浅見光彦 > 【歌枕殺人事件】 内田康夫

【歌枕殺人事件】 内田康夫

 31, 2007

◆◇◆浅見、『末の松山越ゆ』る?彼女に嫉妬◆◇◆

浅見光彦シリーズ38
長編
FUTABA NOVELS 1990.7
 
双葉文庫 1993.5
  角川文庫 1996.4
  双葉社 1997.12
  ハルキ文庫 2000.5
55TVドラマ化作品!(2009.10.2放送 主演:中村俊介)2009.10.1追加

歌枕殺人事件
歌枕殺人事件内田 康夫

おすすめ平均
stars秋の夜長に・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
◆新品でGETする→ 楽天ブックス  bk1  boople J book
◆中古でGETする→ ebookoff  古本市場 (トップページ)

■あらすじ

浅見家では正月にカルタ会が催される。その席で浅見光彦はカルタ界の女王朝倉理絵に辛勝した。勝敗を分けたのは理絵が執着した一枚の札。理由は彼女の父親が三年前に“末の松山”の松の下で殺されたからだった。しかも事件は未解決のままで、父の手帳に書き込まれた「白浪、松山を越ゆ」が唯一の手がかりだという。真相を追って浅見は宮城県へ赴くが、そこでは十二年前にも歌枕にまつわる殺人事件が発生していた!
古歌に封印された謎を手操って名探偵浅見光彦がふたつの難事件に挑む!! 旅情ミステリー。
(角川文庫より)

■テーマ
  歌枕(末の松山)

■舞台
  宮城県柴田郡川崎町
       仙台市
       多賀城市
  福島県いわき市

■ヒロイン
  朝倉理恵(24・5歳・会社員)

■感想
  浅見家では、正月に恒例のカルタ会が催され、十数年チャンピオン20の座に君臨する、光彦坊っちゃまと、東京都カルタ大会の女王・朝倉理絵が決勝戦で対戦。浅見は理絵のお手つき222356を誘い、辛くもチャンピオンの座を死守します。正月にカルタ会とは、いかにも上流階級の風流なお遊びですね。やっぱり浅見はお坊ちゃまなんですねぇ。ちなみにここでいう、『カルタ』とは『百人一首』のこと。「犬も歩けば棒にあたる」のいろはがるたではありません。

  今回のテーマは一貫して、歌枕『末の松山』になります。歌枕──というのは、説明が難しいのですが、古い歌や文学作品を元に色々な歌人によって何度も読まれた地名のことです。(詳しくは本文に説明がありますので、そちらを参照してください)そこで、『末の松山』というのは、『波』・『越す』という言葉とセットになって、波が末の松山を越える→そんなことはありえない。→あなたの愛を裏切ることはない──といった『愛の約束』を表す言葉として使われます。和歌は三十一文字(みそひともじ)の中にいろいろな意味を込めるので、奥深いですね。

  浅見は、理絵の父が3年前に殺され、未解決になっている事件の調査に乗り出します。事件の調査を続けるうちにまた新たな事件が起こる──というのが、よくあるパターンなのですが、今回は後から露呈したのは、なんと12年前の事件。しかも二つの事件は共に『末の松山』がらみ。偶然とも思えず、さりとて12年前の被害者と理絵の父とは接点がない。過去に起こった二つの事件をどうやって一本の線につなぐかが浅見の腕のみせどころ。91

  今回、浅見にしては珍しく嫉妬を感じていましたね。理絵に冷たい態度を取ったりして・・・頭脳明晰な名探偵も恋愛のこととなるとダメなんですねぇ・・・。390

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • 和歌が好きな方
  • 百人一首が好きな方

◆◇◆関連本◆◇◆

QED―百人一首の呪
QED―百人一首の呪
 
【QED-百人一首の呪】 高田崇史

←百人一首について興味を持たれましたら、こちらもどうぞ!
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:浅見光彦 内田康夫 歌枕

COMMENT 2

Fri
2009.06.05
18:54

yueyue

URL

No title

はじめまして!
アサミスト関係のブログを検索していた時、偶然拝見しコメントさせていただきます。

私はまだ初心者アサミストで浅見シリーズを歌枕まで読破しました。軽井沢が好きで旅行に行った時に、偶然内田先生が在住されていることを知り、そのキッカケで読み漁ってます。浅見の性格は、共感できる分もあれば、ヤキモキさせられたり、人間味があって、楽しませてもらってます。

Edit | Reply | 
Sat
2009.06.06
00:28

翠香

URL

yueyueさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
アサミストの方からコメントいただけるとうれしいです(^^)
軽井沢旅行がキッカケとは珍しいですね。
浅見光彦の家には行かれたのでしょうか?
来週には『美濃路殺人事件』がドラマ放映されるので、そちらの方も楽しみですよね。
また作品の感想など聞かせてくださいね。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?