Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 海外ミステリ > 【鏡のラビリンス】 ジェイン・アン・クレンツ

【鏡のラビリンス】 ジェイン・アン・クレンツ

 25, 2012

◆◇◆真実を映し出す鏡◆◇◆

ジェイン・アン・クレンツ(シリーズ外)
長編
二見文庫 2005.12


■あらすじ

これを読んでるってことは、私は死んだってことね──ある晩レオノーラの元に届いた一通のメール。発信者は数日前事故死した美貌の詐欺師メレディス。そこに残されていたのは、自殺したある女性と古い殺人事件へ繋がる謎のメッセージだった。手がかりは、霧が立ちこめる小さな入り江の大学町。無数のアンティークミラーが眠る大学内の館で臨時司書の職に就いたレオノーラは、同じ謎を追う男トーマスと共に危険な探偵稼業に乗りだすが・・・・・・傑作ロマンティックミステリ。

(二見文庫より)

■感想
テーマ読み【迷宮】第3弾は、【鏡のラビリンス】です。
今回は英語で『ラビリンス』を選びました(^^)
でも原題は『Smoke in Mirroros』で、『labyrinth』ではないのですね。

初めましての作家さん。というより、二見書房自体、読むのが初めてかも(たぶん)。
ロマンス小説って、普段は全く読みませんからねぇ(^^;)
このテーマ読みがなかったら、おそらくお目にかかることはなかったでしょうね。
これぞテーマ読みの醍醐味ってワケです(*・∀-)b

この作家さんは、ロマンス小説の分野では有名な方のようです。
本作は、ロマンス小説をミステリ仕立てにしてみました~という感じ。
でも、プロローグはホラーっぽい雰囲気を醸し出しています。

古い鏡が立ち並ぶ廊下を、幻覚でふらつきながら進む女性。
その女性を追いかける殺人者。
彼女は図書室のオフィスにある本に殺人者を指し示し、持っていた封筒とともに殺人者から隠す。
そして・・・。

鏡がたくさん立ち並ぶ廊下ってかなり気味が悪いですよね。夜には絶対通りたくない・・・。
しかもこれらの鏡はアンティークで黒ずんだ上に、ドラゴンやグリフィンやスフィンクスなどの
装飾で縁どられているので、迫力満点なんです(^^;)

さて、この物語の主人公は、図書館司書のレオノーラ・ハットン。
彼女は、友達のメレディスが自動車事故で亡くなり、遺品整理の為、メレディスのアパートにいた。
そこでトーマスと彼の愛犬・レンチと出会う。
メレディスは大学の寄付基金を横領し、その容疑をトーマスの弟・デイクに向くように画策していた。
レオノーラはメレディスの共犯者だと疑われたのだ。

一方、デイクの妻・ベサニーは、1年前、自動車ごと崖から転落して死亡していた。
警察は自殺として処理したが、デイクはベサニーは何者かに殺されたのだと信じていた。
その後、ベサニーとメレディスの死には、共通点があることが分かり、
レオノーラとトーマスは手を組み、二人の女性の死の真相を探ることに。

レオノーラとトーマスは、出会いこそ険悪なムードでしたが、徐々に二人は惹かれあい、愛し合うようになります。
この2人の他、デイクとヨガのインストラクターのキャシー、
レオノーラの祖母・グロリアとグロリアが創刊したネット新聞のコラムニストのハーブという
三組の恋のゆくえも見どころの一つです。
しかし、老齢カップルはともかく、他の4人はいずれもうじうじと悩んでいて、何とも歯がゆい(^^;)
こういうところがいかにもロマンス小説という感じですねぇ。
そんな中、グロリアはなかなかのスーパーウーマン。
歳を取ってから、コンピュータを学び、ネット新聞を創刊する・・・凄いバイタリティです

事件は、30年前の未解決殺人事件に端を発していました。
レオノーラとトーマスが事件を嗅ぎまわるのを封じ込めるように、二人は何度か命の危険に晒されるハメに・・・。
さらに新たな殺人事件が起こり、犯人の自殺でけりが付いたと思われたのですが──。

犯人は実に意外な人物でした。
でも伏線は全くないので、読者が推理して犯人を当てるのは難しいですね。
やはりロマンス小説のラブサスペンス風と見るのがよさそうです。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • 女性の方
  • ロマンス小説が好きな方
  • 犬が好きな方

◆テーマ読み迷宮◆
迷宮バナー

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:ジェイン・アン・クレンツ

COMMENT 4

Tue
2012.06.26
07:39

mokko

URL

かぶりました(^◇^;)

この作品買ってましたぁ~
そうかぁ~伏線無しで推理・・・mokkoは無理そうです(^◇^;)
そこそこ楽しめてるみたいなので安心して読めそうです♪

mokkoのTBですが、OCNの方で送っていて、成功したことになってるんですよね
こちらで表示されてないみたいなので、gooのブログから
送ったら届いてるみたいです。
今後はgooブログの方からTBしますね<(_ _)>

Edit | Reply | 
Tue
2012.06.26
09:15

miroku

URL

これ・・・

私もチェックしたのですが、“ロマンチック・ミステリー”というのに悪い予感が・・・。(^◇^)

海外作家の開拓は難しいですね。
翻訳上の問題もあるし、表現も違うし・・・。
気に入ったものを見つけても、翻訳数が極端に少なかったり・・・。
面白いものは、日本のものと比べて、スケールが格段に違うのですけどねえ。

Edit | Reply | 
Wed
2012.06.27
00:05

翠香

URL

mokkoさんへ

今回は「迷宮」一本に絞った上に(迷路もOKにしたけど)、参加者も増えたので、
被るのは避けられないと思います。
実はmirokuさんとも3~4作ほど被っているのですよね(^^;)
始めは避けようとしたけど、開き直ってお互いの感想を読みあうのも一興と思うことにしました。

いえいえ、伏線がなかったらどんな名探偵でも「この謎、無理っ!」って言いますって(^^;)
ま、犯人の意外性はありますけどね。

TBの件、了解しました。
無事届いたので、よかったです(^^)

Edit | Reply | 
Wed
2012.06.27
00:15

翠香

URL

mirokuさんへ

これはもう完全に女性向きですね(^^;)
私も普段はロマンス小説は全く読まないので、どんなもんだろうと思いましたが、いやはや。
「ロマンス小説のサスペンス仕立て2時間ドラマ風」ってとこでしょうか(苦笑)

確かに同じ作品でも翻訳によってかなり雰囲気が変わりますよね。
最近では新訳が続々出てきたので、以前に比べて読みやすくなったと思います。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?