Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 柄刀一 > 南美希風 > 【OZの迷宮】 柄刀一

【OZの迷宮】 柄刀一

 08, 2012

◆◇◆名探偵の宿命リレー◆◇◆

南美希風シリーズ1
連作短編集
カッパ・ノベルス 2003.6
  光文社文庫 2006.5


■あらすじ

 被害者は密室にいながらにして矢で殺され、あるいは自らが描いた絵の中で溺れ死ぬ・・・・・・。犯人は密室に閉じこめられたまま殺人を犯し、足跡を残さずに雪道を歩く・・・・・・。奇想天外な謎の数々を、名探偵の宿命を受け継ぐ者が、鮮やかに解決してゆく。
 前代未聞のトリック、水も漏らさぬロジック、衝撃的なラスト──本格推理小説の奇跡的到達点がここにある!

(光文社文庫より)

■感想
テーマ読み【迷宮】第5弾は、【OZの迷宮】です。
水からOZへ・・・韻を踏んでます(笑)

柄刀作品を読むのはこれが2作目です。しかし、どうも読みにくいのか、読了までに時間が掛かりました(^^;)
決して文章が下手だからということではなく、舞台設定が複雑で、
何度も読み返したり、見取り図を見直したりしないと状況が把握できないのですよね。
さらに途中で舞台がアメリカに移るので、アメリカ人の名前を覚えるのに四苦八苦・・・。

本作は8編の短編集です。まずは各編のあらすじをざっくりとご紹介しましょう。


【密室の矢】
函館市近郊の山裾にある山荘で殺人事件が発生。
被害者はこの家の主人で、左胸を矢で射ぬかれた傷で死亡した。現場は完全なる密室状態だったが・・・。

【逆密室の夕べ】
スイミング・スポーツクラブのオフィスとシャワールームで管理職である兄弟の死体が相次いで発見された。
そして別の管理職の一人はシャワールームの先にある用具室に閉じ込められていた。

【獅子の城】
レストラン「蘭駄夢」から車で15分ほどの森林の中で男性の遺体が発見され、
被害者に借金をしていた的場雅人が逮捕される。
雅人の兄で新聞記者の俊夫は弟の無実を信じ、蘭駄夢のオーナー・シェフに知恵を借りに行くが・・・。

【絵の中で溺れた男】
ヴァージニア州にある、奇矯な芸術家宅で、当主が二階にある密室状態のアトリエで溺死していた。
イーゼルに載っていた油彩画には川が流れており、その中に溺れた人が描きこまれていた。

【わらの密室】
ヴァージニア州の地方検事宅で秘書兼付き人の惨殺死体が発見された。
同じ部屋の中には、何者かに頭を昏倒された弁護士もいた。
この部屋の鍵は一つしかなく、部屋の隅に落ちていたのだが・・・。

【イエローロード】
川辺でOLが発見した老人の他殺死体。
その手には百円硬貨が2枚、五十円硬貨が1枚、十円硬貨が5枚握られていた。

【ケンタウロスの殺人】
モンタナ州で、上半身が人間で下半身が馬である白骨が発見された。
この土地では4年前にもまるで生きているケンタウロスが殺人を犯したかのような不可解な事件が発生していた。

【美羽の足跡】
児童養護施設の斜向かいの家にあったウサギの玩具がなくなった。
美羽はその先の倉庫まで歩いて行ったのだが、その家の裏口付近から美羽の足跡が消えてしまったため、
ウサギを盗んだと疑われてしまう。

短編は全て独立したお話ですが、それぞれに密接なつながりがあるので、順番通りにお読みくださいね。

さて、実は本作、ミステリとしては掟破りの作品なのです。
この短編集には都合、3人の探偵が登場します。
それはまるでバトンをリレーしていくかのように、探偵役が変わります。
このバトンリレーがまさに驚天動地の方法なのです。探偵小説のお約束を完全に無視しているのですから・・・。
特に【わらの密室】では、まさかの展開に度肝を抜かれました。
しかし読者の気持ちを置き去りにしたまま、次々と短編は進みます。
ようやく最後の短編で、そういうことだったのかと一応納得したのですが、何だか消化不良な感が。
結局【わらの密室】の事件は放置したままなの?
それにそれまで奇想天外な殺人事件が起きていたのに、最後だけ、ファンタジックな日常の謎もの
(しかもトリックは簡単に分かる)で浮いている。
なんだかな~と思っていたら、なんとこれで終わりではなかった!
「本編必読後のあとがき」はあの人物が書いているではないですか!やられた~。
しかし随分と負けず嫌いな人ですねぇ(^^;)

ところで、3人目の探偵がシリーズキャラになるそうですが、あの人はその後も関わっていくのでしょうか?
私、気になります。(何故か千反田さん風w)

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度★★★★

■特におすすめ!

  • パズラーが好きな方
  • ちょっと変わったミステリをお探しの方
  • ファンタジーが好きな方

◆テーマ読み迷宮◆
迷宮バナー

スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:柄刀一 南美希風

COMMENT 4

Mon
2012.07.09
20:38

mokko

URL

これは・・・

テーマ読みで一番読みたかった本なんですよぉ~
しかし!注文直前に売り切れ(/□≦、)
しかたなく外しちゃったんですぅ~
おかげで1作品大慌てで探すハメになりました
探偵が変わるっていうので興味津々だったけど
どうやら隠し球があるみたいですねぇ~
テーマ読みからは外したけど、後で読みたい作品です!

Edit | Reply | 
Mon
2012.07.09
22:14

翠香

URL

mokkoさんへ

私もあらすじを読んで一目ぼれした作品です。
近所のブックオフで普通に売ってましたよ(^^)v
ミステリの手法としては、特に真新しいものでもないのですが、
とにかく探偵のバトンタッチの仕方が尋常じゃないです。
テーマ読みにかかわらず、ぜひ手に入れて読んでみてください♪

Edit | Reply | 
Tue
2012.07.10
17:11

miroku

URL

驚天動地

・・・というか、普通、こういうこと・・・やらないですよね。
作家は主人公に愛着がある・・・はず。
まあ、ドイルもホームズを一度・・・してますが。
あれは、シリーズを終了させたかったからであって・・・。
しかし、この思い切りの良さは、いっそ清々しいです。
読者を驚かせ、喜ばせるためなら何でもやる!
柄刀さんって、良いですねぇ♪
来月は、何作か読みたいと思っています。

Edit | Reply | 
Tue
2012.07.10
22:59

翠香

URL

mirokuさんへ

いやあ、本当にびっくりしました。
推理小説のお約束というか、暗黙の了解をこれほどまでに無視するとは!
でも、一つ一つの短編は奇想天外な謎で面白いし、
南美希風という探偵の誕生譚と見れば、よく出来たお話なのかな~と。

柄刀さん、三月宇佐美のお茶の会シリーズも、
ワンダーランドに誘われて面白いですよ♪

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?