Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 東野圭吾 > 【犯人のいない殺人の夜】 東野圭吾

【犯人のいない殺人の夜】 東野圭吾

 11, 2012

◆◇◆愛が殺意に変わる時◆◇◆

東野圭吾(シリーズ外)
短編集
光文社1990.7
 光文社文庫1994.1
55TVドラマ化作品(フジテレビ系列 主演:唐沢寿明・坂口憲二ほか)


■あらすじ

親友が死んだ。枯れ葉のように校舎の屋上からひらひら落ちて。刑事たちが自殺の可能性を考えていることは俺にもわかった。しかし・・・・・・。高校を舞台にした好短編「小さな故意の物語」。犯人がいないのに殺人があった!? でも犯人はいる・・・・・・。さまざまな欲望が交錯した一夜の殺人事件を描いた表題作など、人間心理のドラマと、ミステリーの醍醐味を味わう傑作七編!
(光文社文庫より)

■感想
テーマ読みも半分が終了したので、ひとまず小休止。
この7月から始まりました、ドラマ東野圭吾ミステリーの原作本です。
本作は7編からなる短編集ですが、うち5編がドラマ原作(55マーク)となっています。


【小さな故意の物語】55(主演:三浦春馬)
親友で幼馴染の行原達也が、校舎の屋上から転落死した。
慎重派の達也が何故屋上の柵に上ったりしたのか?屋上にはたった一人でいたという。
納得の出来ない良は、独自に達也の死を調べ始める。

ほろ苦いというにはあまりにも苦すぎる青春が描かれています。
達也はちょっと鈍感で、あきらめが良すぎて、一途なだけだったのだけど・・・。
恋が故意に変わるのは、なんて残酷なことなのでしょう

【闇の中の二人】
信二の3カ月になる弟が何者かに殺された。
庭に面したガラス戸の鍵が掛かっていなかった為、賊が押し入ったと思われた。
しかし、鍵が開いていたのは、別の理由があった・・・。

中学生という多感な時期に、こういう家庭環境にあり、こんな形で経験してしまったのは不幸でしたね。
本当の意味で誰が加害者で誰が被害者なのか、分からなくなります。

【踊り子】
孝志には水曜日の英語塾の帰りに密かな楽しみがあった。
お嬢さん学校のS学園の体育館で新体操の練習をする少女を見ることだった。
孝志は差し入れに手紙を添えて玄関に置くことを3週繰り返した。しかし、4週目から彼女は練習に来なくなった。

ただお近付きになりたいという気持ちがこんなことに・・・。
知らなかったとはいえ、違うアプローチをしていたらこんな結果にならなかったでしょうに。
やっぱり孝志には本当のことは言い辛いですよね

【エンドレス・ナイト】55(主演:松下奈緒)
厚子は夫・洋一が何者かにナイフで刺されて死んだという知らせを受け、急遽、大阪へ向かう。
厚子が大阪を毛嫌いしていた為、洋一は単身赴任していた。
この事件を担当する刑事は何故か厚子を大阪の街へ連れ回すのだが・・・。

大阪出身の東野さんがこういうお話を書かれるとは意外ですね。
逆に大阪っていいところだよって言いたかったのかも。
大阪が人を狂わす訳ではないですが、因果は巡るといいますか・・・。

【白い凶器】55(主演:戸田恵梨香)
A食品材料課の課長と係長が相次いで不審死を遂げた。
二人を殺す機会があったのは、中町由希子という女子社員だけ。
彼女は不幸続きの境遇にあったが、二人の死に接点はない。
しかも課長殺しは女性一人の力では無理だと思われた。

事件の背景にある問題は、昔に比べれば改善されてきたと思います。
私もかつて悩まされましたよ。病院に行く羽目になったし・・・。(治療費出せ~と言いたい)
でも逆恨みもいいとこなので、これで殺された方はたまりませんね(^^;)

【さよならコーチ】55(主演:唐沢寿明)
実業団のアーチェリー部のコーチ、石上純一は愛弟子である望月直美を自殺という形で失う。
オリンピック出場を逃したことが原因だった。直美は遺書ともいえるビデオレターを残していた。

アーチェリーといえば【放課後】を、「自殺」の方法は【どちらかが彼女を殺した】を彷彿とさせますね。
真面目な人ほど挫折を味わうと思い詰めてしまうもの。
コーチは弟子の引退後の人生まで引き受けることは出来ない。
それだけ厳しく自分を律していかないといけないですね。

【犯人のいない殺人の夜】55(主演:坂口憲二)
世界的な建築家・岸田創介宅で一人の女が殺された。
次男の犯行を隠蔽するため、家庭教師の拓也にも協力を仰ぐ。
しかし、その女の兄が行方不明の妹を探して、岸田家にやってきた・・・。

これは秀逸でした!さすが表題作だけのことはありますね。
タイトルの意味を考えながら読んでいましたが、そういうことでしたか!
2人の視点で時間軸をずらして書かれていたのも意味があったのですね。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267267
◆冷や汗度404404
◆満足度★★★★

■特におすすめ!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:東野圭吾 ミステリー

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?