Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 東野圭吾ミステリーズ > 東野圭吾ミステリーズ「犯人のいない殺人の夜」

東野圭吾ミステリーズ「犯人のいない殺人の夜」

 13, 2012

木曜劇場 東野圭吾ミステリー。第2話は坂口憲二さん主演『犯人のいない殺人の夜』です。
これは原作の表題作でもある作品。
なかなか秀逸な作品なので、ドラマではどう表現されているのか、気になるところです。

■放送日時
2012年7月12日(木) フジテレビ系列 22:00~22:54

■番組名
木曜劇場 東野圭吾ミステリーズ「犯人のいない殺人の夜」

■原作
東野圭吾 犯人のいない殺人の夜『犯人のいない殺人の夜』(光文社文庫)

■CAST
  佐藤拓也    ・・・坂口憲二
  岸田創介    ・・・白井晃
  岸田時枝    ・・・雛形あきこ
  高野刑事    ・・・中原丈雄
                 ほか

■ナビゲーションパート
  倉敷編集長  ・・・中井貴一
                 ほか

■あらすじ

佐藤拓也(坂口憲二)は、大学を中退して家庭教師を仕事に生活している。ある日、勉強を教えに出向いた岸田家で殺人が発生してしまう。拓也と同じく岸田家で家庭教師をしている八木由紀子(八木のぞみ)が、次男の隆夫(吉田憲祐)に刺されて絶命したのだ。建築デザイナーとして名声を馳せる岸田家の主、創介(白井晃)は、拓也に証拠隠滅の協力を依頼する。金を払うという創介の強引な依頼に当初はためらう拓也。だが、あまりに執拗な創介の願いに、拓也は証拠隠滅の方法など全てを自分に一任するという条件で引き受けた。
拓也は岸田家の長男・正樹(八神蓮)と、由紀子の遺体を運び出し、山奥の林の中に穴を掘って埋める。土をかぶせる前に、拓也は遺体の身元が割れないよう、由紀子の顔と手を薬品で焼いてしまった。そして、拓也は岸田家の人々に由紀子の存在したことを徹底的に知らないものとするよう促す。また、由紀子のアパートに忍び込み、家庭教師をしていた証拠を隠滅。さらに、恋人の河合雅美(関めぐみ)の容姿を由紀子に似せて岸田家に出入りさせるようにした。だが、岸田家に由紀子の写真を携えた男が訪ねて来て…。

(番組HPあらすじより)

■感想
まずはナビゲーションパート。
「皆さん、覚えていますか?私が死んでいます」にまたウケた(^▽^)
自分の死に顔を眺めるのはどんな気分なのだろう。しかもケチャップまみれの死に顔(笑)
第二の容疑者が登場しましたね。どうやら死の20分前にその人物ともめていたらしい。
しかし「彼」から「コイツ」、そして「このバカ」と呼び方が変わってる~!
しまいには激高しちゃうし。随分威勢のいい幽霊さんですねぇ(^▽^)

では、ドラマ本編です。
何とか前日までに原作本を読み終えました~。
原作はさすが表題作とあって、秀逸な作品だったのですが、
ミステリの技法的に映像での表現が難しいので、その辺が気になるところでした。
やはり設定を少し変えていましたね。見せ方も原作とは違っていました。
でも、これだと原作の持つ良さが表現しきれないのですよね
これは昨年放送された【東野圭吾3週連続スペシャル「回廊亭殺人事件」】 の時も感じたことなんですが、
映像化の限界なのかもしれません。
その分、シンプルですっきりしていましたけどね(^^;)
原作はもっとややこしくて、ちょっと混乱するのですよ。
だからこそ、真相が分かった時の驚きも大きいのですけどね~。

それから、由紀子の兄は、原作ではもっとしつこい感じでした。
まあ1時間ドラマでは、時間的に細部を描けないのは仕方ないかもしれないですね。
由紀子の写真のトリックも、原作ではなるほどね~と思いましたが、
ドラマだと、2枚の写真が違うことがすぐ分かり、これはワナだなと気付いてしまう(^^;)

それにしても、岸田創介、どんだけ金持ちなんだ!と思ってしまった。
拓也がトイレに行っている間に、2千万円がテーブルにドーン!!って・・・(^^;)
そういえば岸田家もすごく広くて、まるでホテルみたいでしたね。

坂口憲二さんが拓也役をやることが分かっていたので、
原作を読んでいる時は、坂口さんを思い浮かべていたのですが、どうもしっくりこなかったのです。
なんかイメージ違うな~と。
しかし、ドラマでは早々と拓也の「悪」の部分を出していたので、意外に違和感はありませんでした。
でも、坂口さんと言えば、やっぱり「医龍」のイメージが強いので、
医学の知識を犯罪に利用する姿は、あまり見たくなかったなぁ。ああ~朝田のゴッドハンドが~~

さて、次回は『エンドレス・ナイト』です。
主演は松下奈緒さん。
原作はあまりミステリ色は強くなく、人間ドラマとして観るべきかな。
予告編で観た、スキンヘッドの男がちょっと気になりますが・・・。
余計な改編でありませんように・・・。

■参考

▼原作本です。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:東野圭吾 ミステリー 坂口憲二 中井貴一

COMMENT 2

Mon
2012.07.16
12:27

roko

URL

犯人のいない殺人の夜

東野圭吾は好きな作家ですし、
テレビ好きでもありますので、
先週から興味深く観ています。

今回は、原作も読んでいない上に
予告編も見てなかったので、
え?坂口憲二さんが犯人?って感じでした。
思わず、テレビに向かって
「朝田先生、そんなことしちゃダメ~」と
叫んでました。

「犯人のいない殺人の夜」を見終わったあと、
以前に録画しておいた「医龍」を見て、
朝田のゴッドハンドを蘇らせました(笑)

Edit | Reply | 
Mon
2012.07.16
23:42

翠香

URL

rokoさんへ

やっぱり坂口憲二さんといえば、「医龍」ですよね!
私も「医龍」は大好きなドラマで、シリーズ全部観てました。
この作品では、朝田のゴッドハンドが汚されていくようで、悲しかったv-409

この作品に関しては、原作の方がよく出来ていますので、ぜひ読んでみてくださいね(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?