Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 三上延 > ビブリア古書堂シリーズ > 【ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~】 三上延

【ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~】 三上延

 16, 2012

◆◇◆本に歴史あり◆◇◆

ビブリア古書堂シリーズ1
連作短編集
メディアワークス文庫 2011.3
発見!角川文庫祭2012対象本


■あらすじ

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。 だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。 これは“古書と秘密”の物語。
(メディアワークス文庫より)

■感想
発見!角川文庫祭2012対象本です。
アスキー・メディアワークスの本なのに、何故角川のフェア本に?
と思ったら、発売元が角川グループパブリッシングだったのですね。
古書にまつわる物語ということで、この本を手にしたのですが、
その後、爆発的に人気が出て、すでにシリーズ3作目が出ています。
ちょっと出遅れた感がありますが、良い機会なので読んでみました。

本作は、過去のトラウマにより本が好きなのに、本が読めないという五浦大輔が古書を通じ、
ビブリア古書堂の店主・篠川栞子と出会い、栞子とともに古書とその所有者をめぐる事件を解決する物語です。
物語は大輔の一人称で語られ、栞子が安楽椅子探偵、大輔がワトソン役という役どころですね。

【第一話 夏目漱石『漱石全集・新書版』(岩波書店)】
祖母の一回忌が過ぎ、蔵書を整理していると、夏目漱石のサインが入った本を見つける。
この本にどれだけの価値があるのか知るために、大輔はビブリア古書堂を訪れるのだが・・・。

漱石のサインはいかにも偽物くさい。問題は誰が何のためにそんなものを書いたかなのですが、
まさか五浦家の秘密が暴かれることになるとは・・・いきなりハードな内容でした。

【第二話 小山清『落穂拾ひ・聖アンデルセン』(新潮文庫)】
せどり屋の志田が大切にしていた『落穂拾ひ・聖アンデルセン』が盗まれた。
志田が道に置いていた自転車にぶつかった女子高生が盗んでいったようなのだが・・・。

本の紐の栞のことをスピンというのを初めて知りました。そういえば、昔の文庫本には大抵付いていましたね。
古書を通じた心温まる交流を描いていますが、栞子さんの洞察力が鋭すぎて、
人を思い通りに動かしてしまう・・・少し気掛かりな結末です。

【第三話 ヴィノグラードフ・クジミン『論理学入門』(青木文庫)】
坂口という男が『論理学入門』を売りに来た。その後、坂口の妻が本を返してほしいと申し出る。
坂口にとって、それは大事な本だというのだが・・・。

背が高く、堅物な坂口と、小柄でおしゃべりな坂口の妻。
外見も性格も正反対な二人だけど、美しい夫婦愛に胸を打たれました。

【第四話 太宰治『晩年』(砂子屋書房)】
栞子さんの祖父から代々受け継がれた太宰治『晩年』は、栞子さんの大事なコレクションだ。
しかし、大庭葉蔵と名乗る男から『晩年』を譲ってほしいという申し出を受ける。
何度断っても大庭は諦めず、どんな手を使っても手に入れると宣言する。

本に限らず、物の価値というのは、門外漢には計り知れないものがありますよね。
ここでは最終話らしく驚くべき展開を迎えます。
栞子さんの作戦は、ある程度は予想ついていたのですが、ここまでとは・・・。
おどおどとした様子に似合わず、意外と策士なんですね。

 

本に関する豆知識が随所にあり、特に古本屋で本を売り買いする方には役立つ情報があります。
章題に挙げられている本の内容と、物語がリンクしているのも上手い。
章題以外の本もお話の中で取り上げられていて、ちょっとした読書案内にもなっていますが、
挙げられている本が、若干マニアックですね(^^;)
そういえば、最近書店で『せどり男爵数奇譚』という本が
ビブリア古書堂の事件手帖」で紹介されました!
というPOPで売られていましたね。あ、本作より先に『せどり男爵』を読まない方がいいですよ。

さて、このシリーズは2作、3作・・・と続いていくのですが、
栞子さんと大輔の恋の行方にも注目していきたいです(^^)

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • 学生の方
  • 古本屋が好きな方
  • ジャンルを問わない読書案内をお探しの方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:ビブリア古書堂 篠川栞子 三上延

COMMENT 2

Sat
2012.08.18
21:17

mokko

URL

積んでましたぁ~

やはり本屋さんとか古本屋さんが出てくるとなると
気になりますよねぇ~
内容もよさそうだし(o^o^o)
積んでるうちに3巻まで出てしまってあせってます(^◇^;)
テーマ読みもあと2冊。
いつも遅くて本当にすみません(。-人-。)

Edit | Reply | 
Sun
2012.08.19
00:27

翠香

URL

mokkoさんへ

う~ん、もの凄い人気シリーズだけど、正直、期待したほどではなかったかな(^^;)
面白いことは面白いのだけどね。
設定とかは全然違うけど、「謎ディナ」と同じニオイを感じます。
これもそのうち映像化されるかもしれませんね。
私は2作目まで買っているので、続きは読みますが、
このシリーズ、長くなりそうなので、追いかけるかはまだ未定です。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?