Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 米澤穂信 > 折木奉太郎(古典部) > 【ふたりの距離の概算】 米澤穂信

【ふたりの距離の概算】 米澤穂信

 05, 2012

◆◇◆手はどこまでも伸びるはず◆◇◆

折木奉太郎古典部)シリーズ5
長編
角川書店 2010.6
  角川文庫 2012.6


■あらすじ

春を迎え高校2年生となった奉太郎たちの“古典部”に新入生・大日向友子が仮入部する。千反田えるたちともすぐに馴染んだ大日向だが、ある日、謎の言葉を残し、入部はしないと告げる。部室での千反田との会話が原因のようだが、奉太郎は納得できない。あいつは他人を傷つけるような性格ではない──。奉太郎は、入部締め切り日に開催されたマラソン大会を走りながら、心変わりの真相を推理する!“古典部”シリーズ第5弾!
(角川文庫より)

■感想
古典部シリーズ第5弾。
このシリーズがアニメ化されるようになって、すっかり小中高生におなじみになった気がしますね。
過去の作品の文庫カバーもアニメビジュアル柄にリニューアルチェンジされたので、
先に読んでおいてよかったと思いました(笑) だって、可愛すぎてレジに持っていくの、恥ずかしいもの(^^;)
本作のカバーはリバーシブルになってまして、表は上の画像のような校舎の一風景のデザインですが、
裏はアニメビジュアル柄になってます。これなら抵抗なく買えるのでいいですね(笑)
期間限定カバーだそうなので、「私、気になります!」と思った方はお早めに!

奉太郎たちも2年生になり、古典部も新入生獲得の為に、新歓行事に参加します。
里志と摩耶花は他にも掛け持ちしているので忙しく、結局出店は奉太郎と千反田さんの2人が担当することに。
よりによって勧誘に向いていない2人とは・・・。しかし古典部、何を売りに勧誘すればいいのでしょうね?
来たい時に来て、好きなことをやっていてかまいません!ってか。それじゃあ入部する意味がない(笑)
この新歓行事もさることながら、本作で全面的に行われているマラソン大会も懐かしいイベントですねぇ。
(ちなみに里志によると神山高校のマラソン大会は、正式名称を「星ヶ谷杯」というらしい)
雨が降ったら延期ではなく中止になるのに、いまだかつて中止になったことがないのは、私の高校でも同じで、
降れ降れ坊主(てるてる坊主の逆さ吊り)を作るも空しく・・・という感じでした(笑)
しかし、星ヶ谷杯、20kmって高校生の走る距離じゃないですよ。
4km(男子は8kmでした)でも死ぬ思いだった私にはとても無理~!

さて、古典部に待望の新入生・大日向さんが入ったのもつかの間、突然入部しないと告げてきた。
どうやら原因は千反田さんにあるらしい。
でもあの千反田さんが他人を傷つけたり、怒らせたりするとは考えられない。
奉太郎は、マラソン大会の最中に考えをまとめ、古典部の部員たちに話を聞き、真相を突き止めようとするのだが・・・。

なにもマラソン大会の最中にこんなことしなくても・・・。
A組で先にスタートした奉太郎は、後からスタートした摩耶花や千反田さんを待つことになる。
省エネ主義者にしてはご苦労なことです(笑)
自分のペースで走らないとかえって疲れちゃうんですよね。

人間、後ろ暗いところがあると、こうも疑心暗鬼になってしまうものなのでしょうか。
ちょっと高校生にしては、人の心の裏の裏まで読み過ぎなところが気になりました。
なんか屈折しているなぁ。若者らしく、もう少し素直でもいいと思う。

ミステリとしては、特に大きな事件は起きないけれど、散りばめられた伏線を見事に回収している手腕はさすがですね。
挿入されているエピソードでも奉太郎の推理が冴えます。
また、今までのシリーズ作品を読んでいれば分かる小ネタもありますので、ぜひ順番にお読みくださいね(^^)

ラストでは奉太郎が自分の無力さを感じる一方、まだ自分に出来ることがあるとも感じています。
それは次回作に委ねられるのでしょうか。私、気になります!

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • 青春ミステリが好きな方
  • 学生の方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:米澤穂信 折木奉太郎 古典部

COMMENT 2

Sun
2012.11.11
21:30

mokko

URL

いつの間に?

まだ1作しか読んでなくて、2冊積んでいるのに
もう第5弾ですと?
アニメ化したのは知ってはいたんだけど
文庫の表紙も変わってしまったのですねぇ~
これは急いでGETせねばなりますまい!
でも第4弾は、もう手遅れってことでしょうか?
嫌だぁ~(ノ◇≦。)

あ・・・mokkoは長距離・・・といっても5キロですが
短距離もどちらも好きでしたよ(o^o^o)
今は絶対に無理ですけど(○ ̄m ̄)
だから別の意味でも興味ありまる((o(^∇^)o))わくわく

Edit | Reply | 
Sun
2012.11.11
23:48

翠香

URL

mokkoさんへ

多分今買うと4作目までは古典部のメンバーのアニメビジュアルのはず。
こういう時、ネットだとどのデザインが来るか分からなくて困るよね。
4作目は短編集だったけど、面白かったですよ。
米澤さんは短編の方が読ませますね。

私は長距離が大の苦手でして・・・。
短距離ならそこそこ自信あったのだけど(今は無理だけど^^;)
奉太郎は、省エネ主義者にしては、無駄なエネルギーを使ってましたけどね(笑)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?