Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 日本古典文学関連 > 【日本人なら知っておきたい日本文学】 蛇蔵&海野凪子

【日本人なら知っておきたい日本文学】 蛇蔵&海野凪子

 06, 2013

◆◇◆今も昔も変わらず◆◇◆

蛇蔵海野凪子
日本古典文学/コミック
幻冬舎 2011.8


■内容紹介

紫式部、藤原道長、菅原孝標女、鴨長明……
「名前だけ知ってるあの人」が大好きになる教養コミック!
累計140万部突破のベストセラー『日本人の知らない日本語』著者、待望の最新刊!!

『日本人の知らない日本語』『日本人の知らない日本語2』が累計140万部のベストセラーとなった著者の、待望の最新作です。 日本文学上の有名人である「清少納言・紫式部・藤原道長・安倍晴明・源頼光・菅原孝標女・鴨長明・兼好・ヤマトタケル」の9人について、一般にあまり知られていない人物像をマンガで紹介します。笑ったり共感したりするうちに、古典そのものに興味がわく教養コミックです。

■感想
今年のお正月本です。
ここ数年、お正月には日本古典文学関連の本を読んでいます。と言ってもコミックが多いのだけど(^^;)
2012年は【まろ、ん?-大掴源氏物語】【源氏物語 千年の謎】
2011年は【超訳百人一首 うた恋い。】
2010年は【千年の黙(しじま)-異本源氏物語】でした。

教養コミック、この数年のうちに一気に増えましたよね~。
今の学生はこういった教養コミックを入り口にして勉強が出来るので、恵まれていますね。
私が学生の時はこんな良いものはなかった。『ベルばら』と『あさきゆめみし』ぐらい?

本作は、『日本人の知らない日本語』でおなじみの蛇蔵海野凪子ペアによるもの。
巳年なので、蛇蔵さんの作品を選びました・・・嘘です。全くの偶然(笑)

清少納言・紫式部・藤原道長・安倍晴明・源頼光・菅原孝標女・鴨長明・兼好・ヤマトタケルの9人について、
一般にあまり知られていない人物像をマンガで紹介されています。
古典や日本史の授業などでおなじみの人物が多いですが、
安倍晴明は近年の陰陽師ブームでクローズアップされているからまだよしとするも、
源頼光って一般的に知られている人物なのかな?実は私、知らなかったのだけど(^^;)

千年ものはるか昔の人々ですが、好みや考え方は現代の私達と大して変わらないのだなと思いました。
やっぱりイケメンが好きだし(笑)
清少納言は、『宇津保物語』の登場人物・藤原仲忠に入れ込んでいたようで、
清少納言もキャラ読みしていたのですねぇ。ちょっと親近感覚えます(笑)
菅原孝標女は、二次元どっぷりのオタク少女だし(^^;)

蛇蔵さんのデフォルメしたマンガもとても楽しめます。
現代の若者言葉をしゃべっているし(パネェ、カッケーなどw)
清少納言はタバコをスパーだし、菅原孝標女はメガネ女子だし(^^;)
マンガの人物へのつっこみも面白かった(^▽^)

トリビアもののエピソードもあって楽しめたのですが、
それぞれの人物についてさらっと触れている程度ですので、
中高生の古典入門書として最適なのかなと思います。
個人的には知っているエピソードもあり、
出来れば広く浅くではなく、対象を絞ってでもいいから、
もう少し個々の人物について深く掘り下げて欲しかったですね。

■評価(5個が最高)

  ◆共感度 ★★★★
◆ためになる度 ★★★
◆満足度 ★★★

■特におすすめ!

  • 中高生の方
  • 古典文学をもう一度学習したいと思っている方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:蛇蔵 海野凪子 日本古典文学

COMMENT 2

Sat
2013.01.12
11:27

miroku

URL

菅原孝標女まではほぼ同時代の人物ですね。
平安期の藤原は誰が誰やらややこしい。
あまり得意じゃないけれど、『陰陽師』とかを読んでいるのでなんとか…。
ほんと、日本史などを真面目にやっておけば良かったと思います。
後悔先に立たず、後の祭り…。
しかし、このメンバーにヤマトタケルって…。(*^_^*)

道長・晴明・頼光は酒天童子つながりですね。
酒天童子は六天魔王と呼ばれた鬼。
退治したのは源頼光。
で、この子孫に明智光秀がいる。
信長もまた六天魔王と呼ばれた。
光秀は大江山を駆け下って本能寺へ…。
ちょいとゾクリとしませんか?

Edit | Reply | 
Sat
2013.01.12
23:35

翠香

URL

mirokuさんへ

ヤマトタケルは一応番外編扱いになってました(笑)
個人的には清少納言姐さんと源頼光の部下であるイケメンレンジャーの話が面白かったです♪

歴史は繰り返すってことですね。
そういえば光秀が天海僧正だという俗説もあるみたいです。
(内田作品の受け売りだけど^^;)
歴史は知れば知るほど奥深いですねぇ。

『陰陽師』、遅まきながら読もうと思ってます。
興味あるのですよ~時代も陰陽道も(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?