Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 岡嶋二人 > 【チョコレートゲーム】 岡嶋二人

【チョコレートゲーム】 岡嶋二人

 13, 2013

◆◇◆息子の無実を信じて・・・父親の孤軍奮闘◆◇◆

岡嶋二人(シリーズ外)
長編
講談社 1985.3
  講談社文庫 1988.7
  講談社文庫(新装版) 2013.1
20第39回日本推理作家協会賞受賞作


■あらすじ

学校という名の荒野をゆく、怖るべき中学生群像。名門秋川学園大付属中学3年A組の生徒が次々に惨殺された。連続殺人の原因として、百万単位の金がからんだチョコレートゲームが浮かび上がる。息子を失った一人の父親の孤独な闘いをたどる、愛と死のショッキング・サスペンス。日本推理作家協会賞受賞作。
(講談社文庫より)

■感想
バレンタインデー直前なので、「チョコレート」がタイトルに付くものを選んでみました。
チョコレートゲーム・・・ちょっと気になるタイトルでしょ?でもチョコレートはあまり関係なかったですね。
チョコはちょこっとだけ出てきましたが・・・とくだらないシャレを言ってみたりして(^^;)

本作はつい最近新装版が出たようですが、私は以前に古本で購入していたので、旧版のものです。
でもこれ、ちょっと・・・ですよね。
まあ岡嶋二人といえば・・・ぐらいの代名詞でもあるので、
あれがなくても分かってしまう人もいたとは思いますが・・・。
何のことか分からない人は迷わず新装版↓をお買い求めください。


作家の近内の息子・省吾は、同級生二人を殺し自殺した。
しかし近内は、息子は人を殺したりしない、誰かに陥れられたのだと信じ、独自に聞き込みを続けます。
周りから冷たい目で見られてもめげずに孤軍奮闘する姿は痛々しかった。
岡嶋作品を読むのはこれが4作(井上夢人名義も合わせると6作)目なのですが、本作が一番重い内容でしたね。
素人探偵が活躍する話は他に二つありましたが、内訳は女性二人組とカップルだったので、
本作の父親一人というのは余計に重く感じたのかもしれません。
それでも会話文主体の文章なので、読みやすさは変わらず。

それから本作は28年前に書かれたものなので、時代背景が古いですね。
公衆電話については、前回のレビューでも書きましたが、今回はメイントリックにも時代を感じてしまいました。
トリックそのものは悪くないのですが、今の時代に合わないのですよね(^^;)

それにしても──始めは他愛のない遊びだったのが、だんだんとエスカレートしていった過程には、
これが本当に中学生なのかと恐ろしくなりました。正直大人よりたちが悪い。まるでヤクザです。
何故こんなことで未来ある若者の命が三人も奪われてしまったのかとやりきれない気持ちになりました。
本当に追い詰められて自分ではどうすることも出来なくなっても、
親には頼らないのは、親の側にも問題があるのかな・・・と色々考えさせられました。
最後に救いがあったので、良かったけれど。
う~ん、気分が落ち込んできてしまうので、次回はもっと軽いものを読もう。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • 社会派志向の方
  • お子さんがいらっしゃる方
  • 30代以上の方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:岡嶋二人 日本推理作家協会賞

COMMENT 2

Sun
2013.03.03
09:02

mokko

URL

重いのですか・・・

岡嶋二人作品は2作しか読んでないけど
どちらもすごく読みやすかったし、重くなかったので
そんなもんだと思っていたんだけど、やはり重いのも
あるのですねぇ
タイトルは興味をそそられるんだけど
重いのはやはり避けたいですね(^◇^;)

Edit | Reply | 
Sun
2013.03.03
23:38

翠香

URL

mokkoさんへ

読みやすさは変わらないのですけど、
やっぱり中学生が殺されるというのは、題材として重くなってしまいますね。
前に読んだ『七日間の身代金』は、ライトな感じだったのだけどな~。
岡嶋作品、まだ積読しているのがいくつかあるので、次回に期待です。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?