Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 海外ミステリ > ジョン・ディクスン・カー > 【曲がった蝶番】 ジョン・ディクスン・カー

【曲がった蝶番】 ジョン・ディクスン・カー

 18, 2013

◆◇◆本物はどっち?◆◇◆

フェル博士シリーズ9
長編
Ondori MYSTERIES 1951
  ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1955
  講談社(『動く人形の謎』) 1957
  東京創元社(ディクスン・カー作品集収録) 1959
  東京創元社(世界名作推理小説大系収録) 1960
  創元推理文庫 1966
  偕成社(『踊る人形の謎』) 1966
  創元推理文庫(新訳版) 2012.12


■あらすじ

1年前、25年ぶりにアメリカから帰国し、爵位と地所を継いだジョン・ファーンリー卿は偽者であり、自分こそが正当な相続人であると主張する男が現れた。渡米の際にタイタニック号の船上で入れ替わったのだと言う。あの沈没の夜に──。やがて、決定的な証拠によって事が決しようとした矢先に、不可解極まりない事件が発生した! 巨匠カーによるフェル博士登場の逸品、新訳版。

(創元推理文庫より)

■感想
フェル博士シリーズ第9長編です。
これは「本が好き!」経由で東京創元社様から献本いただきました。ありがとうございます。
フェル博士シリーズを読むのはこれが3作目なのですが、うち2作を献本いただくという幸運を得ました(^^)

ジョン・ファーンリーが25年ぶりに故郷に帰り、爵位と地所を継いだ翌年、
自分こそが正当な相続人であると主張する男が現れた。
その男によると、二人はタイタニック号に乗り合わせ、入れ替わってしまったのだという。
果たしてどちらが本物なのか?
本物しか分からない質問をしてみても、どちらも間違いなく答えてしまう。そこへ切り札が登場。
かつてファーンリーの家庭教師をしていたマリーが指紋帳を携えてやってきたのだ。
25年経っているとはいえ、二人の指紋を照合してみればどちらが本物か分かるという。

そしてこの後、不可解なな事件が起こります。

ここまで読んできた読者は考えます。
偽者にとって、マリーの照合結果は脅威なはず。ならばマリーを殺して指紋帳を奪ってしまうだろうと。
しかし、カーは裏をかいてきます。
確かに指紋帳は何者かによって奪われてしまいます。
でも殺されたのはマリーではなく、ファーンリーだったのです!

ファーンリーは池の淵に立っていたのですが、周りには誰もいなかった。

また読者は考えます。ファーンリーはどのみち自分が偽者だと分かってしまうので、自殺したのだと。
ところが彼ののどを切り裂いた凶器は池から10フィートも離れた垣根に隠すように押し込まれていた。
これが殺人ならば殺されたのが本物だということになり・・・。
どっちが本物なのか、訳が分からなくなってくること請け合いです(笑)

やがて関係者の証言によって、ファーンリー家に伝わる《金髪の魔女》という人形の存在が明らかになります。
その容姿はまさに表紙絵の通りで、かつては美しい人形だったのでしょうが、
今は顔にひびが入り、片目がなくなっていてかなり不気味ですね(^^;)
この人形、かつては自動で動いていたらしいのです。
私はベルばらの10巻(外伝)に出てくる貴公子の人形を思い出してしまった。
この人形に抱擁されると体からキリのような刃が出てきて・・・。これは怖かったですねぇ(^^;)
だからこの《金髪の魔女》にも何か飛び道具が出てきて殺人を犯したのではないかと思ったのですが・・・。
またもや裏をかかれた・・・。

この後、無関係に思われた1年前の殺人事件が悪魔信仰に絡んでいたことが分かり、
カー作品の特色である怪奇趣味の様相を呈してきます。

フェル博士の推理には呆気にとられてしまいましたが、実は真相は別にありました。
これは盲点でしたね。常識に囚われていると解くことができません。
まあちょっとアンフェア気味ではあるのですが(^^;)
伏線は一応あるのだけど、これで分かった人はあまりいないでしょうね。

さて、いつもお茶目なフェル博士ですが、今回は複雑怪奇な事件で余裕がなかったのか、かなり控えめです。
登場も遅かったですし。でも全て分かっていながらわざと見逃したのは何故なのだろう。気になります。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度

267267267

◆冷や汗度

404404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • 本格推理が好きな方
  • 怪奇趣味が好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:ジョン・ディクスン・カー フェル博士

COMMENT 2

Sun
2013.03.03
09:12

mokko

URL

気になります

やはりカー作品は読まないといけないですねぇ~
レビューを読むと本当に読みたくなるんですよね
しかし長編・・・ここが痛い(^◇^;)
ベルバラ外伝。黒衣の伯爵夫人ですよね
覚えてますよぉ~о(ж>▽<)y ☆
人形というから小さめを想像してましたけど
大型の自動人形だったのですね
この自動人形って、なんかそそられます(^◇^;)

Edit | Reply | 
Sun
2013.03.03
23:51

翠香

URL

mokkoさんへ

カー作品、そこはかとなく怪奇趣味ですねぇ(^^;)
mokkoさんの好みに合うのではないかな?面白いですよ♪
ベルばら外伝の貴公子人形、怖かったですよね~v-404
でも夫人は輪をかけて怖かったけど(^^;)
この自動人形が出てくるのは後半になってからなのですが、
それなりにキーアイテムではありますよ。
窓から外を覗いたら、庭にこの人形がいたというシーンがあるのですが、
想像すると怖いですよね~w

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?