Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 篠田真由美 > 桜井京介(建築探偵) > 【綺羅の柩】 篠田真由美

【綺羅の柩】 篠田真由美

 28, 2013

◆◇◆30余年の愛憎の果てに・・・◆◇◆

桜井京介シリーズ10
長編
講談社ノベルス 2002.8
講談社文庫 2008.7


■あらすじ

かつて、マレーシアの密林からかき消えたシルク王、ジェフリー・トーマス。それから三十余年、軽井沢の別荘、泉洞荘で、絢爛豪華な絹の布に埋まってひとりの老人が不審死を遂げた。奇妙な縁に導かれて京介、蒼、深春たちはマレーシアはカメロン・ハイランドにある月光荘を目指す。そこで見出した真相とは。
(講談社文庫より)

■テーマ
 ジム・トンプソン失踪事件

■舞台
 長野県軽井沢
 タイ・バンコク
 マレーシア・カメロン・ハイランド

■ヒロイン
 弓狩みつ(タイ料理レストラン『クルンテープ』経営・70歳)

■感想
建築探偵シリーズ本編第9作です。
前作を読んでから2年以上が空いてしまった(前作はテーマ読み「月」で読んだのですよね・・・)
久々なので、すごく楽しみにしていたのですが、いや~長かった
読み終わるのに一週間も掛かってしまった。
文庫版で約570ページというボリュームではあったのですが、
それ以前に、今一つ物語世界に入り込めなかったというのが大きいかな。
ミステリとしては少々物足りなかったし、
京介がだんまりを決め込んでいるシーンが多く、何考えているのかよく分からなかったし・・・。
確かに京介はあの通り無愛想な奴ですけど、
前作では京介の内面を中心に描いた、まさに京介祭りでしたからねぇ(^^;)
これから徐々に神秘のベールが剥がされると思っていただけに、ちょっと肩透かし

さて本作では、深春視点で物語が進行します。深春視点というのも新鮮ですね
深春からみると京介や蒼はこんな風に見えるんだ~とか思ったり。
改めて深春っていい奴だな~と思いました(^^)
でもすっかり「熊さん」という呼び名が定着しちゃいましたねぇ(笑)

今回は、もはや準レギュラーになりつつある遊馬朱鷺の強引な依頼で、
30余年前に失踪したシルク王ジェフリー・トーマスの行方を推理することになります。
とはいえ、いくら軽井沢に面白い建物がありますよ、と美味しいエサをぶら下げてみたところで、
そんな簡単に食いつく京介ではない。
始めは頑として拒否していたのですが、
【月蝕の窓】
で登場した霊感少女・輪王寺綾乃も絡んでいることを知るや依頼を受けることに。
京介にとって綾乃は一体どんな存在なのでしょう。気になりますね。
深春によると京介と綾乃はオーラが似ているという。
見目形が似ている訳ではないらしいけど、京介縁の人なのかな?
【月蝕の窓】の時はお菊人形みたいで怖いと思ったけど、どうやら普通の女の子のようでホッとしました。
そうそう、驚いたのが京介って嫌煙家なのに、自身はタバコ吸えるのですねぇ。どういう心境の変化なのかな~。

今回、【灰色の砦】で登場した懐かしい人が再登場します。・・・って私はすっかり忘れていたのだけど(^^;)
でもこんな形で再会とは・・・月日は人を変えてしまうのですね。

軽井沢では依頼人が死亡するという事件が起こり、その妻が部屋から消えた謎が問題になるのですが、
これはほぼ予想通りでした。

この後、京介たち一行(神代教授は大学の都合で行かれなかった!)は、
再び求めに応じてマレーシアまで出向くことになります。
でも、30年以上も経って、何故いまさら現地に?と思ってしまった。
後半は観光案内みたいになっちゃいましたねぇ。
さらに有栖川有栖氏の火村シリーズ【マレー鉄道の謎】と作品舞台が被ってしまったというおまけ付き(^^;)
火村シリーズは順番でいくとちょうど次読むのがこのマレー鉄道なので、近いうちに読むことにしよう(^^)

結局、周りの人々をさんざん振り回し、30余年の愛憎の果てがこんな結果になろうとは・・・
みつさんがあまりにも哀れで、やり切れなくなりました。

さて、建築探偵シリーズ、次回は蒼の物語第二章です。
これもなるべく早く読みたいと思います

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • ジム・トンプソン失踪事件に興味がある方
  • タイ・マレーシアに興味がある方
  • シルクに興味がある方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:桜井京介 篠田真由美 建築探偵

COMMENT 2

Sun
2013.03.03
08:41

mokko

URL

(゚-゚*)(。。*)ウンウン

前作が本当に京介祭りでしたから、比較すると
かなり軽い仕上がりでしたよねぇ
深春目線っていうのも、これまた新鮮だったし
ただ、熊さんのお風呂のシーンはわかっていたけど
改めて想像したくなかったぁ~(^◇^;)
次の蒼の番外編も積んでるので早く読みたいし、
火村シリーズも途中で止まったままだし
江神の方も2作目を積んだままなので読まなくっちゃ(^◇^;)

Edit | Reply | 
Sun
2013.03.03
23:20

翠香

URL

mokkoさんへ

前作と比べると、本作はかなり物足りなかったですねぇ。
深春も好きなのですが、私も毛深いのはちょっと無理・・・。
京介と深春がベランダで語り合っているシーンが好きです(^^)
お風呂上りの京介・・・むふっv-344

蒼の物語2、3は手元にあるので、あまり間を空けずに読みたいですね~。
火村シリーズは、今月マレー鉄道を読みます♪
私も江神シリーズは2作目を積んだまま・・・。
でも前作からあまりにも間が空いてしまったので、どんなキャラだったか忘れてる・・・。
『月光ゲーム』から読み直ししないとなぁ。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?