Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 高田崇史 > 鴨志田甲斐(カンナシリーズ) > 【カンナ 飛鳥の光臨】 高田崇史

【カンナ 飛鳥の光臨】 高田崇史

 06, 2013

◆◇◆塗り替えられた敗者の歴史◆◇◆

カンナシリーズ1
長編
講談社ノベルス 2008.11
講談社文庫 2012.1


■あらすじ

伊賀忍者の末裔にして、出賀茂神社のお気楽跡取り・鴨志田甲斐。しかし、その平穏は、秘密の社伝『蘇我大臣馬子傳暦』の盗難によって破られる。謎を追って、現役東大生のアルバイト巫女・貴湖と飛鳥へ向かった甲斐は、そこで密室殺人事件に巻き込まれ・・・・・・。日本の歴史へのまなざしが変わる、新シリーズ開幕!
(講談社文庫より)

■感想
1月のテーマ読書「日本」の取りこぼし分です。
QEDシリーズも2作目で止まっているというのに、新シリーズに手を付けてしまいました(^^;)

このシリーズの主人公は鴨志田甲斐、26歳男性。
なんだか名字を二つ付けたような名前ですね。島崎藤村みたいな(笑)
甲斐の実家は伊賀にある出賀茂神社で、父が宮司をしています。
兄が跡継ぎを嫌って逃げてしまった為、甲斐に跡継ぎのお鉢がまわってきたのですが、
のほほんと日がなお気楽に過ごしてます。甲斐のキャラは麿の酩酊事件簿の勧修寺文麿と似ているかも。
7歳年下で巫女のアルバイトをしている中村貴湖に
「跡を継ぐ決心をされたのですから、もっとしっかり勉強された方が良いと思います」と言われる始末で(^^;)
この貴湖はかなりの歴史オタク、いわゆる歴女ですね。しかもやたらと気が強い。
これでは、どちらが年上なのか分からない。というのは甲斐本人の弁(笑)
貴湖の祖父・加藤丹波は出賀茂神社の職員で、執事的な存在。
甲斐のことを「坊」と時代錯誤な呼び方をします(^^;)しかも片目に黒眼帯って・・・丹下段平かい!
甲斐の愛犬「ほうろく」はミニチュアブルテリアで右目に黒斑・・・なんか丹波に似てませんかね?(^^;)

そして、実は鴨志田家は伊賀忍者の末裔という裏の顔を持っています。
甲斐自身は忍術は使えないのですが、いざというときには忍者の血が目覚めるみたいです。
丹波と貴湖も流派は違うもののやはり忍者で、この他にもやたらと忍者が登場
・・・って一体いつの時代なんじゃ!(笑)

・・・とまあかなりぶっ飛んだ設定ではありますが、
現実の殺人事件と歴史の謎を融合させるスタイルはQEDシリーズと同様です。
QEDシリーズは学問的考察が膨大で、読むのもつい構えてしまうのですが、
それに比べると本作は歴史の薀蓄はあるものの、ライトで読みやすくなっています。
高田作品の入門書としてもいいかも。

本作で扱われた歴史の謎は聖徳太子と蘇我一族。
歴史の教科書をそのまま鵜呑みにしていた方には驚天動地の説が語られています。
私は以前に読んだ鯨統一郎氏の【邪馬台国はどこですか?】の中に似たような話があったので、
それほどの驚きはありませんでしたが。
作中で丹波も言っている事ですが、歴史は勝者によって書かれるのですよね。
勝者にとって都合の悪い敗者の歴史は闇に葬られてしまうのです
学生の頃、ただ丸暗記する歴史の勉強は苦手だったのですが、
こういう歴史の裏側を知ることはとても興味深いですね
ミステリを通してという甚だ邪道ではありますが、歴史が好きになってきました。
もっと色々知りたいと思っています。

さて、ではミステリとしてはどうかというと、う~ん、ありきたりなトリックでしたねぇ(^^;)
まあ【QED 百人一首の呪】で肩透かしを食らっていたので、予想通りだったけど(苦笑)
でも、犯人も捕まっていないし、中途半端な終わり方だったので、唖然。
これは「次回に続く!」ってことですか?う~む続きを読まなければ・・・売りが上手いなぁ(^^;)

ちなみに甲斐の兄・翔一は、【QED 諏訪の神霊】でタタルの友人として登場しているそうです。
QEDと本シリーズのリンクがあるのですね。
この先、タタル達の登場もひょっとするとあるかも?やっぱりQEDも読まないとなぁ(^^;)

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • 歴史が好きな方
  • QEDシリーズは薀蓄が凄くてちょっと・・・と感じている方
  • 忍者が好きな方(笑)
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:高田崇史 鴨志田甲斐 カンナ

COMMENT 4

Sun
2013.03.10
20:20

mokko

URL

これは・・・

QEDシリーズより読みやすいとは言われてるものの
薀蓄が半端ないんですよね?
ってことで、これは無理だと諦めました
ただ、QEDの1巻のみ読んで、2巻は積んだまま
しかし毒草師が登場するところだけ追いかけようと
思ってます(; ̄ー ̄川 アセアセ

Edit | Reply | 
Sun
2013.03.10
23:34

翠香

URL

mokkoさんへ

確かに薀蓄はありますけど、QEDに比べれば大したことないですよ~。
むしろQEDより先にカンナシリーズから入る方が入門編としてはいいかも。
途中、現代に生きる忍者によるアクションシーンがあったりして、
QEDよりリアリティは薄いのですけど(^^;)
QEDは結構積読しているのですよね~(ブックオフでちまちま集めた^^;)
これも読書目標に挙げておこう(笑)

Edit | Reply | 
Wed
2013.03.13
08:33

igaiga

URL

うふふ。
読んだ人だけがぶっ魂げるシステムですよね(^^)
私も「そうか・・・そうなのかも」と思っちゃうから
すぐ騙されるタイプなのです(笑)
すっかり、聖徳太子=○○○○さんになってしまっている脳内。
また遊びに来ますね~。

Edit | Reply | 
Wed
2013.03.13
22:12

翠香

URL

igaigaさんへ

早速のコメントバック、ありがとうございます(*^^*)
チーム聖徳太子(笑)なんかアイドルグループみたいですよね~
じゃあ昔の1万円札のあの方は誰なんだ~って感じです(^^;)

またいつでも遊びに来てくださいね♪

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?