Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 有栖川有栖 > 火村英生(作家アリス) > 【マレー鉄道の謎】 有栖川有栖

【マレー鉄道の謎】 有栖川有栖

 14, 2013

◆◇◆火村&アリスinマレーシア!◆◇◆

火村英生シリーズ12
長編
講談社ノベルス 2002.5
講談社文庫 2005.5
20第56回日本推理作家協会賞受賞作


■あらすじ

旧友・大龍の招きでマレーの楽園、キャメロン・ハイランドを訪れた火村と有栖川。二人を迎えたのは、舞い飛ぶ蝶ならぬ「殺人の連鎖」だった。ドアや窓に内側から目張りをされた密室での犯行の嫌疑は大龍に。帰国までの数日で、火村は友人を救えるか。第56回日本推理作家協会賞に輝く、国名シリーズ第6弾。
(講談社文庫より)

■感想
火村シリーズ第12弾、国名シリーズ第6弾です。
前作を読んだのが2年前・・・いかん、間が空きすぎた 今年はがしがし読み進めるぞ~(ホントか?)
でも久々に読んでもキャラが確立されているので、すんなり作品世界に入っていけるのがうれしい(^^)
相変わらず火村とアリスのやりとりはかけあい漫才みたいで楽しいし、
地の文もユーモアにあふれていて何度もクスリとしてしまいました。さすが大阪人ですねぇ。

今回はシリーズ初、火村とアリスが海外へ旅立ちます
少し前に読んだ篠田真由美氏の桜井京介シリーズ【綺羅の柩】のあとがきに
本作と舞台が被ってしまったことが書かれていたのですが、確かに見事に被っています(^^;)
マレーシアのキャメロン・ハイランドが舞台だし、
当然ながらこの土地にまつわるミステリ・シルク王の失踪事件についても語られていました。
有栖川氏は篠田氏から資料と情報の提供を受けたそうで(もちろんご本人もきちんと現地取材しています)、
なるほどキャメロン・ハイランドへ向かう山道の描写などはよく似ていますね。
ここ、京介たちも通ったんだなぁなんて想像すると楽しかった(^^)
いっそのこと、火村と京介の競演なんてどうでしょうね?あ~考えただけでワクワクする
観光案内としては本作の方がページ数を割いていることもあり詳しいですね。でも虫のパラダイスとは・・・

タイトルからするとトラベルミステリっぽいですが、鉄道はあまり関係ありません。
(時刻表トリックが苦手なのでよかった^^;)
ここでのトリックは密室。ガムテープで目張りされたトレーラーハウスの中で死体が発見されるというもの。
テープで目張りされた密室には、カーター・ディクスン(ディクスン・カー)の
【爬虫類館の殺人】という先例があるそうですが、
私は昨年読んだ貴志祐介氏の【鍵のかかった部屋】を思い出しました。
いやきっと貴志氏もカーの密室を意識したのだと思うけど。
有栖川氏も本作はクリスティとカーとクイーンを意識して書いたそうです。
確かにそれに匹敵する本格ミステリでした。
私も一応スカな推理wをしてみたのですが、このトリックは思いつかなかったなぁ。
でも犯人は勘で分かりました(笑)まあ登場人物もそれほど多くないし。
今回はマレーシア滞在中に事件を解決しなければならないというタイムリミットがあったので、
サスペンス要素もあり楽しめました(^^)

序盤の螢ウォッチングのシーンが幻想的で印象に残っています。
そこで「──お前は、何と戦ってるんや?」と訊ねるアリス。
火村が犯罪者を憎み、犯罪捜査へと駆り立てるものは何なのだろう。
後のシーンでの「俺みたいな奴ばかりだったら、地獄のままだ」というセリフも気になります。

ちなみに、火村がどうしても帰国を先延ばし出来なかったのは、次の難事件が待っていたからだそうです。
これは次回作の予告編なのかな?楽しみです(^^)

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度★★★★

■特におすすめ! 

  • 本格推理が好きな方
  • マレーシアに興味がある方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:有栖川有栖 火村英生 作家アリス

COMMENT 4

Sat
2013.03.16
11:34

akane

URL

おおお♪

なつかしい~i-1読んだのが学生の頃だったので...近々「旅行気分」で再読したかった1冊ですi-237
しかしながら「次の難事件」に関して記憶がナイ私i-282ダメダメだなあi-238と、思いつつ。

Edit | Reply | 
Sat
2013.03.16
18:19

翠香

URL

akaneさんへ

確かにマレーシア旅行の気分は味わえました♪
でも、虫のパラダイスというのは・・・ちょっとダメかも(^^;)

Edit | Reply | 
Mon
2013.03.18
05:53

mokko

URL

あぁ~(*´◇`*)

久しぶりの火村ぁ~
mokkoも色々積んでますが、これはまだ購入してないです
確かに被ってるんですねぇ~
これは別の意味でも読まないといけないですねぇ
っていうか、本当に京介達と共演して欲しかったなぁ
ちょっとすれ違う程度でもいいんだけど(^◇^;)
mokkoは学生アリスの2作目を読んでます(o^o^o)

Edit | Reply | 
Tue
2013.03.19
00:02

翠香

URL

mokkoさんへ

そうなんです。舞台が被っているのですよ。シルク王の話も出てきたし。
【綺羅の柩】の記憶が新しいうちに読まれることをおススメします(^^)
京介と火村の推理合戦、夢ですよね(〃▽〃)
京介を見たアリスに「なんや、けったいな奴」と言わせてみたい(笑)

学生アリス・・・私は【月光ゲーム】で止まっている・・・。
推理研のキャラとか忘れちゃったし、もう一度読み直さないとなぁ。
mokkoさんの感想、楽しみにしていますね(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?