Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 大山淳子 > 猫弁シリーズ > 【猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち】 大山淳子

【猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち】 大山淳子

 18, 2013

◆◇◆シンデレラの黒い靴◆◇◆

猫弁シリーズ1
長編
講談社ノベルス 2012.2
講談社文庫 2012.3
20TBS・講談社ドラマ原作大賞第3回受賞作
55TVドラマ化作品!(2012.4.23放送 主演:吉岡秀隆)

■あらすじ

お見合い30連敗。冴えない容貌。でも天才。婚活中の弁護士・百瀬太郎は猫いっぱいの事務所で人と猫の幸せを考えている。そこに舞い込むさらなる難題。「霊柩車が盗まれたので取り戻してほしい」。笑いあり涙ありのハートフル・ミステリー、堂々誕生!満場一致で第一位、TBS・講談社ドラマ原作大賞受賞作。
(講談社文庫より)

■感想
TBS・講談社ドラマ原作大賞第3回受賞作。
昨年ドラマ化もされましたが、原作を読んでいないという理由で録画したまま、まだ観ていないのですよね(^^;)
ドラマは好評を得たらしく、第2弾も今春放送されるのだとか。
というわけで遅まきながら第1弾を読みました。

解説に書かれている通り、始めから映像化を意識して書かれた作品とあって、
始めのうちはやや状況説明的なのが気になりました。いかにもナレーターの語りのような。
しかも、たとえば単に「猫」と言ってしまえばいいものを「毛むくじゃらの四つ足」とまわりくどい説明でして(^^;)
それから「天才百瀬」とタイトルに銘打っているわりには、百瀬の天才たるエピソードが特にないですねぇ。
「東大法学部を首席で卒業」、「その年に司法試験に合格」だけでは
「ふ~ん頭いいんだ。」で終わりになってしまう。
強いて言うなら同級生の証言ぐらい。
むしろぼんやりしていてお人よしで猫好きのイメージが強い(笑)
主人公を切れ者キャラにせず、ほっこり癒し系にしたところが
読者に親近感を与えて成功したのかもしれないですね。

あらすじにはハートフル・ミステリーと書いてありますが、どちらかというとコメディ路線ですね。
霊柩車ジャックした二人組がもうアホ過ぎて。
柩が空っぽなことに気付いた時のシーンは大笑いした(≧▽≦)ぎゃはは。
このアホアホなノリ、ちょっと東川篤哉作品を彷彿とさせますね。
全く無関係に見える事柄が次々と繋がっていくさまは恩田陸さんの【ドミノ】を思い出しました。
でも本作はちょっと偶然が強すぎるかな。早い段階で展開が予想できてしまう。
これなら別に天才百瀬でなくても分かるよね?
それと靴磨きの老婆がスーパーおばあさん過ぎる(^^;)

それにしても・・・
結婚相談所で高収入の男性にわざと合わない女性を紹介してカモることがあるのですね・・・あな恐ろしや。
「鈴の声」の相談員・春美の「靴置いてくるなんて巧妙ですよね、シンデレラ。」のセリフに目からウロコ。
確かに女は計算高い。でも走って脱げちゃうぐらいなら靴のサイズ、合ってなかったのでは?
よく王子様(というか使いの者)はシンデレラを見つけたものですねぇ(^^;)

一番のミステリは百瀬がお見合いを30連敗していたこと(笑)
ゴルフやらないのにゴルフ雑誌はないよな~と思っていたのですが、そういうことでしたか(^^)
シンデレラはガラスの靴を置いてきたけど、男の百瀬は黒い靴で幸せをゲットしたのですね(〃▽〃)

ドラマは原作と違うエピソードがあるそうなので、録画を楽しみに観ようと思います♪

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • コメディが好きな方
  • 猫が好きな方
  • ほっこり温かい気持ちになりたい方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:大山淳子 百瀬太郎 猫弁

COMMENT 2

Sun
2013.03.24
19:49

mokko

URL

なるほど!

シンデレラは靴を置いてきたのかぁ~
見方を変えるとすごいことになりそう(^◇^;)
しかしこのカバーイラストがステキ過ぎる
植物図鑑のカバー描いた人ですよね?
このイラスト見ただけでワクワクしますо(ж>▽<)y ☆
っていうかドラマは見てないけど、2作目が入るんですね
チェックします!
あえて読まない(^◇^;)

Edit | Reply | 
Sun
2013.03.24
22:51

翠香

URL

mokkoさんへ

シンデレラってそんな計算高い女だったのねぇ(笑)
ドラマの録画も観ましたが、かなり原作に忠実でしたね。
でも2時間に収めようとした為か、駆け足気味でした。
吉岡秀隆さんは百瀬の雰囲気が出ていたのだけど、杏さんがイメージ違うのですよね・・・。
実は2作目も既に購入済み。
私は原作を先に読みたい派なので、ドラマ前に読みます!

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?