Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 森博嗣 > 【虚空の逆マトリクス-INVERSE OF VOID MATRIX】 森博嗣

【虚空の逆マトリクス-INVERSE OF VOID MATRIX】 森博嗣

 26, 2013

◆◇◆ぐるぐる回る◆◇◆

森博嗣(シリーズ外)
短編集
講談社ノベルス 2003.1
  講談社文庫 2006.7


■あらすじ

西之園萌絵にとって、その夜は特別なものになるはずだった。けれどちょっとした心理の綾から、誘拐事件の謎解きをする展開となり・・・・・・(「いつ入れ替わった?」)。上から読んでも下から読んでも同じ文章になる回文同好会のリリおばさんが、奇妙な殺人事件を解決(「ゲームの国」)など軽やかに飛翔する、短編7作を収録。
(講談社文庫より)

■感想
森博嗣氏の第4短編集。7つの短編が収められています。
今回はS&Mシリーズ番外編が1作のみなのでちょっと寂しいかな。
軽いお話もありますが、どちらかというとちょっと切なくなるお話が多いですね。
長編シリーズとは一味も二味も違った味わいがあります。


【トロイの木馬】
千宗が持ち込んだゲームの付属品に、トロイの木馬が仕掛けられていた。
侵入経路はある研究機関のサーバで、そのサーバ管理者は行方不明になっていた。

森先生らしい作品。コンピュータ用語がバリバリ出てきます(^^;)
システムがウィルスに汚染されててんやわんやしているのですが、実はこれ、近未来設定のお話。
ネット環境が整備され、将来的にはこの作品のように会社にも学校にも行かなくてよい時代が来るのかな。
確かに楽で便利ではあるけれど、全ての事が家にいながら出来てしまうと
人間関係が希薄になりそうで怖いな・・・。


【赤いドレスのメアリィ】
真っ赤なドレスに赤いブーツ、赤い手袋を身にまとった老婆「メアリィさん」は、
毎日朝から晩までバスの待合所のベンチに座っていた。
ある日、彼女を知っているという老人から昔あった《赤い薔薇》というレストランの話を聞く。

ちょっとした誤解からこんな悲劇を生んでしまうとは・・・
実はこれ、実在した人物がモデルになっているそうです。
どんなドラマがあったのかは実際には分かりませんが・・・。


【不良探偵】
従兄弟のシンちゃんは、自分が探偵だと思い込んでいる。
真由子が何者かに殺された時、シンちゃんは探偵だから捜査しなければならないと、
真由子の部屋に行っていた。
シンちゃんは真犯人を知っているという。

これは切ないですね・・・。
私はある作家さんの長編作品(ネタバレになりそうなのでタイトルは伏せておきます)を思い出しました。
シンちゃんがかわいそう


【話好きのタクシードライバ】
タクシーの運転手につまらない話を延々と聞かされてうんざりする話(笑)一応オチはあります。
案の定、実話でした(笑)
話好きも困るけど、道を知らない運転手も困る
折角ひと眠りしようと思ったのに、道案内させられるのは勘弁して~!


【ゲームの国(リリおばさんの事件簿1)】
食堂で働く佳奈は冷凍庫の中で死体を発見した。
冷凍庫の床にはダイイング・メッセージがあった。そして被害者の自宅にも奇妙なメモが・・・。

【今夜はパラシュート博物館へ】にも『ゲームの国』という短編があり、シリーズ(?)第二弾だそう。
前回はアナグラムでしたが、今回は回文の世界へ。
「土井さん言う、封印再度」にウケたw 土井さんの回文は森ファンにはたまらない。
リリおばさんの作品には長文の力作もありました。事件も一応解決しています(笑)


【探偵の孤影】
探偵の元へ、ブロンドの若い女が姉を探してほしいと依頼に来た。
名前は名乗らず、手掛かりは以前に住んでいた住所と女と同じリングをしていることだけ。
探偵が張り込みを続けていると、男が一人建物の中へ入っていった・・・。

珍しくハードボイルド(しかも登場人物が外国人)だな~と思ったら、ホラーなオチが付いてました(^^;)
探偵さん、カッコいいと思ったのだけどな~


【いつ入れ替わった?】
犀川先生に会えるのを楽しみにしていたのに、
近藤刑事から、誘拐事件の身代金をまんまと犯人に奪われたという話を聞かされた萌絵。
刑事たちが監視する中、どうやって紙袋をすり替えたのか?

S&Mシリーズ番外編。喜多先生も登場しています(^^)
萌絵も犀川先生も二人きりになることを避けているなんて変なカップルですねぇ。でも最後は・・・うふふ

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • S&Mシリーズ【封印再度】を読んだ方
  • クイズ・パズルが好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:森博嗣

COMMENT 2

Wed
2013.03.27
22:47

mokko

URL

やはり・・・

メインのシリーズS&MやVシリーズは
読んでおかないと、短編集を楽しめないのねぇ
登場人物もの名前だけで読んでいなくても
シリーズがわかってしまう(^◇^;)
これも早く積読本消化しないと(; ̄ー ̄川 アセアセ

Edit | Reply | 
Wed
2013.03.27
23:27

翠香

URL

mokkoさんへ

短編集の中でS&MシリーズやVシリーズの占める割合は少ないのですが、
やっぱり知っている方が楽しめますね。
S&Mシリーズは毎度おなじみという感じなので、森ミステリの中でも基本なのかも。
1冊が分厚いので、なかなか大変なんですけどね(^^;)
私はこれから四季シリーズに入ります!

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?