Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 北森鴻 > 蓮丈那智 > 【写楽・考-蓮丈那智フィールドファイル3】 北森鴻

【写楽・考-蓮丈那智フィールドファイル3】 北森鴻

 02, 2013

◆◇◆助手はつらいよ◆◇◆

蓮丈那智フィールドファイルシリーズ3
短編集
新潮社 2005.8
  新潮文庫 2008.2


■あらすじ

歴史に不滅の名を刻みつつも、いまだヴェールに厚く覆われたままの、東洲斎写楽。蓮丈那智は、古文書の調査の訪れたはずの四国で、その浮世絵の知られざる秘密へ足を踏み入れることに(表題作)。憑代、湖底遺跡、奇怪な祭祀。異端の民俗学者は、堆積する時代に埋没してしまった死者の囁きに、今日も耳を傾け続ける──。あなたの知らぬもう一つのニッポンを描く、本格ミステリ集。
(新潮文庫より)

■感想
蓮丈那智フィールドファイルシリーズ第3弾。前作の記憶が薄れないうちに読みました(笑)
今までは那智と内藤のコンビで巻き込まれた事件の謎を解くという図式になっていて、
二人の関係は助教授と助手であり、ホームズとワトソン(というよりも女王様と下僕か^^;)のそれでしたが、
前作の最終話より佐江由美子が新たな助手として加わり、
あの狐目の教務部担当も民俗学のフィールドに参入するなど、賑やかになってきました。
那智先生とミクニの関係は残念ながら変わらないのだけど(^^;)
特に由美子が「リトル那智」みたいになってきて、ミクニはさらに肩身が狭くなり(笑)
折角面白くなってきたのに、北森さんが書いたのは本作までなんですよね・・・。残念です


【憑代忌】
東敬大学に伝わる都市伝説が変容し、内藤の写真があらぬ扱いを受けていた。
那智は内藤と由美子に南アルプスの山懐にある、火村地区の火村家に伝わる御守り様人形の調査を命ずる。

火村という名前につい反応してしまう(^^;)しかし、当主は憐れな姿に・・・。
憑代・・・なんとも皮肉な結果になりましたね。
内藤君は那智先生の助手をしていると命がいくつあっても足りませんね(^^;)
確かに段々エスカレートしていくと恐ろしい。無事でよかったです。


【湖底祀】
F県火原郡栄村にある円湖湖底に、江戸時代初期の神社跡が存在する可能性があると
村役場の林崎が発表した。
果たして湖底から鳥居が発見されたが、那智はそれ以外の遺跡は見つからないだろうと予言めいた発言を残す。

ああまたしても内藤君は災難なことで。やっぱり那智先生の助手は火の粉をもろに被りますよねぇ(^^;)
これは大方予想がついてしまいました。もうちょっと伏線があればよかったのだけど。
それでも鳥居についての考察は興味深かったです。


【棄神祭】
御厨家では三年に一度、家護の神像を燃やすという奇妙な祭祀がある。
那智が修士課程の院生だった頃、祭の翌朝、御厨家の執事が殺されるという事件があった。
内藤が御厨家について調べると、当主による終戦時のエッセイを発見する。

これはほんの些細な勘違いから大いなる悲劇を生んでしまいました。誰が悪いわけでもないのに・・・
終戦時はこういうこともあったのかもしれませんね。エッセイは創作だろうけど、壮絶な内容でした。


【写楽・考】
式直男なる人物が学会誌に『仮想民俗学序説』という論文を発表した。
那智たちが式家を訪ねると、式直男は行方不明になっていた。
那智は式直男と面識がないと証言したが、学会誌に論文を仲介したのが那智であることが判明する。

これ、章題やあらすじからも写楽の謎がテーマだと思いますよね。
ところが話題になるのはオランダの著名な画家。写楽はどこへ行ったと思ったら・・・
ついに狐目教務部担当の名前が明らかになります。でも何故今まで名前を伏せていたのか疑問なんですが・・・。
また、再び冬狐堂こと宇佐見陶子がゲスト出演しています。
那智先生との共演はファンにはうれしいことでしょう(^^)


シリーズ第4作【邪馬台】は、北森さんの遺志を継いで浅野里沙子さんという方が書かれたそうです。
北森作品の集大成とも言うべき作品だそうで、北森オールスターズ総出演だとか。
まだこれを読むのは時期尚早なので、次からは冬狐堂シリーズに移行したいと思います

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • 民俗学に興味がある方
  • 歴史・伝説に興味がある方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:蓮丈那智 北森鴻 民俗学

COMMENT 4

Thu
2013.04.04
21:41

miroku

URL

なにやらミクニが主人公のダメ男ラブコメみたいな、妙な味わいが増してきて、さらに面白くなってきたのに・・・。
途中からお弟子さんが書いた第4巻も手に取ったのだけど、やはり読むのは淋しく・・・。
切ないですね。
お気に入りの作家の訃報は、友人の訃報のような感じがします。

Edit | Reply | 
Thu
2013.04.04
22:03

翠香

URL

mirokuさんへ

ミクニが主人公のダメ男ラブコメ・・・確かに(笑)
どうしてこう毎回災難に遭うかなって感じですよね。
まあ火種は那智先生なんだけど(^^;)
狐目も加わり、面白くなってきたのですけどね・・・。
4作目は北森さん自身が集大成作品にするつもりだったそうです。
なので4作目はとりあえず保留して、今度は冬狐堂を読もうと思います。

Edit | Reply | 
Wed
2013.04.10
21:43

mokko

URL

w(゚o゚)w オオー!

mokkoは読むのが勿体無くて積んでます(^◇^;)
狐目がフィールドワークに参加っていうのが
衝撃です!
レビューを見ちゃうと読みたくなるんですよねぇ
困ったわぁ~(^◇^;)

ときどき、こちらのブログには締め出しを食らってしまうんですよね
最近調子がいいと思っていたら、早速締め出されて
ショックだったり(; ̄ー ̄川 アセアセ

Edit | Reply | 
Wed
2013.04.10
23:54

翠香

URL

mokkoさんへ

私は冬狐堂を早く読みたくてという狙いがあったのですが、
やっぱりどこかで勿体なくて止まっちゃいそう。香菜里屋も4作目は積んだままだし。

狐目、かなり活躍していますよ!
その分、ミクニのダメっぷりも際立ってますけど(^^;)

あれれ?またおかしくなってました?
他の方からのコメントも届いていたし、
前に言った他所のRSSもちゃんと更新されるようになったので、安心していたのですが・・・。
少し間を空けて再トライしてみてください。お手数かけますm(_ _)m

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?