Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > あ行の作家 > 【真夜中のパン屋さん-午前0時のレシピ】 大沼紀子

【真夜中のパン屋さん-午前0時のレシピ】 大沼紀子

 29, 2013

◆◇◆みんなちがって、みんないい◆◇◆

真夜中のパン屋さんシリーズ1
連作短編集
ポプラ文庫 2011.6


■あらすじ

都会の片隅に真夜中にだけ開く不思議なパン屋さんがあった。オーナーの暮林、パン職人の弘基、居候女子高生の希実は、可愛いお客様による焼きたてパン万引事件に端を発した、失綜騒動へと巻き込まれていく・・・・・・。期待の新鋭が描く、ほろ苦さと甘酸っぱさに心が満ちる物語。
(ポプラ文庫より)

■感想
2年ぐらい前に爆発的人気になった「マヨパン」。(マヨネーズ入りパンのことではないです。念のため^^;)
王様のブランチでも取り上げられ、ちょっと気になってはいたのですが、
本屋の平積みを見て、表紙の女の子の目が異様に大きいのが気持ち悪くて手を出さなかった(^^;)
(いや~我ながら凄い理由ですね。でも今見てもやっぱり気持ち悪い・・・。)
でも、ブームが去ったのか、ブックオフで見かけるようになり、ようやく購入~(笑)
そんな折、ドラマ化されるという噂を聞きつけ(ちなみに第1回放送は昨日でした^^;)、
遅まきながら読んでみました。

読む前は【和菓子のアン】みたいな、パン屋さんを訪れる人々の悩みを解決する、
ほっこりハートウォーミングな話だと思っていました。
まあ最終的にはそういう方向へ向かうのだけど、想像以上にハードな内容でしたねぇ。
まずヒロインの希実の境遇が凄い。
父親はどこの誰だか分からず、母親は誰彼かまわず希実を預けて行ってしまうという超無責任ぶり。
おまけに希実は学校でいじめに遭っている。
そんな希実の新しい受け入れ先となった、ブランジェリー・クレバヤシのオーナーの暮林とパン職人の弘基。
いきなり見知らぬ少女が訪ねてきたら普通は戸惑うだろうに、彼らはすんなりと受け入れている。
暮林は万事につけ穏やかな性格だし、弘基も口は悪いが特に拒絶するでもなく。
ある日、希実がバケツの水を頭から掛けられ、ずぶ濡れで帰宅した時も、
弘基は「よう。今日はプール開きだったのか?」とごく軽い反応を返すので、
乙女の読者はキュンキュンしちゃうんだろうなぁ。しかも弘基はイケメンだしね。
このシーン、ドラマでは、暮林と弘基が揃って「どうしたの?希実ちゃん。大丈夫?」とオロオロ
まあそれが普通の反応なんだろうけど、原作の良さが台無しになってましたねぇ(^^;)

暮林や弘基も含めて、登場人物は皆壮絶な過去を背負っているので、
これでもかと次々に辛い現実を突きつけられるのは、読んでいてなかなかしんどい
それなのに、心にずしんとくるほどではなく、なんとなくゆるいと感じてしまう。
これは文体のせいなのかな?
特に弘基のセリフは若者言葉を演出するためか、やたらと長音が多い。
「おめー」、「なんつーか」、「うるせーよ」・・・万事この調子(^^;)
あんまり多いとちょっとイライラする

あと、こだまという小学三年生の少年が登場するのですが、小3にしてはちょっと幼いような・・・。
「ん!」と手を差し出し、手をつなぐことを要求するのって、幼稚園児みたいなんですけど。
こだま少年が万引き事件を起こした時、「善悪の判断もつかない子供のくせに」という件があるのですが、
小3なら善悪の判断ぐらいつくと思うよ?
後で万引きの真相が明らかにされるのですが、それでも疑問が残ってしまう。
まあちょっとリベザルぽくって可愛いのですけど。

また、おいしそうなパンがたくさん出てくるので、パン屋に行きたくなるという感想も耳にしましたが、
正直、そこまでではないかな(^^;)
「しずる感」がイマイチ伝わってこない。
もっと具体的にパンの描写をしてくれたら、すごく食べたくなると思うので、そこが残念ですね。

ちなみにブランジェリー・クレバヤシは三軒茶屋にあるのだそうです。
三軒茶屋といえば、やっぱり北森鴻さんの香菜里屋を思い出しますね。
三茶にはほっこりなごむお店が二つもあるのですね~(*^^*)

■評価(5個が最高)

 ◆壮絶度
◆ほっこり度
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • 女子中学・高校生の方
  • パンが好きな方
  • お子さんをお持ちの方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:真夜中のパン屋さん 大沼紀子

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?