Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 高田崇史 > 鴨志田甲斐(カンナシリーズ) > 【カンナ 天草の神兵】 高田崇史

【カンナ 天草の神兵】 高田崇史

 24, 2013

◆◇◆天草四郎の秘密◆◇◆

カンナシリーズ2
長編
講談社ノベルス 2009.1
講談社文庫 2012.4


■あらすじ

出賀茂神社の跡取りで忍者の血を引く甲斐は、秘密の社伝『蘇我大臣馬子傳暦』を追って、巫女の貴湖らと九州・天草へ。そこでは、児童養護施設「ロザリオ園」のシスターが撲殺されるという事件が起こっていた。犯人は神父が匿っている、と睨む甲斐だが、その前に、“神の子”天草四郎出生の謎が立ちはだかる。日本史の常識を覆す、新シリーズ第2弾。
(講談社文庫より)

■感想
カンナシリーズ第2弾。
前作が「次回に続く!」みたいな中途半端な終わり方だったので、気になり、
内容を忘れないうちに本作を手に取りました。(既に術中にハマっている^^;)

行方を捜していた早乙女諒司を見かけたと熊本出賀茂神社から連絡が入り、早速甲斐は熊本に行くことに。
前回同様、巫女の貴湖と忍者犬のほうろくをお供(?)に連れて。
そして何故か甲斐の高校時代の同級生である竜之介も同行することに。
なんだか三毛猫ホームズシリーズのパターンに似てきましたね(^^;)
別に甲斐と貴湖は兄妹じゃないし、ほうろくが謎を解いたりはしないのだけど(笑)
でもほうろくの活躍はめざましいものがあります(^^)
貴湖の方は相変わらず、甲斐一人じゃ心許ないだの、
「調べるという努力をしましょうね、甲斐さん。歴史は覚えるものではなく、考えるものですから」などと諭したり。
全くどちらが年上なんだか分かりませんね(^^;)

今回のテーマは「島原の乱」。
島原の乱といえば、天草四郎を擁立して起こしたキリシタン一揆だと歴史の授業で習いましたが、
事はそう単純ではないようで。
天草四郎が何故『四郎』なのかは考えたこともなかったですね(^^;)
四郎には男兄弟はいないので、四男だからではないのです。
この説は多少こじつけかなとも思うのですが(ツッコミどころもあり^^;)、なかなかの珍説ですね。

甲斐は普段はのほほんとしていて、忍者の末裔とは思えないのですが、
やはりいざというときには忍者の血が目覚めるようです。
諒司が教会のクリプタ(地下納骨堂)に匿われているのではという疑いを抱き、
竜之介と声を揃えて「忍び込む」と言ったのには、やっぱり忍者だ~と思いましたね。
それに形態認識能力も高いようです。
甲斐と別行動になった貴湖に命の危険があるのももはやお約束?
でも前作を読んでいれば忍術を使ったことが分かりますよね。

殺人事件も一応(?)起こっているのですが、特筆すべきものはないですね(^^;)
QEDもそうだけど、このシリーズも歴史の謎がメインで現実の殺人事件はおまけのようなものみたいです(苦笑)
結局諒司の行方は分からずじまい・・・こんな調子で9作まで引っ張るのかしらん?(^^;)
シリーズの性格上、第1作から順に読むのが良いようですね。
ちなみに全9作のタイトルの最後の文字を繋げると、
臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前となり、陰陽師などが用いる呪文になっています。
いや~凝ってますよねぇ。さすがは百人一首曼荼羅を作った作者ですね。

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度★★★

■特におすすめ!

  • 歴史が好きな方
  • QEDシリーズは薀蓄が凄くてちょっと・・・と感じている方
  • 冒険譚が好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:高田崇史 カンナ 鴨志田甲斐

COMMENT 2

Sat
2013.05.25
06:47

mokko

URL

知らなかったぁ~

カンナシリーズは気になってはいたんですが
やはりシリーズ物に手を出すのは無理だぁ~と思いまして
諦めていましたが、最後の文字を繋げると九字になるんだぁ~
タイトル決めるのも大変そうだけど、そういう仕掛けがあるっていうのも
楽しいですねぇ~о(ж>▽<)y ☆

Edit | Reply | 
Sat
2013.05.25
23:55

翠香

URL

mokkoさんへ

そうなんです。九字になるらしいです。
私も本作の解説を読んで初めて分かったのだけど。
カンナシリーズは歴史の薀蓄もありますけど、
くどくどしい感じではなく、軽くてさらりと読めてしまいますよ!

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?