Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 篠田真由美 > 蒼の物語 > 【Ave Maria アヴェマリア】 篠田真由美

【Ave Maria アヴェマリア】 篠田真由美

 22, 2013

◆◇◆蒼、過去の自分と向き合う◆◇◆

蒼の物語
長編
講談社ノベルス 2004.5
講談社文庫 2010.8


■あらすじ

酸鼻を極めた薬師寺事件から、はや十四年。時効を目前にした七月、蒼こと薬師寺香澄のもとに、謎の封筒が届いた。送り主は「響」、封筒の中身はただひとこと「REMEMBER」──。蒼は京介たちの手を借りずに、過去と向き合い記憶を辿り始める。『原罪の庭』の真相に迫る、「建築探偵シリーズ」最高傑作。
(講談社文庫より)

■感想
テーマ読み「ヒロイン」ラストを飾るのは、【Ave Maria アヴェマリア】です。
ラストは聖母マリア・・・これに勝る女性はいないでしょう。

本作は蒼の物語第3弾です。
冒頭に篠田先生からの断り書きにもありますが、本作では【原罪の庭】の真相に触れていますので、
必ず先に【原罪の庭】を読んでから本作をお読みください
さらに建築探偵シリーズの世界を堪能していただくために、
本編・番外編を合わせて過去のシリーズを一通り(なるべく刊行順で!)お読みになることをおススメします。
本作でも、過去の作品についてネタバレしない程度に触れていますので、
知っていればより楽しめると思います(^^)

薬師寺家事件から14年。時効を目前としたある日、蒼こと薬師寺香澄のもとに1通の手紙が届いた。
文面はただ一言「REMEMBER」とだけ。差出人は「響」──この名前にはるか昔聞き覚えがあった。
クリスマス・イブの午後、温室の外側から憎しみのこもった目で見つめる少年がヒビキという名であった。
一体何を思い出せというのだろう・・・蒼は過去の自分と向き合うことになる・・・。

いつも京介たちに子供扱いされ、忸怩たる思いでいた蒼は、
誰にも頼らず一人で解決しようとするのですが・・・その姿はなんとも痛々しい
全く。変なところで意地っ張りなんだから。誰に似たのでしょうね?・・・たぶん京介でしょう(笑)
蒼の言動は少なからず京介や深春、神代教授の影響を受けてますね(^^;)
本作では蒼の色々な顔が見られます。
うじうじと一人で悩んでプチ引きこもりをしている時は心配でハラハラしましたし、
かと思えば大切な人を守るために殺人鬼のふりをしてみせたのにはたとえ演技とはいえ、驚かされました。
童顔の為軟そうに見えるけど、深春仕込みで意外に腕力はあるし、
京介ばりの名推理をしてみせたのには頼もしく思ったり。
こういう蒼の色々な表情や成長が見られるのがファンにはうれしい(*^^*)

今回、薬師寺家の新たな事実が明らかになるのも注目です。

蒼は自分の過去を親友の結城翳に話そうとするのですが、
思わぬ形で翳が薬師寺家事件を知ることになり、二人の友情に亀裂が・・・。
これにもハラハラさせられっぱなしでした。
でもラストシーンで蒼が事件の真相を話した時の翳の反応には思わずうるうる。やっぱり翳くん、いい奴だ~。
蒼は自分一人で立ち回ったつもりだけど(正確には門野さんには相談しているのだけどね)
実は京介たちが裏で動いていた訳で(^^;)
蒼ってば本当にいい仲間を持ってますよね。この幸せ者っ!!(笑)

■評価(5個が最高)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404404404
◆満足度★★★★

■特におすすめ!

◆テーマ読み「ヒロイン」◆
テーマ読み「ヒロイン」

今回で当ブログのテーマ読み「ヒロイン」は終了いたしますが、
皆様からのご参加は引き続き受け付けておりますので、いつでもお気軽にどうぞ!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:蒼の物語 篠田真由美

COMMENT 6

Wed
2013.07.24
08:14

結衣

URL

読まれたのですね(*_*)

読まれたのですね!
良かったでしょう!(^^)!
私もこれを読んで、蒼についてはすっかり安心しました。
良い友人を持ってたくましくなった蒼が、今度は京介を本当の意味で
救ってくれるといいな、と思います。
「ヒロイン読み」でこれを読まれるとは思っていませんでしたが
(なるほど、Ave Maria は女性の名前ですね)、
建築探偵シリーズはまだまだ続くようですね。
ぼちぼち楽しみつつ読んでいきたいと思っています。

Edit | Reply | 
Wed
2013.07.24
22:20

翠香

URL

結衣さんへ

もう読んでいる間はハラハラドキドキし放しでした。
蒼は小さい時に京介に育てられたせいか、
妙な所で意地っ張りなのが似てしまいましたね(^^;)
今回は翳くんがポイント高かったですねv-291

そういえば、「さくらゆき 桜井京介returns」が発売されるのですよね。
めちゃくちゃ気になるのですが、まだシリーズ作品も残っているし・・・。
やっぱりこのシリーズは大事に読んでいきたい。
篠田先生の他の作品もいくつか持っているので、今度読んでみようかな。

Edit | Reply | 
Wed
2013.07.24
22:41

mokko

URL

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

何てラストに相応しい作品なのでしょう(*´◇`*)
読んでからゆっくりレビューを読もうと思ったけど
我慢できなかった(^◇^;)
そうかそうか!見どころ・・・読みどころ満載なのねぇ~
どうしましょ・・・既にドキドキしてますよぉ~
っていうか、ウルっとしている私がいます(^◇^;)
これを読む前にmokkoはあと1冊残ってました
やはりこのシリーズは順番に読まないといけないのですね
あぁ~早く読まないとぉ~((o(^∇^)o))わくわく

Edit | Reply | 
Thu
2013.07.25
22:57

翠香

URL

mokkoさんへ

はい。読みどころ満載です(*^^*)
蒼の場合、過去と向き合うだけでも大変な覚悟がいるはずなのに、
さらに理不尽な悪意をぶつけられるし、危ない目に遭うというお約束もあって
も~うハラハラドキドキの連続でした。
でも、私たちの蒼がこんなに立派に成長したのには感動しましたね。
もうすっかり母目線です(笑)
angelsは番外の番外という感じなので、飛ばしても大丈夫ですよ。
あとは京介ですね。
蒼と違って素直じゃないので、やっかいなんですよね~この人は(^^;)

Edit | Reply | 
Sun
2013.07.28
22:00

akane

URL

ラストだったんですね★

アヴェ・マリアi-190確かにテーマ読みのラストを飾るのにふさわしい~i-80

翠香さんのレビューを読んで、久々に蒼への想いが
メラメラと燃えてきましたi-179
翳クンが過去を知ってしまうのですねi-238それはーーー避けては通れない道だとは思っていたものの、めちゃくちゃ心配i-240

この作品のためにも、再読ガンバリマスi-185

Edit | Reply | 
Sun
2013.07.28
22:51

翠香

URL

akaneさんへ

私の方は無事テーマ読みを終了しました♪
蒼の物語だからヒロインじゃないけど・・・と思ったのですが、
ラストにふさわしいと言っていただいてよかった(^^)

翳くんに蒼の過去を伝えることは蒼の意志でもあるのですよ。
いや~これほどまでに蒼のことを思っていてくれるなんて感動しましたよ~v-291
私は再読しなかったけど、読んでいるうちに色々思い出してきたので、
一度過去の作品を読んでいるなら大丈夫だと思いますよ。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?