FC2ブログ
毛髪再生

【喪われた道】 内田康夫

Category浅見光彦
 4  0

◆◇◆虚無僧はどこから来てどこへ行ったのか?◆◇◆

浅見光彦シリーズ48
長編
祥伝社 1991.10
ノン・ノベル 1994.4
  祥伝社文庫 1996.2
  角川文庫 2000.5
55TVドラマ化決定!(2008.5.2放送 主演:中村俊介)

喪われた道 (角川文庫)
内田 康夫
4041607507

■あらすじ

青梅山中で虚無僧姿の死体が発見された。被害者は会社役員羽田栄三。「旅と歴史」の取材中に事件に遭遇した浅見光彦は、独自の調査に乗り出す。浅見は尺八名人の羽田が修善寺ゆかりの秘曲「滝落」の吹奏を拒絶していたことを知り、源頼家忌と重なった事件当日には、修善寺で虚無僧が目撃された事実を掴む。かつて修善寺で暮らしていた羽田の過去とは? 頼家忌の伊豆で何が起きたのか? 発見現場の青梅との関連は? やがて、浅見の前には「失われた道」という謎の言葉が立ちはだかる・・・。内田文学の新境地となった傑作長編推理。
(角川文庫より)

■テーマ
 虚無僧
 土肥金山
 伊豆大島近海地震

■舞台
 静岡県田方郡大仁町
          修善寺町
          天城湯ヶ島町
          土肥町
 東京都青梅市

■ヒロイン
 羽田記子(20歳・早大生)

■感想
 浅見は例によって、『旅と歴史』の藤田編集長の依頼で、甲州裏街道の黄金ルートの取材のため、一路青梅へ──。その道中、死体遺棄事件の現場で通行止めにぶつかります。今回は第一発見者とならなかっただけ、まだマシでしたが、『浅見の行くところ、事件あり』で、この事件に首を突っ込むことになります。
 浅見は、『旅と歴史の記者』であることを利用して、第一発見者で郷土史家の元へ話を聞きに行きます。事件の話を聞く一方、本来の目的の取材に関する有益な話も聞くことができて、ちゃっかりルポも仕上げています(笑)
 それにしても、藤田編集長がお手伝い・須美子のウケがいいとは意外でしたね。軽井沢のセンセは嫌われているのですが(笑)

 さて、被害者は虚無僧の格好をしていたのですが、本物の虚無僧はいないという事実には驚きました。どうやらたまーに渋谷あたりで見掛ける、笠をかぶって鈴のついた杖のような棒(三蔵法師が持っているような棒です)をシャンシャンと上下に振っている僧(?)と勘違いをしていたようです。・・・確かに深網笠をかぶって尺八を吹いている姿なんて、時代劇でもなければ見ないですね。でも、さらに驚きなのが、虚無僧研究会というのが実在するらしいのです。ホームページまであるんですよ!まぁ実体は尺八同好会みたいなものらしいですが。

 この作品の舞台は土肥町ですが、ちょうど読んでいるときに、土肥の地滑り事故があったので、びっくりしました。場所も事故の内容も物語とシンクロしていたので・・・。しかも浅見が伊豆を訪れたのが、7月28日なんですよ!タイムリーすぎて怖いくらい。

 ところで、今回のヒロインは女子大生。ここ何作かは落ち着いた感じの女性がヒロインでしたが、女子大生ヒロインは【金沢殺人事件】以来です。しかし、女子大生に「浅見さんて、もう少しヨコシマだと、いいんですけどね」なんて言われているようじゃ、ダメだなぁ。390

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • 男性の方71
  • 時代劇が好きな方

■追記
 
この 【喪われた道】は、いよいよ5月2日にドラマ放送されます!
 浅見光彦役は中村俊介さんです。
 金曜プレステージの時間帯が変わって、19時57分~21時49分になりましたので、お間違えなく!!

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
下のバナーをクリックしていただけるとさらにやる気UPしますので、
応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

浅見光彦内田康夫

4 Comments

すくね  

 いよいよ5月2日にドラマ放送ですね!ドラマ化してくれないかな~と思っていた作品なのでかなり楽しみだったりします。写真を見る限りでは、ヒロイン役の宮地真緒さんはかなり私のイメージに近いのかな?と思っていますが、翠香さんのイメージとは違っています?
 まあ、私もドラマ放送前ということでレビューを書いてみたのですが、翠香さんも「もう少しヨコシマ・・・」というところに着目されてらっしゃるのですね(苦笑。同じ着眼点で書いているな~と今、読ませていただきながら苦笑させていただきました。
 ちょっとだけ光彦の弁護をしますと、まあ女性に対して慎重だということで好意的に解釈してあげてください・・・(笑。

 そうそう、今回、翠香さんのブログにトラックバックさせていただこうと思ったのですが、なぜかエラーが出てTBできないですね。実は以前も同じことがあったので、ひょっとしたらYAHOOからはTBできないようになっているのかもしれませんね。

 では、ドラマを楽しみにいたしましょう!

2008/04/29 (Tue) 21:42 | REPLY |   

翠香  

ドラマはいよいよあと2日ですね♪

すくねさん、いつもコメントありがとうございます。

このお話は、どちらかというと男性好みの内容だったように思います。
ヒロインも印象が薄くて、はてさてどんなイメージだったのか(^^;)

浅見は紳士なところが好きなのですが、人畜無害過ぎてじれったくなることがありますね(笑)

トラックバックの件ですが、一時期スパム(いわゆるアダルトサイト)に悩まされていたので、色々とブロックを掛けているのですが、ブログが閲覧できて、コメントも入れられるということは、そのせいではないようですね。
楽天やライブドアブログからはトラックバックできるようなので、YAHOO側の問題かもしれません。でもこちらからはトラックバック出来たのですよね・・・。
とりあえず、もう少し調べてみますね。

2008/04/30 (Wed) 23:34 | REPLY |   

すくね  

ブログのほうにコメントをいただきましてありがとうございました。

楽しみにしていたのに後半しか見れなくて、ちょっとショックを受けております(苦笑。
作品自体は、翠香さんの仰るとおり男性好みの内容ですよね。どうドラマでアレンジされていたのかは前半部分を見ていないので断言できませんが、最後の犯人との対決シーンが違っていたので、驚きましたけど、それ以外は原作に比較的忠実な印象を受けましたけど、どうでしたか?

 なるほど、翠香さんから見ると、光彦が人畜無害すぎてじれったくなるというわけですね~。私も同じようなところがあるので、コメントを控えておきます(苦笑。

 そうそうTBの件ですが、恐らくYAHOOのシステムの問題だと思います。結構不具合が多いんですよー。ときどき時間をかけて書いた記事が投稿されなくて、泣きたくなることがありますし・・・。いつだったか3時間ぐらいかけて書いた旅行記が消えたときもありましたから(笑。

2008/05/03 (Sat) 01:29 | REPLY |   

翠香  

ドラマレビューしました♪

今回初めてドラマのレビューをしてみました。すくねさんの記事へのリンクを入れさせていただきました。(事後報告ですみません)

この作品、「悠久の大義」とか男くさいイメージですよね(笑) 【江田島殺人事件】にも相通じるところがあるな~と思いました。

今回のドラマレビューのため、作品を読み返してみたら、ヒロインが浅見のことを「人畜無害」と言っていたのですね(苦笑) そんなことは忘れていてコメントしていたのですが、いやはや。

>3時間ぐらいかけて書いた旅行記が消えたときもありましたから
3時間分の苦労が水の泡とは、悲しすぎますねv-390
私はぶっつけ本番で記事を書くという芸当が出来ないので、下書きを作ってからコピペしています。記事にするまでは時間が掛かるのですけど、万一ブログを削除されても元ネタは残りますから。v-219

2008/05/07 (Wed) 00:10 | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment