Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 土曜ワイド劇場 > 土曜ワイド劇場【ミステリー作家六波羅一輝の推理(3)ニライカナイの語り部】

土曜ワイド劇場【ミステリー作家六波羅一輝の推理(3)ニライカナイの語り部】

 15, 2013

◆◇◆リゾート開発を巡る陰謀!◆◇◆

■放送日時
  2013年9月14日 テレビ朝日 土曜ワイド劇場 21時30分~23時06分

■番組名
  ミステリー作家六波羅一輝の推理(3)ニライカナイの語り部

■原作
  鯨統一郎「作家六波羅一輝の推理 ニライカナイの語り部」(中央公論新社刊)

■CAST
 六波羅一輝    上川隆也
 北村みなみ    横山めぐみ
 島袋高子     手塚真生
 長嶺海人     海東健
 比嘉賢太郎    山口翔悟
 喜屋武まりね   三津谷葉子
 大里一平     井之上チャル
 キジムナー爺  笹野高史
 知花クラ      銀粉蝶
 金城俊一     末吉功治
 比嘉善次郎    小野武彦
 島袋ワカ      岡田茉莉子

                  ほか

■あらすじ

六波羅一輝と北村みなみは琉球の国づくり伝説を取材するため沖縄の離島へと向かう。その船中、崖の上に立つ白装束の美しい女性、島袋高子の姿を目撃する。地元で“神の島”と呼ばれるニライ島では、神々と交信する女性の司祭『カミツカサ』の8日間にわたる就任式が、まさに始まろうとしていた。みなみの目的は、40年ぶりに行われるという就任の儀式を次の小説の題材にすること。そして、この高子こそ、新たにカミツカサに就任する女性だったのだ…。
 ニライ島に到着した二人は、さっそく現カミツカサで高子の祖母・ワカから取材許可を勝ち取る。「もしも途中で逃げたら、死ぬ」という、ワカの恐ろしい言葉とともに…。
 その夜、一輝とみなみは、島のリゾート開発をめぐりいがみ合う若者たちに遭遇する。神のお告げで高子の結婚相手に決まったという金城俊一は反対派のリーダー。そんな中、その場にいた謎の老人・キジムナー爺が、リゾート開発でガジュマルの古木を倒せば、ガジュマルの木の精霊・キジムナーが祟り、海で人が死ぬだろうという、不気味な言葉を口にする。
 翌朝、反対派のリーダー・俊一が水死体で発見され、島は大騒ぎになる。「海で人が死ぬ」…キジムナー爺の予言が的中してしまったのだ!
 俊一の死因は溺死。しかし、その口には、猛毒を持つというハブガイがくわえさせられていた。ハブガイは善人と悪人を見抜き、悪人のみを刺し殺すとの言い伝えがある。もしも、これが殺人ならば、犯人は俊一が悪人だと言うメッセージを伝えたかったということに。一輝は小説の構想もそっちのけに、謎解きに取りつかれていく…。

■感想
久しぶりの六波羅一輝シリーズですね~
原作者の鯨統一郎先生は歴史や伝承を絡めた物語を書かれる方なので、注目しています。
その点では内田康夫先生の作品と似ているところもあるかも。
内田先生といえば、先日浅見光彦シリーズがドラマ化(ドラマ【浅見光彦シリーズ第48弾 幻香】)されましたが、
雪が降りしきる真冬の映像だったので、ちょっと違和感がありました。
今回の六波羅一輝は、沖縄の海が映し出され、季節感たっぷりでよかったと思います。
沖縄の海は透明度が高くて美しいですね。
私も一度行ったことがありますが、ほんとに浅瀬に小さな魚がたくさん泳いでいるのですよ。

相変わらずのほほ~んとした一輝と、チャキチャキとしたみなみのコンビがいいですね(^^)
シリーズも3作目なので、安心して観ていられます。
一輝は船酔いする性質なのに、今回船での移動が多かったですねぇ。災難なことで(^^;)
でも漁船をヒッチハイクって・・・。そんなに予算がないのですか??
その割には無駄なところで散財が多いような・・・
一輝のバケツの底へ向けた心の叫びには笑った(^▽^)

また一輝のマブイ(魂)が抜けたのにはウケましたね~(≧▽≦)
クラの祈祷はかな~り怪しかったですが(^^;)
あんなもので瞬時に治るものなのか?
クラは金で買収されていたので、インチキかと思ったけど、霊力は本物のようですね。

今回はリゾート開発を巡っての抗争がテーマでしたが、
反対派のリーダーの俊一、チャラかったですね。
どう見ても落ち着いた雰囲気の高子とは合わないし(高子もちょっと嫌がってましたよね^^;)、
反対派をまとめるような器ではないなと思っていたのですが、そういうことでしたか。
自分たちだけ甘い汁を吸おうとしていたのですね
「悪人」を指し示すハブガイが咥えられていたのも納得です。

意外な真実は、勿体付けていた割にはちょっとありきたりだったかな。
物語も駆け足気味だったので、ちょっとこちらがついていけない部分もあり、
一輝の推理が唐突に感じてしまったのが残念。

せっかくミステリー小説の題材になりそうなネタを仕入れたというのに、
このことは他言はしないようにとくぎを刺されてしまっては
全くの無駄足になってしまいましたねぇ。船酔いまでして行ったのに。憐れ一輝(笑)

そうそう上川隆也さんといえば、この度
『ドラマスペシャル特捜最前線2013~7頭の警察犬』にも主演するそうです。
こちらはかっこいい上川さんが見られそうです(^^)
放送は9月29日日曜夜9時です。
要チェックですね!

■参考
  「ミステリー作家 六波羅一輝の推理(3)」 ニライカナイの語り部 南海の離島連続殺人!! 神の島伝説・悲恋の女 崖っぷちコンビが挑む!! 鉄壁のアリバイ
  ↑番組HPです。

  ↑原作本です。
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:六波羅一輝 鯨統一郎 上川隆也 土曜ワイド劇場

COMMENT 2

Thu
2013.09.19
09:07

akane

URL

横山めぐみサン、かわいーですね(笑)

遅くなりましたがっi-229
私も、この作品観ました~i-199
上川隆也サン目当てで観ているシリーズですが、相変わらずの安定した楽しいコンビは良いですよねi-1
原作は、1作目しか読んではいないのですが・・・
毎回関わった事件を「ミステリ」として発表は出来ないであろう六波羅サン・・・応援してあげたいですi-201(笑)

でもi-101個人的にはカッコヨイ上川サンが大好物なのでi-178(笑)29日のドラマ、楽しみしていますi-189(知らなかったので、教えてもらえてHAPPYですi-185ありがとうございますi-194

Edit | Reply | 
Sat
2013.09.21
00:29

翠香

URL

akaneさんへ

横山めぐみさん、チャーミングですよね(^^)好きな女優さんです。

私は鯨先生原作ということで観ているのですが、実は原作はまだ未読ですv-356
鯨作品ってちょっと変なんですよね(笑)でも読みたいシリーズです♪
一輝の書いたミステリ、いつ世に出るのでしょうね?(笑)

大好物(笑)食べちゃダメですよ~
上川さん、多方面で活躍してますよね。ゴチでは意外な一面が見られるのが楽しいです(^^)
今度のドラマも楽しみですね♪

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?