Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 乾くるみ > 【蒼林堂古書店へようこそ】 乾くるみ

【蒼林堂古書店へようこそ】 乾くるみ

 09, 2013

◆◇◆本に込められたメッセージ◆◇◆

乾くるみ(シリーズ外)
連作短編集
徳間文庫 2010.5


■あらすじ

書評家の林雅賀が店長の蒼林堂古書店は、ミステリファンのパラダイス。バツイチの大村龍雄、高校生の柴田五葉、小学校教師の茅原しのぶ──いつもの面々が日曜になるとこの店にやってきて、ささやかな謎解きを楽しんでいく。かたわらには珈琲と猫、至福の十四か月が過ぎたとき・・・・・・。乾くるみがかつてなく優しい筆致で描くピュアハート・ミステリ。
(徳間文庫より)

■感想
先日読んだ【本の町の殺人】でミステリの薀蓄や読書案内的なものを期待していたのに
肩透かしだったため、同じミステリ古書店が舞台のお話を選んでみました。

蒼林堂古書店はミステリ専門の古書店。
マスターの林雅賀(まさよし)は中央官庁で働くかたわら、
ミステリ関係の書評や文庫解説などの仕事をこっそりとしていたのだが、その副業が発覚して庁内で問題となり、
それを機に退職して地元の棗(なつめ)市に帰って古書店を開業したという変わり種。
なのでミステリの知識はハンパないです。
ちなみに【林真紅郎と五つの謎】の探偵役・林真紅郎は雅賀の弟(四男)にあたります。

蒼林堂古書店では100円以上の売買をしたお客に一杯の珈琲がふるまわれます。
珈琲のサービスは【本の町の殺人】にもありました
(こちらは売買関係なしに無料でおかわりも出来るのでサービスとしては上等ですが)。
やっぱり読書のお供には珈琲ですよね。眠気も防止してくれるし(笑)

本作は14編からなる連作短編集です。それぞれの短編ではごくささいな日常の謎が語られます。
一応探偵役は雅賀なのですが、中にはネットで調べたなんていうズルもしているので、
必ずしも推理しているとは言い難いのですが(^^;)
しかし凝り性の乾さんらしく、言葉遊びやパズル的要素もふんだんに取り入れられています。
クロスワードパズルもあったのでつい解いてしまいました(笑)
もちろんミステリの薀蓄もたっぷり。
自分が読んだ作品について語られると「そうそう!」なんて
一緒に会話に参加しているようで楽しくなってしまいますね。

さらに各短編の終わりには「林雅賀のミステリ案内」が付いています
古今東西のミステリが紹介されているのですが、守備範囲の広さに圧倒されてしまいますね。
テーマ別に紹介されているので、これはかなり使えると思いますよ。
いや~ますます読みたい本が増えて困りますね(笑)

物語の方はただマスターと常連さんが他愛無い日常の謎やミステリ薀蓄を語り合っておしまいではなく、
最終話ではあっと驚く仕掛けが!なるほどそれであの時あんなに頑なだったのね。とニヤニヤ。
とはいえ、【イニシエーション・ラブ】のような驚きは期待しないように。
種明かしされてもマニアック過ぎて分かる訳ないというレベルですから(^^;)
それにしてもここまで作り込むのも大変だっただろうなぁ。
もちろんたくさんのミステリを知らないと出来ないことだし。乾さん恐るべし(笑)

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404
◆満足度★★★☆

■特におすすめ!

  • 古今東西のミステリに興味がある方
  • ミステリ案内をお探しの方
  • クイズ・パズルが好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:乾くるみ

COMMENT 4

Fri
2013.10.18
19:28

akane

URL

これ~★

この作品、読もうと思いつつ読んでいなかった1冊なのですが…i-229
ただの!?本の紹介のみの物語なのかなi-201って思い込んでいましたi-100
でも日常の謎も絡めつつ~の、ラストにも仕掛けがあるんですねi-185面白そう~i-178

早めにチャレンジi-70してみたいですi-184

Edit | Reply | 
Sat
2013.10.19
00:08

翠香

URL

akaneさんへ

私もこの作品、3年ぐらい?積読していました(^^;)
最近古書店ものが続いたのですが、これはかなり使えますよ。
日常の謎は本当にささいなものなんですけど、
恋愛要素も絡んでくるので、akaneさんは気に入ると思いますよ。
おススメですv-392

Edit | Reply | 
Sun
2013.10.20
22:58

mokko

URL

(・0・。) ほほーっ

連作短編集となると読みやすそう(o^o^o)
しかも書店が舞台っていうのも楽しそうだし
最後の仕掛けも気になるけどマニアックなのは
mokkoには無理だぁ~(^◇^;)
でもミステリ案内は気になります。
チェックします!

Edit | Reply | 
Sun
2013.10.20
23:39

翠香

URL

mokkoさんへ

最後の仕掛けは気にしなくても大丈夫です。
こんなの誰も分かりませんから(笑)
ミステリ案内はかなり使えると思います。
邪魔が入らない場所(クローズド・サークル)では紹介6作中5作読んでました。
唯一読んでなかったのがmokkoさんが読んでいる作品。
ちなみにmokkoさんも4作読んでますよ。
でも他のテーマは全然網羅出来てなかったです。
まだまだ読むべき本がたくさんありますねぇ(^^;)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?